余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年2月18日木曜日

【信濃雑感】 慰安婦問題、少なくとも日韓間では日本の真実の勝ちが決まったのでは?


 先日、国連委員会(女子差別撤廃委員会、対日審査会合、2016.2.16)で、日本政府が慰安婦の虚構を説明しましたね。
 信濃としては、この件を以て、少なくとも日韓間では日本の真実の勝ちが決まったのではないか? と思っています。「?」が付くのは、何らかのハプニングが起きる可能性を完全には否定できないからです。逆に言えば、未来のことを断言できる人はいません。
 以下、日本政府と韓国政府の立場、これを取り巻く米国政府と西側諸国の立場から考察してみたいと思います。



目次

1.事実
1-1.日韓慰安婦合意
1-2.日本政府の立場(合意後)
1-3.韓国政府の立場(合意後)

2.直近の見通し(案を含む)
2-1.国連委員会
2-2.日米韓

3.信濃の考察

添付資料





1.事実

1-1.日韓慰安婦合意

・日韓両政府
…「最終的、不可逆的な解決」を確認

【日韓外相会談】共同記者発表全文、産経ニュース、2015.12.28 16:54
【「慰安婦」日韓合意】「性奴隷」表現自粛か 韓国、外相会談で示唆、産経ニュース、2015.12.29 08:30更新
日韓慰安婦合意、合意は日米に握られた韓国の命綱(妄想です)
日韓慰安婦合意(2015.12.28日韓外相会談)、日本国民1人10円で手切れ!

・米国政府
…日韓慰安婦合意を支持
…日韓慰安婦合意の支持を国際社会に訴える
…政府調査に基づく「性奴隷否定」報告書あり(IWG報告書)
慰安婦は米にも証拠なし、マイケル・ヨン氏とIWG報告書

・西側諸国
…少なくとも仏独豪加は歓迎声明
…日米を合わせると、G7のうち少なくとも5か国が「明確に」支持
慰安婦問題に関する日韓合意、在日フランス大使館、2015.12.30 (日韓合意を歓迎)
【「慰安婦」日韓合意】妥結促してきた米国「蒸し返しなし」に期待感 独豪など歓迎声明続々
【「慰安婦」日韓合意】カナダ、「新たな一章」と祝福、産経ニュース、2015.12.30 22:08



1-2.日本政府の立場(合意後)

・安倍総理が国会答弁で「強制連行」「性奴隷」「20万人」を否定
…公的な議事録が残る(日本国内)
【GJ速報】 慰安婦問題進展あり、明日あたり火病かなぁ~?(2016.1.18)
安倍総理の「強制連行」「性奴隷」否定は、米国・日系人からの公開質問状に対する公開回答

・日本政府が国連委員会に「強制連行否定」報告書を提出、同委員会はHPで公開
…公的な報告書が残る(日本国内、国連)
【GJ速報】 慰安婦問題進展あり、日本政府、国連委員会に「強制連行否定」報告書(2016.1.30)

・日本政府(外務省)が国連委員会で「慰安婦の虚構」「朝日新聞の罪」を説明
…公的な議事録が残る(国連)
【GJ速報】 慰安婦問題進展ありあり、日本政府、国連委員会で吠えまくり! 先人の名誉が1つ回復

・菅官房長官が記者会見で、国連委員会での説明について「事実関係を述べただけで、韓国政府を批判するものには当たらず、日韓合意に反するものではない」
【慰安婦問題】菅官房長官「事実関係述べただけ」



1-3.韓国政府の立場(合意後)

・韓国政府(外務省)
…「慰安婦動員の強制性は、国際社会が既に判定を下した歴史的事実だ」
…慰安婦に対する強制性は「元慰安婦の生々しい証言が裏付けているほか、1993年の河野洋平官房長官談話も認定した」
…「慰安婦問題をめぐる昨年末の(日韓間の)合意の精神を損なう言動を控えるよう再び求める」
【慰安婦問題】韓国外務省「強制性は歴史的事実」、国連委での日本政府の説明に反論更新

・その他いろいろ(書く気にもなれません)
【お知らせ】 慰安婦問題、韓国外交部がきわどい文書を公開(2016.1.20)





2.直近の見通し(案を含む)

2-1.国連委員会

・今回の議論(2016.2.16)を踏まえ、2016.3.7に「見解」を公表する見通し
国連の女性差別撤廃委、慰安婦問題など議論 3月7日に見解公表へ、産経ニュース、更新

信濃注:
・「見解」であって「結論」ではない、ましてや「決定」ではない
(以上)



2-2.日米韓

・米国での国際会議に合わせて首脳会談を行い、最終決着を確認した上で共同文書を発表する案が浮上(3.31~4.1、核安全保障サミット)
・米政府に歓迎の声明を出してもらうことで最終決着を担保する狙い
慰安婦問題で日韓、米国で会談案 来年3月、両首脳が最終確認へ、共同通信、2015年12月27日 02時00分
政府、3月の日米韓首脳会談検討 米が慰安婦合意を「歓迎」、日本経済新聞、2015/12/30 2:00

信濃注:
・日韓慰安婦合意に関する共同文書発表となるか?
・合意破棄となるか?
(以上)





3.信濃の考察

現在の韓国政府の論拠は次の3つの様子。

韓-1.「元慰安婦の証言」
韓-2.「河野談話」
韓-3.「国際社会が既に判定を下した歴史的事実」(クマラスワミ報告書、マクドゥーガル報告書)

 これらの論拠は全て崩壊しています。(理由は添付資料参照)
 しかも、日本政府が国連委員会で慰安婦の虚構を説明したことにより、公の場で論拠が崩壊しつつあります。ただし、国連委員会による「見解」公表(2016.3.7)を見守る必要性は残ります。
 また、韓国政府が公式に論拠にしているかどうかは不明ですが、吉田証言と朝日新聞報道は既に崩壊しており、国連委員会の場でもこのことが説明されました。
 菅官房長官によれば、「(国連委員会での説明について)事実関係を述べただけで、韓国政府を批判するものには当たらず、日韓合意に反するものではない」とのこと。

 従って、韓国がいかなる難癖を付けようとも、日本政府は日韓合意を意に介さず、真実を堂々と述べて、慰安婦の虚構を否定すると思われます。
 ここまでだけで、少なくとも日韓間では日本の勝ちが概ね決まったものと考えます。さらに、日本政府が真実を堂々と主張すれば、先人の名誉は次第に回復されていくでしょう。
 仮に韓国が難癖をつけてきても、日本政府が真実を堂々と主張すれば、「どちらが本当なのか?」という議論になることは明白です。議論の過程で虚構が否定されていくと思います。韓国政府の論拠は全て崩壊しているのですから。

 核安全保障サミットに合わせて日米韓首脳会談を行い、慰安婦合意に関する共同文書を発表する案が報道されました。共同文書を発表するかどうかは確定していませんが、少なくとも検討されているのでしょう。
 共同文書を発表すれば、米国という保証人が付くことになります。従って、韓国国内の世論を抑えて合意を「誠実に」履行することが必須になります。米国は日本のように甘くはないでしょう。
 共同文書を発表しなければ、軍事、経済ともに、今まで以上に日米に見放されていく可能性が高くなります。また発表しなければ、日米にとって韓国切り離しの格好の口実になり得ます。国際公約を守らない国であると暗示することになるわけですから。
 ちなみに、共同文書を発表しても守らなければ同じことですね。慰安婦合意を支持した西側諸国の信用も失います。

 現在、韓国政府は軍事、経済ともに涙目状態です。世論は慰安婦合意で反発中です。
 どう転んでも、韓国には地獄しかないような気がします。





以下、論拠崩壊の添付資料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在の韓国政府の論拠は次の3つの様子。

韓-1.「元慰安婦の証言」
韓-2.「河野談話」
韓-3.「国際社会が既に判定を下した歴史的事実」(クマラスワミ報告書、マクドゥーガル報告書)



韓-1.元慰安婦の証言

そもそも信頼性がない(捏造・隠蔽の国)



韓-2.河野談話

河野談話の論拠は既に崩壊している

河-1.談話の土台は元慰安婦の証言
→裏付け調査をしていなかったことで崩壊

河ー2.政治的な文言調整
→公になったことで崩壊(第二次安倍内閣による検証)

wikipedia-慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話
>> 第2次安倍内閣による再検証 >> 河野談話の検証
・談話作成に際して日韓両国間で文言調整
・談話の土台となった元慰安婦証言に関する「裏付け調査を実施していなかった」



韓-3.「国際社会が既に判定を下した歴史的事実」(クマラスワミ報告書、マクドゥーガル報告書)

クマラスワミ報告書の論拠は全て崩壊している。

論拠: wikipedia-クマラスワミ報告 >> 慰安婦問題に影響する付属文書1

ク-1.第二次世界大戦終了時の米軍による「慰安婦」等への聞き取り調査
→米国政府の調査に基づく「IWG報告書」で崩壊

ク-2.ジョージ・ヒックスの書籍
→IWG報告書には及ばないと考える

ク-3.吉田証言
→朝日新聞が虚偽を認めて謝罪
→日本政府が国連委員会で否定(国連委員会の「見解」は2016.3.7公表見通し)
→少なくとも日本では、公式に論拠崩壊

ク-4.クマラスワミ自身による韓国・日本の政府関係者と「元慰安婦」本人へのヒアリング
(北朝鮮に関しては、北朝鮮関係機関から提供された資料と人権センター代表団の「元慰安婦」への聞き取り調査)
→「元慰安婦」本人の話は、そもそも信用できない(捏造・隠蔽の国)



マクドゥーガル報告書の論拠は、そもそも初めから論拠として成立していない。

論拠: wikipedia-マクドゥーガル報告書 >> 慰安婦問題に影響する附属文書

マ-1.(信濃注:一説によると)慰安所を等しく「レイプセンター」と呼び、慰安婦20万のうち14万人以上の朝鮮人慰安婦が死亡したという内容はまったく根拠がなく、その原因は自民党 荒舩清十郎代議士の全く根拠の無い放言にある
…もし朝鮮人慰安婦の死者が14万5000人(荒舩放言は14万2000人)で生存率が25%なら、朝鮮人慰安婦だけで58万人いたことになる
…荒舩は「徴用工に戦争中連れて来て成績がよいので兵隊にして使ったが、この人の中で57万6000人死んでいる。」と言っている

→そもそも論拠として成立していない

マ-2.(信濃注:韓国側のお仲間の)吉見義明からも学術的姿勢に欠陥を指摘されている
…マクドゥーガルが政府調査に基づくと報告した中で、実際に政府資料にない箇所を本人を前に指摘したが、マクドゥーガルは無視したという

→そもそも論拠として成立していない

信濃注: 吉見氏は韓国側のお仲間
wikipedia-吉見義明
日本の戦争責任資料センター共同代表
慰安婦問題では、慰安婦は日本による性奴隷制度という立場から、積極的な活動を行っている。
(以上)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.2.25、リンク変更、変更前のリンクは以下
「1.事実」 >> 「1-1.日韓慰安婦合意」 >>
【研究ノート】 慰安婦問題、日韓慰安婦合意、共同記者発表全文(2015.12.28)

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。