余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年2月6日土曜日

【企業紹介】 TBS、トンデモ報道特集(暴挙含む) 余命さん紹介の企業


shinanopedia-トンデモ報道特集(暴挙含む)

 トンデモ報道特集(暴挙含む)(とんでもほうどうとくしゅう(ぼうきょふくむ))は、2016年2月6日に発信された特別版のニュース・報道記事である。
 多岐にわたって行われた数々の、
・暴挙と言えるTBSの報道の内容
・蛮行と言えるTBSの取材・収録の方法
・その他のTBSの不祥事
を扱っている。



wikipedia-報道特集(TBS)

 『報道特集』(ほうどうとくしゅう)は、TBS(JNN)系列で、2010年4月3日から、毎週土曜日の17:30 - 18:50(JST)に生放送されている大型のニュース・報道ドキュメンタリー番組である。
 略称は、「報特」。
 1980年10月4日から2008年3月30日まで放送された『JNN報道特集』が前身・母体番組で、特集取材が番組の核となる。併せて、2008年3月29日で打ち切った土曜夕方のニュース番組『JNNイブニング・ニュース(土曜版)』を引き継ぎ、新たにその日のニュース・スポーツニュース、ところによってローカルニュースを放送する。
 2008年4月5日から2010年3月27日までは、『報道特集NEXT』(ほうどうとくしゅうネクスト)として放送した。





本題に入ります(笑)

余命ブログには最近、TBSさんが度々、登場します。
大手テレビ局なので、どんな放送をやっているか、おおよそご存知だと思います。

TBSさんには以前から様々な批判がありますね。
批判の理由は数々の暴挙・蛮行にあります。

フジテレビさんの紹介の中でも述べたことですが、
放送した映像は録画しないと証拠が残りません。
最低でも書き起こしが必要です。
新聞であれば紙面そのものが証拠として残るのですがね。

証拠が残りにくいことを見越して知らないフリされて、再びやられたらたまりません。

そこで、TBSの暴挙・蛮行を忘れないために、また広く知っていただくために、
「TBS、トンデモ報道特集(暴挙含む)」をしたいと思います。
しかし、あまりにも多いので、本稿では「特に酷いもの」に絞って紹介します。

詳しくはこちらをどうぞ。
wikipedia-TBSテレビ >> 不祥事・事件・トラブル





では、報道に入ります(笑)… 。


名誉毀損・報道被害 (改変テンプラ報道…これでも「先付け」です)

2003年11月2日、「石原発言捏造テロップ事件」。

wikipedia-石原発言捏造テロップ事件

 石原発言捏造テロップ事件は、2003年(平成15年)11月2日に放映されたTBSの報道・情報番組『サンデーモーニング』で、石原慎太郎東京都知事の韓国併合に関する発言を正反対の表現に改変したマスコミ不祥事である。

概要

 2003年10月28日、石原は「救う会東京」の集会で基調講演を行った際、「私は日韓併合を100%正当化するつもりはない。彼らの感情からすれば、そりゃやっぱり忌々しいし、屈辱でもありましょう」と発言した。
 この発言をサンデーモーニングは「石原都知事の問題発言」として放送し、石原発言の音声編集の際に「私は日韓併合を100%正当化するつもりぁ・・・」と最後の部分を聞き取りづらくし、その上で「私は日韓併合を100%正当化するつもりだ」と全く正反対のテロップを付け、朝鮮総聯からの抗議を伝えた後VTRが終了。司会者から話をふられたコメンテーターも、このテロップに沿って石原を批判した。
 11月5日、TBSは別の番組で「テロップミス」があったことを認め、謝罪した。
 2004年(平成16年)2月9日、石原は「悪質な捏造の意図を感じざるを得ない」とし、名誉毀損で刑事告訴した。同年12月14日、同番組プロデューサー4人が書類送検された(その後、不起訴処分となった)。また、石原は名誉毀損を受けたとして、TBSを相手に8000万円の損害賠償を求める民事訴訟も起こしたが、2006年(平成18年)6月22日に東京地方裁判所で和解が成立した。TBSは誤報があったことを認め、石原に正式に謝罪した。



捏造・やらせ・誤報 (捏造テンプラ報道…そろそろ「油もの」です)

※不二家そのものの問題については触れません。

2007年1月22日・23日・2月2日、「TBS不二家捏造報道問題」。

wikipedia-TBS不二家捏造報道問題

 TBS不二家捏造報道問題は、TBSテレビの情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』において、不二家の期限切れ原材料使用問題に関する一連の報道の中で、情報を捏造して不二家を批判する報道を行い、不二家の信用を不当に傷つけたとする問題。
 捏造の有無や報道内容の真偽以上に、問題表面化後のTBS側の対応にコンプライアンス上大きな問題があったとして国会でも再三議論されている[1]。
 2007年8月6日、BPOの放送倫理検証委員会は審理した2番組について「放送倫理上、見逃すことができない落ち度があったが、内部告発の存在自体に捏造はなく、放送倫理上の責任を問うことはできない」とする見解を発表した。TBSは「見解を真摯に受け止め今後の報道にいかしていきたい」とコメントした。これに対し、審理を申し立てた郷原信郎は「TBSの話が本当かどうかの検証は行われておらず、全く評価できない」[2]として、その後も国会や論壇等でこの問題の追及を続けている。

問題となった放送内容 2007年1月22日放送の『みのもんたの朝ズバッ!』

 2007年1月22日放送の『みのもんたの朝ズバッ!』で、情報提供者として不二家平塚工場の元従業員とされる女性の顔は映さず音声を変えた証言映像と、ナレーションと字幕説明が入ったVTRが放送された。
・ナレーター「彼女によれば、賞味期限の切れたのチョコレートの包装をし直したり、溶かし直して再使用していたというのです」
・情報提供者「はじめは全部賞味期限だからごみ箱に入れていたら怒られて…」パッケージに製造日と賞味期限が書いてあるので、それをもう一度パッケージし直すために裸にしてほしいと言われて…」
・ナレーター「平塚工場では、日常的に、捨てなくてはならない商品の包装を付け替え、再使用していたと言います」さらに驚くべきことに…」
・情報提供者「もう一回それを溶かしてまたいちから製造し直すってことなんですけど…」賞味期限が切れて店舗から売れ残った商品を引き受けてそれを溶かしてまた製造し直す」
・ナレーター「この二点(再包装、溶かし直し)について 不二家本社は確認がとれていなとしています」「情報提供者と同時期に働いていた別の人物も同様の証言をしており疑惑は深まるばかりです」

つづいてスタジオで、司会のみのもんたが
・「元パートの職員、それも複数の職員が証言しました
・溶かしたチョコレートに牛乳を流し込むイラストのフリップを示しながら、賞味期限の切れたチョコレートと牛乳を混ぜ合わせて新しい製品として再出荷しちゃう」などと説明し「帳簿を見直さないといけない」「上場会社ですから上場責任は大変だと思います」などとコメントした。

 不二家広報は、放送当日にTBSに電話で抗議し、翌日には、文書で、賞味期限切れのチョコレートが「平塚工場にもどってくることはなく」「再処理して商品化することはない」、チョコレート製造には「牛乳を加える工程はない」こと等を番組宛てに伝え、調査と放送内容の訂正を申し入れていた(BPO倫理検証委員会の報告書より)。
 しかし、それに対してTBS側は非を認めようとせず、その後もみのもんたは放送翌日の1月23日(火)の同番組において、不二家の新社長就任のニュースを伝えたなかで、「古くなったチョコレートを集めてきて、それを溶かして、新しい製品に平気で作り替える会社は、もうはっきり言って、廃業してもらいたい」と言い、また1月31日(水)の同番組でも、異物じゃなくて汚物だね、こうなると」などと告発内容が確定的事実である、との前提に立った断定的発言を行った。2月2日放送の同番組では、出演者の吉川美代子が「知人から聞いた話」として「不二家の工場って汚ったないんですって」などと発言した。

信濃注:あなた方が廃業してみてはどうですか?



収録中の事故 (収録時の蛮行…どれだけ強行させたんだよ)

 2007年4月25日、『第二アサ秘ジャーナル』で、バギーによるタイムトライアルの収録中に、出演者の江口ともみが転倒する事故が発生し、腎臓を損傷し手術で摘出するという重傷を負った。
  TBSは謝罪したが、後にバギーを管理する那須バギーパークの安全に対する警告がありながら収録が強行されたことが判明した[42][43]。



不適切な表現・取材 (取材時の蛮行…こんなの人のやることじゃない)

 2009年11月29日、男子ゴルフツアー『カシオワールドオープン』にて、石川遼選手らを取材していたTBSクルーの乗ったカートが観客の女性4人をはねる事故を起こした。
 被害者のうち一人はカートの下敷きになったまま約10メートル引きずられ、左眼窩底骨折の重傷で高知市内の病院に運ばれた。関係者は業務上過失傷害の疑いで警察から事情聴取された[49]。該当のカートは大会2日目にも強引な運転等によって大会運営を妨害したとされ、運営側から注意を受けていた[50]。
  この件に関して2010年1月20日高知地裁はTBSに雇われたフリーカメラマンに対して自動車運転過失傷害罪で禁錮2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。担当裁判官は「自分の都合で無理に発進して十分な間隔を取らなかった過失は重大」と述べた[51]。



新鮮なネタ (子供の遊びかよ! 嘘つきは泥棒の始まりだぞ)

 2015年に行われた夏の甲子園において、混乱を避けるため取材禁止エリアとされていた甲子園球場の場外で、取材証を持たないクルーが長蛇の列を作っていたファンに対してカメラを回していた。大会本部役員が注意すると、「個人撮影です」と嘘の説明をしてさらに取材を続行。 
 大会本部はTBSのすべての取材証を取り上げ、来年の大会の取材証も発行しない厳しい処置が決められた[53][54][55]。



…「酷いもんだ」だけで片付く訳がありませんね!





TBSって何ナノ???

読: テンプラ・バンコー・ステーション
日: 天麩羅・蛮行・放送局
英: Tempura Barbarism Station

※放送局はステーションでも可(英語のカタカナ読み)
※Barbarism バーバリズム



テンプラ(日:天麩羅、英:tempura)とは

デジタル大辞泉:テンプラ
…2 《うわべを作るところから》
…㋐めっきしたもの。「―の金時計」
…㋑にせもの。「―学生」

大辞林第三版:テンプラ【天麩羅・天ぷら】
…②見掛けと中身が異なるもの。めっきしたものやにせものなど。
…「くさりはきんの-と見えたり/安愚楽鍋(魯文)」「-学生」

信濃注:捏造・改変のテンプラ報道機関といったところでしょうか



バンコー(日:蛮行、英:barbarism)とは

デジタル大辞泉:蛮行  野蛮な行為。無教養で乱暴な行い。「酔余の―」

大辞林第三版:蛮行   野蛮な行為。乱暴で無作法な行為。

研究社 新英和中辞典:barbarism  バーバリズム 【名詞】
…1 【不可算名詞】 野蛮(な生活様式), 未開(状態)
…2 【可算名詞】 粗野なふるまい[言葉づかい]

信濃注:これを蛮行と言わずして何と言ったらいいのでしょうか!
・バギーを使用しての収録中に大事故(2007年4月25日)。TBSは警告を無視して収録を強行し、出演者である江口さんの転倒事故が発生。江口さんは腎臓を損傷し、手術して摘出するに至る。
・ゴルフツアーの取材中、TBSクルーの乗ったカートが観客の女性4人をはねる事故を起こす(2009年11月29日)。被害者のうち一人は、カートの下敷きになったまま約10メートル引きずられ、左眼窩底骨折の重傷を負う。



ステーション(英語のカタカナ読み、日:放送局、英:station)とは

デジタル大辞泉:ステーション  放送局。「キーステーション

T氏「まぁ、放送機材はあるし…一応、放送局の…」  ほ~そ~ですか!



自分の身内が同じことをされたらどんな気持ちかなんて、考えたことないでしょうな!
このほ~そ~局の実態を知ったら、日本人は許してくれるのかね…
個人的にはTBS見なくていいし…どうなっても関係ないけど!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.2.25、リンク削除
「本題に入ります(笑)」 >> 「詳しくはこちらをどうぞ。」 >>
【企業研究】 株式会社TBSテレビ wikipedia批判・放送事故・不祥事

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。