余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ

有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ 護身特集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら → 自己紹介

2015年11月22日日曜日

余命ブログ書籍化(大増刷&次回作5月)

「余命まとめ目次」 http://yomeinomatome.blogspot.jp/2015/11/blog-post_98.html



つ い に  次 回 作  クル━(゚∀゚)━!!!

2015.12.20、追記

 おかげさまでアマゾン総合1位です。個別にお返事できていませんが、寄せられた感想読ませていただいております。お買い求めいただいた皆様ありがとうございました。
 次回作は来年の5月を予定しています!
 『余命三年時事日記』余命プロジェクトチーム 
https://twitter.com/seirindo_book/status/678193436520878080
(青林堂様、twitter、2015年12月19日 21時41分)

(2015.12.20追記、以上)



品切れ続出  大 増 刷  キタ━(゚∀゚)━!!!

2015.12.20、追記

出版初日で2刷、3刷決定! 2日目で4刷決定! 4日目で5刷決定!!!
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/12/20/388-%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e2%91%a0/
(余命ブログ、2015年12月20日記事「388 アマゾンレビュー①」)

(2015.12.20追記、以上)



2015.12.19、CM追記

なんと、出版初日で二刷、三刷決定! 2日目で四刷決定!!!
https://twitter.com/seirindo_book/status/677844191339147264
(青林堂様、twitter、2015年12月18日 22時33分)

余命三年時事日記CM3、なほみ工房様、2015/12/17 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=gRo40jsPz54
(2015.12.19追記、以上)



つ い に   発 売   キタ━(゚∀゚)━!!!

2015.12.18、売れ筋ランキング

amazon 様、売れ筋ランキング 総合1位 返り咲き!

余命ブログ、2015年12月18日記事「385 オンライン書店」
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/12/18/385-%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%9b%b8%e5%ba%97/
2015年12月17日
 当方書店なので念のため一つお願いがあります。
 余命が置いていない=反日書店とは認定しないで下さい。特に地方の中小書店では、ジャンルに限らず新刊が入荷しないということはザラにあります。本日うちの店にも配本がありませんでした。日販に関して言うと、NOCS9000という発注システムで検索すると該当書籍として余命が出てきますが、在庫なしで発注できない(正確には発注できることはできるが入荷時期未定)状態です。
ひろゆき
.....余命が対象としているのは、あくまでも組織的な反日組織であって、オンライン書店とその系列、あるいは大都市の大型チェーン書店である。
 地方の中小書店の場合は、扱い量や額によって配本元に頭が上がらない。配本回数も週、1,2回というような実態を余命は把握しているからご心配は無用である。まあ、どうしても心配なら、このブログのコメント欄にあるように数冊でも保険として出版元に注文されたらいかがだろう。いわれている状況は、何らかの圧力があって「余命三年時事日記」を堂々と販売できないという環境であろうから、とりあえず裏に隠して置いておけばしのぎはできるだろう。
 現在、アマゾン総合ランクは2位。政治部門1位。ジャーナリズム部門1位。ノンフィクション部門1位であるから、売ろうと思えばいつでも売れる。商売する気であればなにも心配することは何もない。
 同様の書店はかなりあるようで、出版元では書店からの直接の注文に予想が大きく嬉しいほうに外れているようだ。初版は通常より多めと聞いていたのだが、出版初日で二刷り、三刷りの増刷連絡が入っており、「一時的に店頭品切れの状況になるかもしれませんが何卒ご了承下さい」とメールが入っている。まあ、結構なことである。

(2015.12.18追記、以上)



2015.12.17、書店巡り

amazon で予約していたものの、早く読みたくて地元の本屋さんを4軒回りました。
(大手書店と個人経営の書店を合わせて)
しかし...なんと4軒とも「余命三年時事日記」を置いていませんでした。
にも関わらず、少年Aの「絶歌」を置いている...
ショックです! なんだ~コリァ~!
このような状況下で amazon 様は立派ですね。
言論の自由を守り、粛々と注文を受けて、商品を発送しておられます。
米国企業、そしてその母体である米国本国も見直しました。
頑張れ! amazon !

余命ブログ、2015年12月16日記事「384 いよいよ明日になりました」
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/12/16/384-%e3%81%84%e3%82%88%e3%81%84%e3%82%88%e6%98%8e%e6%97%a5%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
2015年12月15日 7:31 PM に投稿
 どのような理由によるのでしょうか?
 本日12/15現在でも未だAmazon以外の大手書籍通販サイトでは「余命三年時事日記」の購入予約ができません。(ただし、各サイトで書籍検索すると見つかるのでデータベースには登録だけはされたようです(楽天以外))
○ Amazon 「12/17発売予定 予約受付中」
× 紀伊国屋ウェブ 「ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません」
× 丸善とジュンク堂ネットストア 「現在ご注文いただけません」
× hontoネットストア 「現在お取り扱いできません」
× 楽天ブックス 「ご指定の検索条件に該当する商品はありませんでした」
× セブンネットショッピング 「絶版重版未定」www
× ホンヤクラブ(取次の日本出版販売株式会社のサイト)「予約受付を終了しました」
 自分は地元書店に先週電話で予約済みですが、今後これらの通販サイトでどのような扱いになるの興味深いです。 tsuru-maru

(2015.12.17追記、以上)



祝! 余命三年時事日記 書籍化!

2015年12月17日発売!

余命三年時事日記 余命プロジェクトチーム (著)
出版社: 青林堂 (2015/12/17)
ISBN-10: 4792605369
ISBN-13: 978-4792605360

 シブイ...
http://www.amazon.co.jp/%E4%BD%99%E5%91%BD%E4%B8%89%E5%B9%B4%E6%99%82%E4%BA%8B%E6%97%A5%E8%A8%98-%E4%BD%99%E5%91%BD%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0/dp/4792605369/ref=zg_bs_books_15



Amazon 本の売れ筋ランキング 総合1位!
(2015年11月22日)


2015.12.16現在のランキング
「総合」ランキング15位、26日間100位以内(11.21~100位以内キープ)
「社会・政治」ランキング2位、26日間100位以内(11.21~100位以内キープ)



街でCM流れてます!


余命三年時事日記CM、なほみ工房様、2015/11/24 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=kBV0sMLzZ_s
余命三年時事日記の書籍のCMが流れています。
岡山市北区城下の交差点です。
なほみ工房の前の大画面ディスプレイです。
(2015.11.27、CM追記)



内容紹介
http://www.amazon.co.jp/%E4%BD%99%E5%91%BD%E4%B8%89%E5%B9%B4%E6%99%82%E4%BA%8B%E6%97%A5%E8%A8%98-%E4%BD%99%E5%91%BD%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0/dp/4792605369/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1449231275&sr=1-1(amazon 様より)

 この妄想ブログは、100%現実化してきた!
 余命三年を宣告されたブロガーが、残された人生をかけて、左翼や在日が知られたくない情報を暴露。一度閉鎖され、その後復活したこともある不屈のブログがついに書籍化! 日韓、在日に関するさまざまな問題を暴き、今後の展開を正確かつ大胆に予測。

 〈目次〉

序文 余命3年と宣告されて

第1章 アメリカも一目置く日本
アメリカが世界で一番警戒しているのは日本だ/アメリカは日本の何を警戒しているのか/アメリカの苦慮と対日観の変化/日本とアメリカ、それぞれの「正義」

第2章 韓国の崩壊
韓国外交破綻へ一直線/駐留米軍「ゼロ」が意味するもの/第一次安倍内閣時代の極秘交渉をあらためて読み解く/中韓通貨スワップ協定もあてにならず/UAE原発建設問題/韓国が隠蔽遮断した情報

第3章 在日の終焉
改正入管法で追い詰められる在日/在日韓国人徴兵が進行中/在日特権廃止に向けて/マイナンバーと在日特権/動き出した国税局/マイナンバー受け取り拒否をする人々/公安資料流失/新大久保嫌韓デモ/生活保護もあてにならず/ヘイトだヘチマだと叫んでも

第4章 在日韓国人への警告
反日感情の裏にあるのは日本人への恐怖心/事実を知れば全日本人が大きな復讐心を持つことに/テロ資産凍結法/ネット銀行口座凍結/もう悪いことはできない! 10万単位の凍結口座が存在⁉/在日が頼みとする司法の壁も必ず崩壊する/反日在日は有事になれば「外患罪」で全滅だ

第5章 通報祭り│日本人の逆襲
余命プロジェクトチームからTO君へ/入管通報用 自動通報ソフト/集団通報の目的と意味

第6章 余命1〜40号

番外編 日韓戦争
日韓戦争は起きるのか/現状と戦後史/日本の態勢/日本の態勢/韓国の態勢/戦争の見通し/戦争の後始末とその後

エピローグ 日本人の民度と国家間の優劣



書籍化は闘いの一環

籍化はネット民以外への拡散を意図
・編集は出版社におまかせ、一般目線でまとめてもらった
・その結果、元ブログよりも大変わかりやすいものに仕上がった
・ネット外の、ある意味で情弱の国民の皆さんへのアピール
・まともに韓国関係と在日、反日関係に絞った構成
・具体的には、官邸メールを主とした在日特権の剥奪、在日・反日勢力の集団告発・告訴、特に日本人についてはテロリストや外患罪案件の適用についての実践本



収益はすべて次のステップへの資金
いよいよ来年

・2015年は極限値(信濃注:法整備・制度整備は完了、集団通報などが動き始まった)
・安倍総理も2015年は我慢とあぶり出しの年
・いよいよ来年だ
・村山、河野が存命で、朴槿恵、習近平が馬鹿をやっているうちに国内事案は解決したい



余命さんのつぶやき

・売られたけんかは買ってやる。
・一冊一冊の売り上げ印税が次の活動の鉄砲玉になるなんて笑いが止まらない。
・書店店頭に余命3年時事日記が並んだら集団発狂したりして(笑い)
・書籍化で戦線がネットから大きく拡大する
・17日の出版以降は日本人対在日・反日勢力という図式になる
・余命だけでなく、安倍総理にも国税、警察、その他各省庁に狙われている在日・反日勢力の諸君は気が休まることはなさそうだ。南無....。



信濃注:

印税はある種の寄付ですね!
これで無理のないサイクルが回りだす!
無理のないサイクルは止まらない!
告訴・告発・訴訟・処罰!
対象者はガクブル!

集団通報、官邸メール、自民メールで、テロ対策も引き続き後押し!
・10月半ばから安倍政権の動きが活発化
・7月9日以降、暴力団の摘発人数だけ見ても200人はこえている
・官邸メールで安倍内閣の圧倒的支持と要望が寄せられている現実は政権に大きな力
・追い討ちがフランス同時多発テロ

(信濃注、以上)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2015.11.22、Amazon 売れ筋ランキング追加
※2015.11.27、CM追記
※2015.11.27、タイトル変更、「余命ブログ書籍化」>>「余命ブログ書籍化(街でCM流れてます!)」
※2015.11.30、余命記事引用、2015年11月29日記事「371 余命書籍化の影響②」より抜粋
※2015.11.30、余命記事引用、2015年11月28日記事「370 余名書籍化の影響」より抜粋
※2015.11.30、解説文変更
※2015.12.4、表紙画像追加
※2015.12.4、「内容紹介」追加
※2015.12.4、タイトル変更、「余命ブログ書籍化(街でCM流れてます!)」>>「余命ブログ書籍化(amazonで目次封切り!)」
※2015.12.8、モバイル対応表示に変更
※2015.12.8、「Amazon 売れ筋ランキング」を冒頭へ移動
※2015.12.8、「余命ブログの元記事」削除(別記事へ移動)
※2015.12.12、「収益はすべて次のステップへの資金」解説文削除
削除理由は、余命ブログ、2015年12月6日記事「376 12/5時事アラカルト」記載による
「.....来年度方針として、いよいよ集団訴訟を含む正面攻撃の検討開始を示唆していたのだが、これが関係スタッフ全員反対、不評の嵐、総スカンであった。(後略)」
削除文は以下
「・来年3月か4月には3000円程度の寄付金をいただいての集団法廷闘争を予定
・朝日の集団訴訟弁護団は手弁当だが、こういう闘争は続かない
・外患罪案件、テロリスト案件等、訴訟事案は山とある。闘争資金の準備は必須。
・ネットやツイッターでの反日やテロ発言IDは、できればチェックしておいてほしい(一括で告発開示請求の可能性あり)」
※2015.12.16、「余命三年時事日記」書籍画像にリンク追記(amazon 様)
※2015.12.16、「2015.12.16現在のランキング」追記
※2015.12.17、タイトル変更、「余命ブログ書籍化(amazonで目次封切り!)」>>「余命ブログ書籍化(発売キター!)」
※2015.12.17、「2015.12.17、書店巡り」追記(冒頭)
※2015.12.18、「売れ筋ランキング」追記(冒頭)
※2015.12.19、CM追記(冒頭)
※2015.12.19、タイトル変更、「余命ブログ書籍化(発売キター!)」>>「余命ブログ書籍化(大増刷キター!)」
※2015.12.20、次回作告知追記(冒頭)
※2015.12.20、5刷告知追記
※2015.12.20、タイトル変更、「余命ブログ書籍化(大増刷キター!)」>>「余命ブログ書籍化(大増刷&次回作5月)」

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。