余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2015年11月11日水曜日

代表的な?有事シナリオ(妄想です)

「余命まとめ目次」 http://yomeinomatome.blogspot.jp/2015/11/blog-post_98.html



余命3年時事日記を理解する助けになるでしょうか。。。



有事対策、事前対応

・新在留管理制度による国籍確定、住居特定、入国管理局による一元管理
・改正住民基本台帳法による住居特定、住基ネットによる一元管理
・マイナンバー制度による不穏分子の特定(金の流れなど)
・テロ資産凍結法、改正テロ資金提供処罰法、改正犯罪収益移転防止法、特定秘密保護法(テロ3法+1)でのテロ対策、スパイ対策
・安全保障法制改定
・日米防衛協力指針改定(新ガイドライン)
・自衛隊、予備自衛官補制度の活用



朝鮮有事

北朝鮮南進?→朝鮮戦争再発→日本中立宣言→在日韓国・朝鮮人を隔離・強制送還

・韓国憲法の規定により、在日韓国人は国防義務を負う、即ち軍属となる
 (年齢男女制限の規定なく老若男女全て、在外国民対象外の規定なし)
・交戦国北朝鮮側の在日には、在日韓国人に対する処遇を準用?
・日本国内で南北朝鮮人が闘争する可能性がある
・日本人に危害を加える可能性がある
・武装した軍属(非合法戦闘員)は殲滅?
・非武装の軍属は拘束・隔離・強制送還?
・韓国側が強制送還を受け入れない場合は、北朝鮮赤十字に送還
 (北朝鮮側は人道的見地から受入れ、財産付なら喜ぶか)
・中立宣言を基に対馬海峡・竹島を封鎖、南北朝鮮からの難民を防ぐ
・竹島を奪還



日韓有事(竹島有事)

竹島退去要求→日韓戦争(紛争)勃発→在日韓国・朝鮮人を隔離・強制送還
米中戦争勃発→韓国・対日宣戦布告→日韓戦争勃発→在日韓国・朝鮮人を隔離・強制送還
(戦闘そのものはあまり心配ないらしい、戦闘そっちのけで在日送還)

・2013年10月25日 韓国、竹島で軍事演習(上陸訓練他、訓練映像の公開)
・竹島は事実上の紛争状態であり、訓練映像の公開により世界が周知
 (退去要求により紛争状態をより明確化)
・韓国憲法の規定により、在日韓国人は国防義務を負う、即ち軍属となる
 (年齢男女制限なく老若男女全て、在外国民対象外の規定なし)
・日本人に危害を加える可能性がある
・武装した軍属(非合法戦闘員)は殲滅?
・非武装の軍属は拘束・隔離・強制送還?
・韓国側が強制送還を受け入れない場合は、北朝鮮赤十字に送還
 (北朝鮮側は人道的見地から受入れ、財産付なら喜ぶか)
・外患罪適用で反日売国奴日本人を処罰
・対馬海峡・竹島を封鎖、難民を防ぐ
・竹島を奪還



米中有事

米中戦争勃発(南シナ海)→第一列島線封鎖→米勝利・中国敗戦→中共崩壊・内戦

・日本は米軍の後方支援(集団的自衛権)
・中国は国防動員法により、男性18歳から60歳、女性18歳から55歳が国防義務を負う、即ち軍属となる
 (在外中国人も対象、国務院・中央軍事委員会が動員工作を指導)
 (動員に年齢制限があっても現実には区別がつかない)
 (年齢制限など関係なく向かってくる可能性もある)
・日本人に危害を加える可能性がある
・武装した軍属(非合法戦闘員)は殲滅?
・非武装の軍属・民間人は拘束・隔離・強制送還?
・第一列島線封鎖で難民を防ぐ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

添付資料

「中国国防大政治委員「日本と武力衝突する場合、韓国と連携して戦う」=韓国ネット「やめてくれ…」「韓国は100%日本を助ける」」
レコードチャイナ、2015年10月24日(土) 17時14分
http://www.recordchina.co.jp/a121803.html
 2015年10月22日、韓国・聯合ニュースによると、中国人民解放軍の上将である劉亜州国防大学政治委員が、「尖閣諸島をめぐって日本と武力衝突する場合、中国は韓国と連携して対抗する」と主張した。
 劉亜州委員はこのほど、尖閣諸島をめぐる問題についての論文を発表し、「日本と武力衝突する場合、中国は台湾や韓国と連携して戦う」と主張。「武力衝突で日本が負けても実質的損失は大きくない」としながらも、「中国に勝つ以外の選択肢はなく、退路はない」と強調した。劉亜州委員はまた、尖閣諸島を日中関係の焦点にすることは「戦略的に間違った判断」とし、「戦争を辞さない覚悟は必要だが、平和のために努力しなければならない」と提言した。

余命ブログ、2015年12月2日記事「373 2015/12/01時事」
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/12/02/373-20151201%e6%99%82%e4%ba%8b/
 先日、中国高官が、「日本との戦争の場合は韓国と連携して闘う」と発言して物議を醸し出していたが、2007年以降、潜在的に日韓双方は仮想敵国的関係となっている。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2015.11.11、おーぷん2ちゃんねる版に加筆
※2015.11.13、リンク追記、「余命まとめ目次」(ページ最上部)
※2015.12.12、モバイル表示対応に変更(インデント解除)
※2015.12.12、添付資料追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。