余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ

有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ 護身特集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら → 自己紹介

2015年11月12日木曜日

日韓事案、日韓戦争(詳細)  「余命3年時事日記アーカイブ」様より全文引用

「余命まとめ目次」 http://yomeinomatome.blogspot.jp/2015/11/blog-post_98.html

※非常に分かりやすい説明であり、「引用、リンク、部分抜粋、コピペ、全てフリーです。 【余命3年時事日記】拡散の一助になれば幸いです。」とのことでしたので、勝手ながら引用させていただきました。





「余命3年時事日記アーカイブ」様、2014/11/16記事
「韓国事案【1】日韓戦争」



1.日韓戦争
(2012.9~ エントリー)



日韓戦争を考察する③日本の態勢
日韓戦争を考察する④韓国の態勢
日韓戦争を考察する⑤戦争の見通し
日韓戦争を考察する⑥戦争の後始末とその後



●日韓戦争勃発となれば発端は「竹島問題」

・海自の戦闘態勢
…準備はすでに整っている
…戦闘員を捕虜にするなら多少時間はかかるものの、殲滅命令なら駆逐艦・潜水艦等・戦闘機全て2~3日で片付けられる
…殲滅後は専守防衛に則り海上封鎖&空域封鎖で無益な殺生は不要
…「引いて封鎖するだけ」で戦略目的は達成される
…その根拠は軍事力の大差

・国内治安の不安=自衛隊が対処せざるを得ない
…勃発時は在日朝鮮人たちは即時拘束&強制送還となる
…数十万人しかも日本人に「なりすまし」ている在日相手に穏便にできるか?
…有事には武装集団と化す在日ヤクザや暴力団組員たち相手なら?



●韓国の国家戦略は「日本の政治のコントロール」

・戦後から続く蚕食、とどめの民主党政権で99%成功していた

・ところが2012年に大崩壊&致命的破綻
…民主党への政権交代、新聞・TV・芸能あらゆる方面での異常な韓流推し
…慰安婦問題、天皇陛下謝罪要求、竹島問題

・油断と慢心と舞い上がりが結果的に日本人を覚醒させることに



●国家戦略=軍事戦略

・軍事戦略の根幹「仮想敵国の設定」
…本来なら韓国の仮想敵国は「北朝鮮>中国>ロシア」のはず
…「寄生の宿主・金づる=日本」を仮想敵国に設定したことにより南北二正面作戦という大失策をとらざるを得なくなった



●「日韓戦争はあり得ない」という結論

・日韓開戦はどう考えても韓国に利するものはない
…そもそも国家戦略として破綻している(乗っ取り相手を失う)
…根拠は軍事格差(自衛隊の圧倒的勝利に終わる)
…公的援助だけでも年間数兆円にも及ぶ経済援助の中止
…知的財産・技術力のない韓国には致命傷となる工業製品・部品の供給停止

・日本にとってはすさまじい恩恵となる日韓開戦
…からんだ外交問題からの脱却
…戦後延々と垂れ流してきた経済的援助の停止
…在日に蚕食されている公的サービス(生活保護など)の正常化
…パチンコ等韓国企業の営業&違法送金停止
…覚せい剤等の徹底的取締りや暴力団排除で向上する日本の治安



●戦争とは国益の衝突

・韓国にとってプラス要素は何一つないのに、それが理解できない韓国
・もし日韓開戦となるなら、その目的は韓国大統領の私欲や自己都合程度
・今後の韓国がたどる道…煽りすぎた「反日」の落としどころを模索





日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム⑨
日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム⑪



●武力衝突ではない「戦争」=経済戦争

・韓国の将来を左右する「日・米・中の関係」
…韓国の切り捨てに走った米軍(在韓米軍の半島撤退と統制権移譲)
…韓国の中国属国化は日米共通の認識
…リーマンショックを境に韓国に嫌気がさした米資本(加速する資本撤退)
…米国が退いた朝鮮半島には中国が進出することに
 (日米が見捨てた半島にはEUもロシアも手は出さない)

・「離米従中」の道を順調に走る韓国
…米、前回のFRBに続いて通貨スワップ申し入れを拒否
…日米通貨スワップは竹島問題を機に継続は頓挫
…日韓円スワップ・中韓元スワップの締結は決定的
…今後は政治的・経済的にも中国に飲み込まれていく韓国

・撤退する米軍の穴埋め手段=徴兵制度の見直し
…2012年施行の在外国民投票関連法改正案
…主なターゲットは在日韓国人



●1000年属国の国民が仕掛ける情報戦争

・戦後から一貫して異常なほど関心を寄せ研究を続ける情報操作
…「1000年属国」の国民性から生じる危機感
…不利益なことは徹底して隠蔽し有利なように捏造
…敵対国にはグローバル操作により包囲攻撃
…日本で成功した韓国の情報操作(教育界・労組・マスメディアの乗っ取り)
…幅広いロビー活動で米政界・IOC・国連への強い影響力
…隠蔽・捏造・宣伝戦は東アジア三国(中・韓・朝)独自の手法

・敵対国や世界のみならず自国民をも欺く手法
…漢字を捨ててハングルのみの教育で歴史書など国民の知的財産を利用困難に

・隠蔽・捏造戦略がもたらした結果
…独自の産業や独自の文化が創出できずにあらゆる分野でパクリやスパイ行為
…思考能力の欠如とパクリ体質で全ての分野が衰退&破綻

・日本における情報戦争の勝敗
…ほぼ完全に韓国のコントロール下にあった日本が目覚めたきっかけはインターネットの普及による真実・真相の情報拡散
…匿名投稿サイト「2ch」の果たした役割は大きい
…次々と暴き出される過去の悪行や蛮行情報は遮断できないほど強大な流れに





韓国外交破綻へ一直線



●2013年5月の米韓首脳会談

・迎賓のレベルから察する韓国の格と重要度(空港で米高官の出迎え無し)
・新たなる米韓体制の構築という声明のみで終了
・朴の米議会演説も会場に議員が集まらずにさくらを大挙動員
・オバマとの報道陣に対するツーショットのサービスもなし



●軍事事案からも米国の韓国離れを察することができない韓国

・朴政権の誤解=「多少中国にすりよっても米は韓国を切れない」
…駐留経費50%以上の負担を譲らない姿勢
…F35が3社入札の段階でもまったく値下げがない→入札中止
…釜山に米空母が接岸可能な施設も完成しているが米に入港使用する気配なし

・↑の状況から察するべき事実
…米の韓国に対する戦略に変化が起きている
…朝鮮半島を守ろうとする意志が弱くなっている

・米韓合同軍事演習
…並んで航行するだけ(日本との演習は空母艦隊で一体したもの)

・2015年をもって「米韓相互防衛条約廃棄」、「戦時統制権は韓国軍に委譲」が確認されることに



●ことの重大さに気づいた韓国

・ソウル米軍基地の撤退、休戦ライン最前線からの米軍撤退
・韓国内米空軍基地の縮小撤退と相互防衛条約廃棄後の米軍完全撤退
・その後の連絡事務関係の事務所をソウルと東京横田基地、国連軍司令部に置く
  ↓
・条約廃棄後には韓国内に米軍はゼロとなることが確定
  ↓
・ここでようやく韓国政府内と軍部に同様と混乱が発生



●韓国の誤解

・条約破棄後も米軍は駐留し、その指揮権は韓国軍に移ると考えていた?
…つまり「韓国軍が米軍を指揮下に置く」と妄想していた

・米軍の法的地位を理解していなかった?
…駐韓米軍は相互防衛条約で駐留しているのではない
…朝鮮戦争時の撤退交渉が成立していないのでその実態は国連軍
 (北が攻撃再開の時は米軍とぶつかるがそれは国連軍)

・朝鮮戦争休戦協定の責任締結国に韓国は入っていない、
…締結国は中国、北朝鮮、米国(国連軍代表)であって韓国は蚊帳の外



●米軍撤退後に変化する安全保障のパワーバランス

・朝鮮戦争休戦協定とは
…国際連合軍司令部総司令官と朝鮮人民軍最高司令官および中国人民志願軍司令員との間の朝鮮戦争を終わらせた休戦協定
…国際連合軍を代表してアメリカ陸軍のウィリアム・ハリソン中将、朝鮮人民軍及び中国人民志願軍を代表して南日大将が署名

・北朝鮮が韓国を攻撃した場合
…国連軍を攻撃したことにはならない
…休戦協定違反のため国連軍出動となるが、その際再度常任理事国の一致賛成が必要
…常任理事国のロシアと中国が賛成するわけがない
…中国も介入はしないしできないし、米も放置

・朝鮮戦争再発時はどの国も介入せず「かってにやれ」





日韓開戦は2016年竹島が舞台
日韓戦争と新大久保嫌韓デモ



●焦る韓国

・アジア安全保障会議(シャングリラ会議)、7月1日
…韓国国防部長官が、米国ヘーゲル国防長官に有事作戦統制権移管計画の延期を提案
…直後の7月18日、米・デンプシー統合参謀本部議長「戦時作戦統制権の韓国軍移管は予定通り進める」(同7月18日の米国上院公聴会でも、「軍事的側面から、統制権の移管時期は適切」との答弁書提出)
  ↓
…5月7日の米韓首脳会談で、2015年12月31日の韓米連合司令部解体を確認しておきながら、7月1日には延期申し入れ
…7月18日、米は予定通りに進めると声明発表
 (信濃注:上記のデンプシー統合参謀本部議長)
…つまり統制権移管時期の先延ばし提案は韓国の独善、米は不快感

・日韓スワップ
…日韓スワップに重きを置いていないポーズの裏で猛烈なアタック
…安倍政権下では民主政権下での「700億円こっそりスワップ締結」のようにうまく運ばない
 (親韓麻生も大臣のポジションでは国民の目の下思うように動けない)
…日韓スワップの再協定を要求するも麻生財務省は認めず
 (外務省の売国官僚による水面下の交渉は全て失敗に終わる)

・中韓スワップ
…日韓スワップ難交渉のさなかに行われた中韓首脳会談で中韓スワップ延長要請
…中国の政治判断で大幅増額延長で合意
…外貨不足の韓国は中国に首根っこをつかまれたことに



●日米における朝鮮戦争再開の利益

・日米それぞれの都合
…2007年日米極秘会談で決定した「韓国切り捨て」
…韓国切り捨てによる中国の朝鮮半島進出は北朝鮮&韓国の非核化をもたらす
…日本の政財界に深く関わる暴力団と朝鮮勢力の排除は米の北朝鮮政策とも密接な関係あり
…北朝鮮の核保有や第一次安倍政権倒壊で米軍撤退が2015年に延期
…米軍の韓国撤退と日本国内のヤクザ暴力団のテロ指定による金融制裁から実行することに



●安倍氏の作戦

・反日勢力との正攻法や前面衝突を避け、個別撃破の戦略に
…朝鮮傀儡民主党と関連政党を壊滅させる
…受け皿となる野党勢力はドングリの背比べ状態にして勢いを削ぐ
 (公明、維新、みんな、共産党それぞれ同勢力状態に)
…在日朝鮮人とヤクザ暴力団の処理は2015年から
…2016年在韓米軍撤退を待って竹島問題に火をつける
…紛争関係になった韓国とは国交断絶し国内は戦時国際法を適用
…敵国人である在日朝鮮人の強制送還開始、通名朝鮮人の拘束

・安倍氏の狙いは日韓開戦ではなく「在日の追い出し」
…最大の利点は「血を流さず法をもって処理できる」こと
…この状況化では売国日本人や反日マスメディアは国民が粛清
…憲法改正など急ぐ必要はない
…2015年になれば在日の帰国がはじまる
…そのまま韓国は中国の半属国になる
…第一列島線まで退いた日本は専守防衛

・最終的には中国抑止の軍備を備える(米も日本の核保有は容認)
  ↓↓
・最終的に東アジアの軍事バランスをとることが日米のシナリオ



●自衛隊の準備

・戦闘車両の充実急務の背景
…2010年中国、国防動員法を制定→有事に日本国内の中国成人男女が戦闘員に
…2015年米韓相互防衛条約廃棄→在日朝鮮人がゲリラ化する可能性
…九州の暴力団関係者の倉庫から戦闘銃器や武器弾薬、バズーカ砲発見

・2012年自衛隊総火演にて10式戦車が披露
…完璧に対ゲリラ戦仕様の戦車
…軽量で一般道路走行可、、モジュール装甲、全方向センサー装備、ノンストップ走行射撃、スラローム走行射撃、ロックオン射撃、Uターンとバック走行
…2014年中に大都市周辺基地に配備され臨戦状態に入る

・テロゲリラ対策を念頭においた編成替え
…4CI機能で10式戦車と他の兵員・車両・ヘリとのデータリンク
…従来の機甲師団から普通科師団へ



●安倍氏の作戦、第2・第3のシナリオ

・2015年を待たずに新大久保や大阪で大規模な衝突
・韓国から何らかのアクション
  ↓↓
・竹島奪還作戦開始→米介入→戦時国際法発動
…合法的な在日朝鮮人の強制送還へとつなげる

・進退極まった在日ヤクザ・暴力団が武装蜂起した場合
  ↓↓
・戦時国内法に則って反日勢力を殲滅というシナリオへ





韓国軍大暴走韓国中国の属国へ一直線
日韓戦争はもはや必至の流れ



●2013年8月、韓国軍竹島防衛軍事演習

・紛争地である竹島に海空軍を総動員
・国連統合司令部の指揮下にある韓国軍が総帥権を無視
 =勝手に軍事行動を起こす
・韓国政府が軍をコントロールできなくなった可能性
・朝鮮半島は世界で唯一の国連軍の監視下にある地域
・有事の際は米韓連合司令部が戦時作戦統制権を行使
・統合司令部は猛烈な不快感をもって韓国政府に抗議
・日韓関係への多大な悪影響を考慮して演習の公表を控える要請
・韓国政府がメディアに箝口令を敷くも中韓首脳会議で朴大統領がバラす
・中国のリークにより発覚
・日韓メディアの沈黙…李明博の天皇陛下侮辱発言時と酷似した展開
・日本が本気で怒る事態であることを自覚



●韓国軍の歴史について

・アメリカ軍政下の1946年に発足した南朝鮮国防警備隊が前身
・1948年の大韓民国成立により、正式に国軍
・1950年朝鮮戦争勃発により軍の規模が急激に膨張し60万人に達した
・韓国は全世界の通常兵器取引では世界第4位の兵器輸入国
・この兵力規模は冷戦体制下の南北対峙の局面で現在まで維持
・朝鮮戦争中ダグラス・マッカーサー率いる国連軍に、韓国軍の作戦指揮権は委譲
・1961年の5・16軍事クーデター以後、韓国は独裁による軍事政権に
・韓国軍将官や士官出身者は社会のエリートとして政界や経済界で主要な位置を占めた
・ベトナム戦争での韓国軍はアメリカ軍に次ぐ規模の西側派遣外国軍
・アジアの共産化を危惧した朴正熙政権は、1965年ベトナムへの派兵を決定
・延べ37万名、最盛期には5万の兵力を南ベトナムに展開
・1978年に韓国軍と在韓米軍を統合・指揮する米韓連合司令部が設置、作戦統制権は国連軍から米韓連合司令部が継承
・1979年朴暗殺、全斗煥少将が粛軍クーデターによって実権を掌握
・1980年軍部隊を投入して民主化を求める一般市民を虐殺(光州事件)
・1993年金泳三政権が成立して軍閥解体が断行、軍部の政治関与は消滅
・1993年に平時における作戦統制権は、韓国軍へ移管
・2004年アメリカの要請により約3千名のザイトゥーン部隊をイラク北部に派遣



●軍事統制権移行の流れ

・朝鮮半島は世界で唯一の国連軍の監視下にある地域
・韓国では有事の際、米韓連合司令部が戦時作戦統制権を行使して作戦を遂行
・盧泰愚政権時代、戦時における作戦統制権の移管要求が高まる
・反米左派的な盧武鉉大統領が自主国防を掲げて戦時作戦統制権の返還を推進
・2006年米韓定例安保協議会で2009年から2012年の間に返還することで合意
・2007年米韓防衛首脳会談で2012年4月17日に委譲することで両国が合意
・背景には国民レベルで高まる反米感情とそれに起因するアメリカ軍訓練施設の不足
・李明博政権に移行し2度目の北朝鮮の核実験や天安沈没事件が相次いで発生
・2010年米韓首脳会談で戦時作戦統制権の委譲を2015年12月1日までの延期決定



●近年の韓国軍備態勢

・玄武-3巡航ミサイル、天竜巡航ミサイル、玄武-2弾道ミサイル、ATACMS弾道ミサイル、K2戦車、世宗大王級駆逐艦(イージス艦)、F-15K戦闘爆撃機などの比較的最新の装備をするも、西側の新しい標準的戦術データ・リンクであるリンク 16に接続できる装備(JTIDSやMIDS)を備えているのは世宗大王級とF-15K、早期警戒管制機(AEW&C)、烏山市の中央防空統制所(MCRC)のみ
・徐々に解決しつつあるが、稼働率の低さや予算不足による改良のペースの遅さ、空中給油機導入計画の遅延などがネックに
・兵員は2006年68万人から2013年61万人に削減され、2020年には52万人まで減少



●戦後の日韓関係

・自由主義陣営国同士であるため日本は冷戦終了までは韓国と友好国として接する
・初代大統領李承晩は極度の反日主義者
…竹島、対馬の領有権を主張し、李承晩ラインを引き、数々の外交問題を引き起こす

・その後日韓の間に、日韓基本条約の締結まで正式な外交関係は築けなかった
・現在も根強い反日感情や竹島問題を反映して自衛隊との衝突を想定した訓練も行っている
・韓国軍の艦艇→日本を意識した艦名を命名することが多い
…強襲揚陸艦「独島」、対馬を侵略した「世宗大王」、朝鮮出兵で活躍した「李舜臣」、任那を征服した「広開土王」、伊藤博文を暗殺したテロリスト「安重根」など

・2005年韓米定例安保協議会、アメリカに対し日本を仮想敵国と表現するように要求
 (当然アメリカは即時拒否)
・韓国空軍の飛行訓練→日本の防空識別圏の直前まで南下、スクランブル発進の直前で反転
・中国の沿岸部や北京、北海道と東北地方の一部を除く日本全域がミサイルの射程圏内に
・過剰な潜水艦配備(半島海域では多すぎ、日本のシーレーン封鎖のため、と見る専門家多数)
・済州島に海軍基地を建設中、「独島艦」と最新鋭潜水艦を集中配備する計画
・2006年統一外交通商委員会所属議員との晩餐会にて盧武鉉大統領
 「米国は友邦だが、日本とは対決しなければならない」
  ↓↓
・日韓関係の緊張を助長する素地は十分
・軍事攻撃が実際に行なわれた場合、自衛隊との交戦だけでなく国際問題にも発展





自衛隊OB放談会 日韓戦争
日韓開戦まであと2年。現状報告。



●日中開戦と同時に韓国軍対馬侵攻の可能性

・日中戦争となった場合韓国は中立を装って実際は中国側と一緒に参戦するだろう
・韓国軍の実態を知らない韓国の一般国民は自衛隊と互角に戦えると勘違い
 (海軍、空軍を煽って開戦の機運を高める)
・対馬侵攻なら日本国内中が中国人や在日朝鮮人のテロ、ゲリラ活動で大混乱
・韓国寄港の際の嫌がらせを何十年と我慢してきた世代が現在海自の館長や司令官に
・仮想敵国韓国の演習の場合、命令は「殲滅せよ」
・自衛隊最前線部隊の韓国に対する感情は昨今の嫌韓デモをはるかに超えている
・尖閣で日中開戦の場合、陸自は海自、空自とともに対馬防衛作戦
・有事の際、対馬から日本海にかけては封鎖され、この場合竹島は遮断される
・対馬に侵攻があった場合は、竹島を含む全域において敵を発見次第殲滅という作戦



●自衛隊、韓国軍は「全く問題にしていない」

・軍として機能していない、国家戦略からして非常識
・現実に北方38度線で対峙しているのに海軍力を増強し南方で日本と対峙
・南北に陸海の仮想敵国を抱える図式は想定演習でもあり得ないパターン
・陸海空三軍の連携はなく、ただばらばらに存在するだけ
・陸空軍の強化でいいものを海軍の最新装備を求めるので軍全体の装備が薄くなる
・練度の低下、装備品の予備部品不足、メンテナンス不良等、稼働率の大幅な低下
・表向きだけ世界最高の兵器をそろえる軍の構築
・核心的部品でさえも海外依存、その輸入先が仮想敵国である日本といういびつさ



●お笑い軍備

・強襲揚陸艦「独島」のお粗末さ
…アジア最大と自慢の大型艦(ヘリから戦車、エアクッション上陸艇まで搭載可能)
…乗艦できるヘリがない
…上陸艇を搭載すると艦内エレベーターが使えない
…沈没の危険があるので上陸艇はいったん海上におろしてから兵員が乗り組む
…迎撃機関砲は角度制限がいいかげんで搭載味方兵器を撃つ恐れがある

・北朝鮮潜水艦による警備艦撃沈事件
…艦を検証するとどう見ても被害は艦艇直下からのもので魚雷ではない
…周辺海域の状況から想像すると北朝鮮よりは韓国の機雷の可能性
…自国の艦艇の識別もできない機雷を設置している

・ドイツから輸入の最新鋭艦
…パクリを目的にばらして組み立てたところエンジンに異常音が発生
…どうやっても止まらずドイツに不良品修理依頼、ドイツ激怒

・新鋭対空ミサイル駆逐艦
…完成して搭載の段階でそのサイズのミサイルを保有していないことが発覚

・韓国が世界一を誇る魚雷
…実弾試験は採用基準70%に達しなかったものの、実戦配備50発
…大量配備については現場から不安の声があり、再度試射したところ「当たるよう設定」された演習魚雷2本は当然命中、配備されていた2本の実弾魚雷は1本命中、1本行方不明

・艦隊ネットワークパソコン
…基本はウィンドウズで不具合を修正したとたんにネットワーク壊滅
…サイバー攻撃と大騒ぎするも、原因は非正規OSであったことの影響で、イージス艦2隻が予定の演習に参加できず
…韓国で公的機関がサイバー攻撃を受けたと報道される大半がこのパターン

・延坪島砲撃戦の南北朝鮮あまりにも低い命中率
…固定点から固定点への射撃が北朝鮮は170発のうち90発命中53%
 (命中とは島に着弾という意味)
…韓国側は80発のうち50発命中62.5%
…韓国軍の自走砲の機械的能力とレーダー含めた運用に問題

・世界中が笑っているk2戦車
…トルコにパワーパックを除いた基本設計を売却(パワーパックは未完成)
…トルコはパワーパックをドイツから輸入、完成品をサウジに輸出
…韓国はパワーパックいまだに未完成
…河川渡渉訓練で準備万端整えていたにもかかわらず沈没(乗員は死亡)
…静止水面であるにもかかわらず戦車は水中でスライド



●日韓へ与える米韓相互防衛協定の影響

・米韓相互防衛協定は日韓紛争、特に竹島問題への抑止力
・破棄されれば日韓関係は一気に緊張、武力衝突は確実に
・米軍早期撤退に北朝鮮が反応しない限り、協定破棄の時期はかなり早くなる可能性
・竹島での軍事衝突から始まるシナリオ
…2015年米韓相互防衛条約終了と同時に竹島で軍事衝突
…国内在日朝鮮人と売国奴日本人の一掃





公安、外患誘致罪適用へスタンバイ
無人機は撃墜、潜水艦は撃沈せよ!



●10月25日韓国軍竹島での防衛訓練公開

・韓国政府はもはや軍をコントロールできない模様
・米軍とのコンタクトも無視されているようで完璧に中国三軍演習に組み込まれている
・韓国国防省が公開→竹島における紛争問題の存在が明らかに
  ↓↓
・これをうけて公安は外患各罪の告発要件が満たされたと判断

・外患罪の特徴は対外存立
…他国あるいは組織と紛争あるいは戦争が発生した時点で成立
…売国奴的行為や反日スパイ行為であっても平時には成立しない
…外患罪は法治国家には珍しい「疑わしきは罰する」スタイル
  ↓↓
公安が一罰百戒で一気に行くか、衝突まで待ってまとめて面倒見るかは高度な政治判断となる



●10月3日日米安全保障協議委員会「2+2」開催

・日本の積極的平和主義を米側が歓迎したことは極めて有意義
・普天間飛行場の辺野古移設を含めて在日米軍再編は現行の日米合意に基づき着実に進めていくことを確認
・朝鮮半島や中国等の地域情勢についても率直な意見交換
・韓国についてはシナリオ通り
…2015年中には全在韓米軍撤退
…離米中従の動きが速いため米韓相互防衛条約破棄もありうる
…GPSスクランブル、敵味方識別装置の更新→日米は準備完了
 (=韓国の1500㎞射程巡航ミサイル無力化対策)
…米が構築した陸海空軍のシステム更新なし=韓国は完全に見放された





新春放談会



●日本における「戦時国際法」事案とは在日朝鮮人の取扱い問題

・正面きって取り上げにくい問題だが…
…ここまで両国関係が険悪だと放置しておくわけにはいかない
…日韓開戦時には在日は帰国、送還、収監という処理
…永住許可でも敵国民
…あくまでも平時の国内法に基づく許可なので有事には送還対象

・第二次世界大戦中の米国での日系人強制収容との違い
…日系米国人で日本人ではなかった
…日本国籍ではない在日は敵国人

・通名の危険性
…外国人登録制度改正により在留カードには通名が記載されない
…戦時には敵国人の日本人なりすましとなり「テロ・便衣兵・ゲリラ」扱い



●ピントはずれの特定秘密保護法問題

・スパイ防止法とでもいうべき特定秘密保護法が成立したので近いうちに施行法とでもいうべき戦時国内法に焦点が移る
・特定の問題に関わる特定の公務員あるいは政治家に対する規制法
・民間人の反対運動はどうもピント外れ
・帰化日本人や配偶者が外国人という公務員は利害関係のある部署につけないのは当然のこと
・反対派の正体があぶり出された
…左翼、在日朝鮮人、学者、知識人、弁護士等が反日勢力を作っていた
…自民党の中にも額賀福志郎元財務相のような売国もどきが存在
  ↓↓
・日本を貶めようとする勢力の一掃にはふさわしい時期と環境が必要





兵の強弱と全滅の定義(遺稿記事)



●コソボ方式を日本事例にあてはめてみると

・欧米軍事関係者の間で民族浄化の効率的戦術との認識であるコソボ方式

・民族浄化、排除作戦においていくつか重要なポイント
…相手勢力がどの程度の武力を有しているか
…作戦実行に際しては政権と軍に対する国民の圧倒的支持が必要

・武装勢力の全滅指数と民間人の避難指数
…自警組織や民兵組織を装って国の責任を隠蔽
…民族問題を国内問題にすり替え異民族を抹殺
…コソボでは数カ所の村々を一人残さず抹殺する残虐行為により、85万人といわれるアルバニア系住民が国外に避難
…直接の被害者は数千人以上といわれているが全滅率は1%未満

・コソボと日本の共通点
…民兵組織で敵対勢力を攻撃
 =自衛隊予備役部隊の充実と5000名の増員
…敵勢力を圧倒する綿密な軍備
 =国内治安体制の再構築、自衛隊のテロ対策部隊再編成
…政権(=安倍政権)と国軍(=自衛隊)への支持



●作戦開始のタイミング

・米は2015年米韓相互防衛条約終了前の日韓戦争の回避を強く要求
・同時に統制権委譲、半島からの完全撤退=「韓国切り捨て」が完了してから
・しかし在日問題は国内治安問題であるとしてその排除にはいかなる手段も容認

・何の対応もせず2016年を迎え、日韓戦争となった場合
…国内における相互の戦闘被害は数万から10万人をこえる可能性がある

・日韓双方、事態が急激に変化
…今後予測されている衝突時期はかなり早まる恐れがある





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2015.11.13、リンク追記、「余命まとめ目次」(ページ最上部)
※2015.11.18、見出し文強調(文章は変更なし)
※2015.12.12、「日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム⑨/日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズム⑪」>>「●武力衝突ではない「戦争」=経済戦争」の解説文変更(分かりやすくするため)、変更前の文章は以下
「・韓国の将来を左右する「日・米・中の関係」
…韓国の切り捨てに走った米軍(在韓米軍の指揮権移譲や半島撤退)」
※2015.12.12、「日韓開戦は2016年竹島が舞台/日韓戦争と新大久保嫌韓デモ」>>「●焦る韓国」の解説文変更(分かりやすくするため)、変更前の文章は以下
「・アジア安全保障会議(シャングリラ会議)
…米国ヘーゲル国防長官に有事作戦統制権移管計画の延期を提案
…デンプシー統合参謀本部議長「戦時作戦統制権の韓国軍移管は予定通り進める」
米国上院の公聴会でも「軍事的側面から、統制権の移管時期は適切」と答弁
  ↓
…5月8日日米首脳会談で韓米連合司令部解体確認なのに7月1日延期申し入れ
 7月18日に米は予定通りに進めると声明発表
 つまり統制権移管時期の先延ばし提案は韓国の独善、米は不快感」
※2015.12.12、重要文強調(文章は変更なし)
※2015.12.12、モバイル対応表示に変更(インデント解除)

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。