余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ

有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ 護身特集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら → 自己紹介

2015年11月21日土曜日

在日村、軍が基本計画樹立・発注、在日帰還・徴兵対策の一環か

「余命まとめ目次」 http://yomeinomatome.blogspot.jp/2015/11/blog-post_98.html



うわさの在日村



`ヒーリングビレッジ`路故国定着と観光収益取る

最初 `日本村`で `在日同胞村`路変更、`ヒーリングビレッジ`路最終確定
20世代入住確定、振動里一帯 17万㎡·233億ウォン投入してテーマ村で入場料収益
姜英字記者 | 承認2013.11.21 09:36|(378号)

ソース韓国語、yahoo翻訳、南海タイムズ、2013.11.21記事
http://www.nhtimes.co.kr/news/articleView.html?idxno=25422

 南海郡が推進する在日同胞村である `南海ヒーリングビレッジ`造成事業に文化体育館鉱夫と慶尚南道の予算支援が確定されたし、日本現地説明会を通じて 20世帯の入居者が確定になるなど本格的に推進される見込みである。
 最初 `日本村`造成事業という名称に出発したこの事業は反日感情論難以後 `在日同胞村`路事業対象者を確かに明示してから最終的に `休養とヒーリング`というテーマを加えた観光収益モデルで開発するという主旨で `ヒーリングビレッジ`路名称と性格を替えた。
 南海郡が追い求める `ヒーリングビレッジ`は昌善面振動里一帯 17万 3714㎡に総233億予算を投入して造成する住居·休養·観光·ヒーリングが一団となった複合型観光タウンで多目的コミュニティセンター、公園、親環境住宅、休養ホテルなどが立ち入る予定だと言う。

 軍は 2011年 10月日本現地民間資本誘致説明会を始まりに 2012年 6月事業妥当性の調査及び基本計画樹立、2012年 7月開発行為許可際限地域指定、2013年 8月複合型地球単位計画樹立役発注などの手続きを推進して来たし最近共有財産管理計画に反映するなど来年事業着手を控えている。
 去る 10日から 13日まで日本東京等地で在日韓国人を対象にした説明会でゾングヒョンテ軍需は "南海ヒーリングビレッジ造成事業に文化体育館鉱夫と慶尚南道の予算支援が確定されたし来年から本格的な事業が始まる"と "国内で一番休養しやすい都市で脚光を浴びる南海郡で豊かな故国定着の夢をつかんでほしい"と明らかにした。
 今度説明会にともにした配陣号文化観光課長は "ヒーリングビレッジは既存の `日本人村`という誤解を脱いで、在外同胞村の概念に `ヒーリングと観光`という主題を加えて開発するまた一つのテーマ村"と言いながら "日本に住む韓国人の香水を淡は故国定着村に泊まるのではなく冥想とヨガなどを組み合わせた `ヒーリングセンター`来て特色ある造景住宅が一団となって入場料を受ける収益モデルで開発して村と郡が共存するモデルになること"と言った。

 一方総35所帯中 20世帯が今度現地説明会を通じて入住が確定されたし、残余 15世帯も来年上半期まで定める計画の今度 `南海ヒーリングビレッジ`造成事業は振動里隣近住民説明会と土地買入などを経て来年 10月頃事業取り掛かる予定である。

(南海タイムズ記事、以上)



2015.12.13追記

「在日村 『南海ヒーリングビレッジ』」
「仙台のモモンガの写真ブログ」様、2015年4月10日記事
http://blog.goo.ne.jp/momonga-in-sendai/e/60e456670757044a08c1aac588cf72e7

 ところで韓国は南海郡に、南海ヒーリングビレッジというリゾート地のような名前の在日祖国帰還用施設を作っています。




 この 「在日村」 に関して、韓国紙 「南海タイムス」 の2013/11/21付けの "日本村から在日村に変更、ヒーリングビレッジ" の記事中で、
韓国軍は2011年10月に日本現地の在日誘致説明会を皮切りに、2012年6月には事業の妥当性調査と基本計画の策定、2012年7月に開発許可の指定、2013年8月には複合型地区単位計画策定用役発注などの手続きを進めてきており、共有財産管理計画に反映するなど、来年2014年の事業着手を控えている。』
と記述しています。
 韓国国防部関連機関の兵務庁帰還事業を管理している状況など、韓国では在日村がどういう位置付けなのか、分かりやすいですね。
 ちなみに余命さんブログには、「韓国は在日村に代表番地をおき、そこに在日の住民登録を自動付与する予定」 とあります。

(追記以上)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考資料

「余命三年時事日記」様、2015年3月26日記事「閑話休題 Q&A①」、Q3
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/08/21/223%E3%80%80%E9%96%91%E8%A9%B1%E4%BC%91%E9%A1%8C%E3%80%80%EF%BD%91%EF%BC%86%EF%BD%81%E2%91%A0/
http://kotoage.net/yomei/kc.cgi?150326001(余命3年時事日記さんのバックアップ様)

.....Q
 余命の記事の中で実現していないものをチェックしますと実はゼロです。
.....A
 2015年までに余命の記事の中で実態が見えていないものが二つありました。一つは在日村、もう一つは民兵?組織です。
 在日村の件は2012年7月9日施行外国人登録法直前の実務者会議においてオフレコ談議として出てきたもので「韓国が過去において拒否してきた犯罪者の送還を事情があって無国籍になっている在日韓国人にも新たに国籍を付与し、審査の後、受け入れる準備をしている」という話で、出処はしっかりしているからガセではないだろうが、2010年一連の在日棄民法を成立させている韓国が急に人道的になるわけがなく、目的は在日の血と金だろう」ということで、これは過去ログに既述しております。その後の調べで、それが兵務庁管轄の施設であり、陸の孤島であることがわかりました。いわば軍が管理する収容所ですね。2015年には完成の予定というところまでしか記述していなかったのですが、とりあえず一部完成したことが韓国側から発表されました。しかし、なぜか兵務庁管轄の件はマル秘ですね。



「余命三年時事日記」様、2015年3月28日記事「閑話休題 Q&A②」、Q1
http://kotoage.net/yomei/kc.cgi?150328001(余命3年時事日記さんのバックアップ様)
.....Q
 在日村。南海ヒーリングビレッジのこと?
.....A
 そうです。前回記述の通り、一部完成したようですね。
 ただし、企画からの流れを見るとそこに代表番地をおいて韓国がかってに住民登録する形作り、在日の資産強奪が目的」であることが見え見えで、橋一本の孤島であって、兵務庁の管轄下ですから強制収容所のようなものです。無国籍在日対策ですね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2015.12.13、「仙台のモモンガの写真ブログ」様、2015年4月10日記事より抜粋して引用
※2015.12.13、重要文強調(文章は変更なし)

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。