余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年6月29日水曜日

告発支援サイト、偽保守側(敵側)と告発合戦の可能性あり、しかし恐れる必要なし


※2016.7.1、01:30追記 →2016.7.1、10:00削除・訂正
リポビタンDより新茶でも飲みましょうか。
新茶の時期はいつ?美味しいお茶の入れ方は?、DAILY INFO様
一番茶の新茶は摘まれてから5月末~8月初まで販売されます。
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/korea/1467022373/225-226/
うたちゃん様、マンセー名無し様、ありがとうございます。



告発合戦になっても恐れる必要なし

 余命さんが予定している告発支援サイトの立ち上げ。立ち上げに伴って、偽保守側(敵側)と真っ当な余命読者さんとで告発合戦になる可能性があります。
 目的は余命読者さんの分断でしょう。例えば、何ら問題のない投稿者さんを複数の工作員が組織的にでっち上げ、議論を巻き起こす。でっち上げられた投稿者さんが焦って騒ぐと、周りで見ている真っ当な読者さんたちが心配して、或いは、工作員を信じ込んでしまって議論が白熱する。結果として余命読者さんたちが分断される。という流れです。
 仮にでっち上げられても、告発すると脅されても、本当に告発されても、真っ当な余命読者さんが恐れる必要は全くありません。堂々として静観していればいいのです。悪いことなんてしていないのですから。何かの間違いで捜査されても、証拠なしで不起訴でしょう。
 恐れる必要があるのは、虚偽告発することになる偽保守(敵側)の皆様です。おそらくは信濃を告発したい連中もいるでしょう。信濃を告発するならお好きにどうぞ。何も出てきませんから。逆に虚偽告訴罪(虚偽告発を含む)で逮捕されるでしょう。でっち上げでブログ運営を妨害したことになりますから、偽計業務妨害罪でも逮捕される可能性があります。
 告発が集中すれば処理しきれませんから、おそらくは余命さんから優先順位が示されるでしょう。例えば、「政治家の外患誘致罪候補者を優先する」などです。余命さんの旗振りに合わせて進めれば問題ないかと思います。告発すべきかどうか迷う場合にも、余命さんの見解に合わせて進めれば問題ないかと思います。恐れず焦らず、粛々と進めていければと思います。



情報戦への対処に関する一考察 2016.6.27
 告発サイトの立ち上げに備えて、おそらく敵側は次の仕込みに入ってますね。現状ではデータが少ないので何とも言えませんが、言える段階になったら報告します。真太郎氏と万里の河氏についても引き続き要注意です。甘く見たらまずいです。皆様のご厚意に感謝して、兜の緒を締め直します。
 本稿では情報戦への対処について考察してみます。
※明言しておきますが、真太郎氏と万里の河氏が敵工作員だと断定するわけではありません。
(引用以上)



余命ブログ、2016年6月29日記事「939 巷間アラカルト36」
真太郎
 余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
 信濃太郎様も復活されたようなので安心しました。
 今回の騒動は、敵国あるいは反日側の本体から遠い末端が仕掛けた保守分断工作(余命読者分断工作?)だったようですね。
 しかし、結局のところ浅き夢見氏のコメントにあるように「信濃太郎さんと真太郎さんのバトル、ハラハラドキドキしておりました。」となっただけでした。読者の興味をひいて信濃太郎様やそのお友達のブログと真太郎のブログの閲覧数が増えた結果となりました。(もしかしたら、余命三年時事日記の閲覧数も増えたかも知れませんね。)
 偽真太郎一味は、散々苦労して犯罪の痕跡をたくさん残した挙句に余命三年時事日記の情報を世に拡散してしまったと言うことです。有田が批判した為に千葉本が売れたのと似た現象ですね。
 敵側の本体もこうなるのを恐れて、当初は余命三年時事日記をひたすら無視するのを末端まで徹底していたようですが、今年から敵側組織がおかしくなった為に末端の行動もトチ狂ったものになったと類推できます。

信濃注:
偽真太郎一味とは?
興味がおありの方は添付資料の記事をお読みいただき、各位でご判断ください。
(以上)

 いよいよ個人用外患罪告発サイトの開設が間近となり本格的な戦いが始まろうとした時期になって、兵の中に取り乱して正気を失ったり元気があり過ぎる者が出てきました。余命プロジェクトチーム様は、いったん戦列から兵を外し落ち着けた後に兵を戦列に戻しました。見事な用兵でした。
 元々、余命三年時事日記に集まる読者は組織の構成員ではありません。あくまでも、ブログの読者です。(実際に真太郎は余命様や他の読者様と面識はありませんし連絡もありません。)しかし、敵側は何を勘違いしたのか余命プロジェクトチームを中心とした何らかの組織あるいは集団と捉えてしまったようです。敵側は、余命群と戦う前に相手をもっと調べてから作戦を練るべきでした。
(引用以上)





以下、添付資料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

刑法
(明治四十年四月二十四日法律第四十五号)
最終改正:平成二五年一一月二七日法律第八六号
電子政府の総合窓口 e-Gov

第二十章 偽証の罪

(偽証)
第百六十九条
法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をしたときは、三月以上十年以下の懲役に処する。

第二十一章 虚偽告訴の罪

(虚偽告訴等)
第百七十二条
人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、三月以上十年以下の懲役に処する。

第三十五章 信用及び業務に対する罪 

(信用毀損及び業務妨害)
第二百三十三条
虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
(引用以上)



wikipedia-告訴・告発
 告訴・告発は、捜査機関に対して犯罪を申告し処罰を求める意思表示である。犯罪被害者(もしくは法により定められた親族等)が申告する場合を告訴(b:刑事訴訟法第230条)といい、被害者でない第三者が申告する場合を告発(b:刑事訴訟法第239条1項)という。
 マスメディアなどでは刑事告訴・刑事告発ということもある。
(引用以上)



wikipedia-虚偽告訴罪
 虚偽告訴罪とは、刑法が定める犯罪類型の一つで、他人に刑罰や懲戒を受けさせる目的で、虚偽の告訴をする行為を内容とする。告訴だけでなく、告発その他の処罰を求めての申告も虚偽告訴罪となりうる。
 虚偽の告発を行って人を貶めることを古くは讒訴(ざんそ)または誣告(ぶこく)といった。旧刑法下でもこの虚偽告訴罪のことを誣告罪(ぶこくざい)と呼んでいた。
(引用以上)

wikipedia-虚偽告訴罪 >> 虚偽告訴等罪
 人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、3月以上10年以下の懲役に処する(刑法第172条)。
>> 目的犯
 本罪は目的犯であり、「人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的」が必要である。なお、本罪は虚偽の申し出による被害者が存在する点で、虚偽の申し出における告訴・告発の対象が存在せず、また事件も存在しない虚偽申告(軽犯罪法第1条第16号)と異なる。
>> 行為
 本罪の行為は「虚偽の告訴、告発その他の申告」である。警察など行政機関に申告したり、弁護士会に対して弁護士の懲戒請求をする場合も本条に該当しうる。
 虚偽告訴罪にいう「虚偽」の申告とは、客観的事実に反する申告を行うことをいう。申告者が自己の記憶に反して主観的に虚偽だと思って申告をしても、それがたまたま客観的事実に一致しているのであれば、国の捜査権が害されることはないので、罪にはならない。
(引用以上)



余命補完、事例・考察・【信濃雑感】 >> 大転換2016、誘導、洗脳、犯罪編(ネット上)

警告
【信濃雑感】 ネット工作員への協力者、その末路に関する一考察 2016.3.26

誘導、洗脳
【信濃雑感】 真・カミカゼ様のご指摘に対する当ブログの回答 2016.3.9
【拡散希望】 真・カミカゼ様主催「ハードランディングのシナリオを考える」は危険行為 2016.3.10
真・土無様(真・カミカゼブログ)「ハードランディングのシナリオ」は危うい文書 2016.3.18
真・土無様(真・カミカゼブログ)「ハードランディングのシナリオ」は危うい文書、その2 2016.3.20
【注意喚起】 真・土無(真・カミカゼブログ)、偽計業務妨害の教唆の発信あり 2016.3.23
真太郎さん特集(2016.5)、ご判断は読者さん各位で 2016.5.18
真太郎さん特集、その2(2016.1~2016.5)、ご判断は読者さん各位で 2016.5.20
真太郎さん特集、その3(2016.6)、ご判断は読者さん各位で 2016.6.12
真太郎さん特集、その4(2016.6)、おまえは許さん! 2016.6.14
真太郎氏!裁判官は判決が気に入らないという理由で刑事告発できないよ 2016.6.17
真太郎氏!余命ブログに貴殿の投稿の今後一切の削除依頼を出した 2016.6.19
余命さん、あなたは自分のしてることが分かっているのか? →発言撤回 2016.6.22
真太郎氏!あんた自分が神だと思ってるんだな 2016.6.22
仕切り直しの上、再度、出撃いたします 2016.6.23
参考資料集、真カミカゼ一派、伏見一派、ホラミ、他 2016.6.26

犯罪
余命翁・豆腐おかか様に殺人教唆とサイバー攻撃呼び掛け、サイバー攻撃の方は対処法ありませんか? 2016.3.12
【緊急拡散】 不逞鮮人に注意! 余命さん・豆腐おかかさんに殺人教唆あり 2016.3.12
【注意喚起】 伏見あきまさ、脅迫教唆とも受け取れる発信あり 2016.3.22
【注意喚起】 真・土無(真・カミカゼブログ)、偽計業務妨害の教唆の発信あり 2016.3.23
信濃に殺害予告きた!同志の皆様、万が一の時には後を頼みます 2016.4.27
伏見あきまさ、今度は脅迫!だまれ犯罪ブログ!殺人教唆だけでは足りないのか! 2016.6.16

疑惑
万里の河さん特集(2015.11~2016.3)、ご判断は読者さん各位で 2016.3.31
万里の河さんへ、お互い様ということで終わりにしましょう 2016.6.26





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.7.1、解説追加(01:30)、冒頭
余命ブログ、2016年7月1日記事「951 巷間アラカルト42」、投稿者様への反論
※2016.7.1、解説削除・訂正(10:00)、冒頭

都知事選、桜井劇場で特権ホイホイ、「志」を支援したい


※興味のある方はこちらもどうぞ。 (2016.7.4、リンク追記)
外国人の政治活動(選挙運動を含む)、許容範囲とその根拠 2016.7.4



桜井劇場で特権ホイホイ

 先日、桜井誠氏が立ち上げた政治資金管理団体「都政を国民の手に取り戻す会(都取会)」にささやかですが寄付してきました。ささやかとはいえ、私なりに奮発したつもりです。すみれの会と違って都知事選は一回限りですので。
 立候補は資金的に負担が大きいようです。詳しいことは分かりませんが、「選挙にはお金がかかる」というのはよく聞く話です。しかし、ご自身の話によるとあまり裕福ではないとのこと。
 桜井氏の日本再生に賭ける志は皆が知るところです。在日特権を許さない市民の会(在特会)・元会長としての活動実績、行動する保守運動・現代表としての活動実績には目覚ましいものがあります。
 個々の主張や過去の行動について、賛否両論あることは存じております。しかしここは、7割良ければそれで良し」の考えで、桜井氏の「志」を支援したいと思います。都知事選での桜井氏の活動は、桜井劇場での特権ホイホイ」になると考えます。また、首都決戦である都知事選の影響は、全国に拡散していくものと考えます。
 (桜井誠氏と・・・ (以下、2016.6.29、16:00削除)


都政を国民の手に取り戻す会(都取会)ホームページ
都政を国民の手に!
外国人への生活保護の廃止!
日本人の為の政治を!
(引用以上)

都政を国民の手に取り戻す会 (都知事選立候補予定 桜井誠支援団体) 発足のお知らせ
Doronpaの独り言様、2016年06月24日(金)

余命ブログ、2016年6月25日記事「917 巷間アラカルト25」
信濃太郎
(中略)
桜井誠氏に関する考察
...余命さんが桜井氏の詳細を知らない可能性はありますね。もともと、余命さんにとって桜井氏は「7割良ければそれで良し」なのかもしれません。7割であっても、都知事選立候補は日本再生に大きな意義がある、もっと言えば、日本人が目覚めるために大きな意義がある、ということだと思います。最終的には国民の皆様が判断するのですから、7割で十分かと思います。私も桜井氏を応援します。
(余命さんコメント)
.....桜井氏との関係については読者の中にも理解しにくい部分がある。文中にある分析は余命がなかなか言いにくいところを指摘している。今の段階での全面協力は、最悪共倒れがある。そういう意味で、従来の路線と手段は維持しながらの提携となっている。
(引用以上)

【東京都知事選挙】桜井誠氏 出馬表明会見 生中継
ニコニコ動画、2016/06/29(水) 12:50開場  13:00開演
舛添要一前都知事の辞任を受けて実施される、
東京都知事選挙(2016年7月14日告示、同7月31日投開票)。
桜井誠氏による出馬表明会見の模様を、生中継でお送りいたします。
(引用以上)

桜井誠氏ツイキャス
こちらでも出馬会見の生中継をしています。

桜井誠氏 twitter

※2016.6.30追記
【東京都知事選挙】桜井誠氏 出馬表明会見
https://www.youtube.com/watch?v=DAKRP5ahOjQ
NIPPON CHANNEL03 様、2016/06/28 に公開
東京都知事選 再生リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLIxV01vNjD8JhL4SWLUoSCT_TtGE7Yg6M
【東京都知事選挙】小池百合子氏 出馬表明会見
【東京都知事選挙】中川暢三氏 出馬表明会見
【舛添要一辞職による東京都知事選】スマイル党マック赤坂 出馬表明 記者会見
(引用以上、再生リストは2016.6.30現在)

【東京】桜井誠都知事候補が出馬会見、7つの公約「外国人への生活保護支給を停止」「反日ヘイトスピーチ禁止」「パチンコ規制」★11
1 :動物園 ★:2016/06/29(水) 21:46:02.28
(中略)
0分50秒~ 桜井誠・東京都知事候補の出馬表明
4分0秒~ 「日本を取り戻す7つの約束」
4分10秒~ 1. 都内に在住する外国人の生活保護の支給を停止し、生活保護の受給者は日本国民に限定する
5分32秒~ 2. 都内の不法残留者を4年間で半減させる
6分22秒~ 3. 日本人に対し外国人が虚構の歴史に基づいて責め立てる反日ヘイトスピーチを禁止する
7分50秒~ 4. 税の公平性に反し減免されている、総連・民団の中央本部および関連施設への課税強化を図る
9分25秒~ 5. 違法賭博パチンコに対し規制を実施
11分15秒~ 6. 韓国学校建設については中止
11分52秒~ 7. コンパクト五輪の意義を考え、現行の東京五輪案の改善を図る
12分42秒~ 質疑応答
(引用以上)
(追記以上)





桜井誠氏のメッセージ

以下、桜井誠氏ブログ「Doronpaの独り言」より引用。



都政を国民の手に取り戻す会 サイト開設のお知らせ
Doronpaの独り言様、2016年06月29日(水)

都政を国民の手に取り戻す会
http://www.tosyukai.net/

都政を国民の手に取り戻す会のサイトが立ち上がりました。都取会のサイトでは個人献金ほか都知事選のボランティアスタッフ募集も行っています。皆様是非都取会のサイトを訪れてみて下さい。

今回の都知事選では供託金の他、事務所費、ポスター制作費、看板製作費、車両借り上げ代など様々な経費が掛かっています。そのため、目標献金額を一千万に定めて個人献金をお願いしています。お金があればいいというものではありませんが、他の候補者に恥じない戦いをするために、必要最低限のものを揃えていけばどうしてもお金が掛かります。

都知事選で都民の皆さんと一緒に夢をみるために、桜井を支持頂ける方には是非ともお願い致します。17日間の夢を一緒にみましょう!

また、都知事選のボランティアスタッフも募集しています。7月14日から30日(31日は投開票日)までの17日間の間にスタッフとして参加頂ける方は、都取会サイトのフォームから参加できる日付、時間帯を明記して出来る限り早めに(7月7日までを目途に)お送りください。特に7月14日、15日の平日ポスター貼りのスタッフが必要です。可能であればこの両日に是非とも参加をお願いします。

「出ると決めたからには必ず勝つ!」意気込みで選挙戦に臨みたいと思いますが、しかしそれ以上に大切なこと、都民に訴えかけることを目標に17日間の選挙戦を無い無い尽くしの中で桜井らしく戦ってみたいと思います。

また、都知事選への出馬にあたり、本日、東京都庁プレスセンターで13時から出馬の記者会見を行うことになりました。当日は各メディア、ネットでの中継なども予定されています。宜しければリアルタイムで出馬会見をご覧下さい。生放送は後でタイムシフトで観ることもできます。

本当に何もない状態での選挙戦になりますが、これまで十年にわたる運動の集大成として「都政を国民の手に取り戻そう!」をキャッチフレーズに、都民一人一人に呼びかけていきたいと思います。
(引用以上)



十年の戦い 信念と貧しさと夢
Doronpaの独り言様、2016年06月27日(月)

十年以上前になりますがBS番組(当時)に出演した際に司会者から「あなたは韓国を批判ばかりしているが、どうすれば日韓関係が良くなるのか考えるべき」という旨の質問と言うべきか、叱責と言うべきか悩むところですが、言葉がありました。そこで桜井は「日本は勇気を持って韓国との関係を断ち切るべき」と主張しました。その後、番組には「差別主義者」と批判する電話が殺到したそうです。

十年(以上)前という世情は『冬のソナタ』なる韓国ドラマが日本で持て囃され、韓国(朝鮮)に対する批判は絶対的にタブーの領域でした。当時、保守派と言われる団体が数多くありましたが、北朝鮮の拉致問題を批判しても、韓国の竹島問題や反日社会の問題を取り上げる団体など何処にも無かったのです。こうした社会状況、無韓心を強要する風潮がみなぎる社会に対し、一穴開けることを目指して『在日特権を許さない市民の会』は立ち上がったのです。

あれから十年以上が経ち、社会状況は大きく変化し、国民世論は大嫌韓時代を迎えることになりました。これまでも述べてきた通り、確かに韓国側(李明博)の天皇陛下への侮辱発言など敵失で世論が急激に親韓から嫌韓に向かったことは否定しませんが、それでもその嫌韓へ向かう道筋をつけたのは、行動する保守運動に参加する各団体の力によるものだったと自負するものです。

先述の通り、社会状況は大きく変わりました。志を同じく戦ってきたはずの人、本来であれば桜井が今いる立場に就くべきだった人が行動する保守運動と袂を別ち、韓国から金をもらって妨害行為を続け逮捕者続出のパヨクしばき隊側の人間と一緒に活動をする姿は寂しくもあり、悲しくもあり、何とも言えない気持ちにさせられます。

多くの人が通り過ぎ、或いはそれ以上に多くの人が参加する運動、入る人出る人を見続けてきた十年でした。その中で、信念を貫き通す人間が一人くらいいてもいいじゃないか、そんな気持ちで言動がぶれないように意識してきた十年だったのです。結果としてみれば、それが多くの人の信頼を勝ち得る原動力となり、いま都知事選への立候補というところまで来たのです。

確かにパヨクや安田浩一らが批判するように、桜井には学歴もなければ、決して裕福とは言えない家庭に育ち資金もありません。おかげさまで、お金はないわ、お偉いさんとの繋がりもないわで、人の何倍も苦労することになった人生、運動でした。しかし、このブログを読まれている皆さん、日本が好きだと言う至極当然の皆さんと、東京から日本を変えていく、都政を国民の手に取り戻す、外国人優遇はもうゴメン!…一緒に夢を見ることが出来ます。都知事選で勝利を掴むことは、非常に困難なことだと思います。しかし、物事にはそれ以上に大切なことがあるのです。選挙では東京都のあるべき姿、在日問題、などを訴えていく所存です。是非、一緒に夢を見ましょう!
(引用以上)



参考記事

すみれの会、支援第一弾は桜井誠氏!相手は有田ヨシフ・民進党参院議員 2016.6.11

民主党政権、亡国の3年半
在日特権
スヒョン文書
在日韓国人の思考回路(音声ファイルあり)
朝鮮学校補助金の実態(~2013年度)、億単位の血税が反日教育に! 2016.2.20
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言 2016.2.23

在日朝鮮人(戦後の蛮行、在留特別許可、特別永住許可)
…1.在日朝鮮人(戦後の蛮行、在留特別許可、特別永住許可)
…2.年表、終戦直後の在日朝鮮人の行動
…3.年表、朝鮮人の居座りと密航(代表的なもの)~特別永住者
【信濃雑感】 在日犯罪、朝鮮人・超鮮人(スーパー鮮人)
在日犯罪(速報)
…在日犯罪速報<丶`∀´> 様へのリンク

韓国本国(国是は反日、国策は日本乗っ取り)
…1.韓国本国(国是は反日、国策は日本乗っ取り)
…2.添付資料、万年属国・植民地の朝鮮
…3.添付資料、荒川五郎著:『最近朝鮮事情』(1906年)
…4.添付資料、シャルル・ダレ著:『朝鮮事情』(1874年)
…5.添付資料、イザベラ・バード著:『朝鮮紀行』(1894年)
竹島問題、尖閣諸島問題(解説動画あり)
…1.解説動画
…2.解説ページ(リンク)
…3.解説文引用:竹島問題(外務省)
…4.解説文引用:竹島問題の本質(余命3年時事日記アーカイブ様)
…5.解説文引用:尖閣諸島問題(外務省)
…6.関連年表
延坪島砲撃事件の真相(韓国、対馬侵攻失敗)
…天皇陛下侮辱発言の他に、日本乗っ取り完了宣言もしていた!





都政を国民の手に取り戻す会(都取会)

都政を国民の手に取り戻す会 サイト開設のお知らせ
Doronpaの独り言様、2016年06月29日(水)

<都取会へのご支援のお願い>

都政を国民の手に取り戻す会
http://www.tosyukai.net/

 平成28年6月24日、「都政を国民の手に取り戻す会(都取会)」が政治団体として正式にスタートしました。
 都取会は東京都における政治活動(行政交渉、都政研究、都政への立候補の支援活動、その他)を目指して設立された団体です。都知事選への立候補にともない資金管理団体として候補者より指定を受けています。
 ないない尽くしで始まった運動ですが、ついに都知事選立候補にまでたどり着きました。しかしながら、都知事選に限らず選挙には莫大な資金がかかるのも事実であり、どうしても皆様にご支援をお願いするほかない状況です。
 是非、以下の注意事項をよく読まれて都取会まで皆様からの暖かいご支援をお願い致します。

都政を国民の手に取り戻す会

設立目的

当会は、東京都における様々な行政事案に関し、都民(国民)の立場に立って問題提起し、都側に働きかけることを目的とする。

支援口座開設のお知らせと注意事項

※ 東京都知事選立候補にともない立候補者から資金管理団体として指定を受けています。

※ 口座への献金振り込みは自由ですが、政治資金規制法に基づき基本的に個人以外のお振込みは頂けません。

5万円を超える個人献金については住所・氏名・職業を明らかにすることが法律によって定められています。そのため、5万円を超える献金を行う場合は振り込み用紙を使って、住所・氏名・職業を明らかにしてお振込みください。

※ 同一団体へは年間150万円を上限として献金が可能です。

日本国籍保有者のみ献金が可能です。日本国籍以外の方からの献金は法律によって禁止されています。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10150
番号 92692051
トセイヲコクミンノテニトリモドスカイ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番 018
普通預金
口座番号 9269205
トセイヲコクミンノテニトリモドスカイ
(引用以上)





以下、参考資料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・選挙運動期間中(告示日(公示日)に立候補の届出を済ませたときから、選挙の期日(投票日)の前日まで)の選挙運動には、できることとできないことがある。
・事前運動(公示、告示前の選挙運動)は一切禁止。



参考資料一覧

簡単な資料

事前運動-知恵蔵2015

選挙運動できること・できないこと
選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト様

『LINE』はOKでメールはNG…… 「ネット選挙」で何がダメで何が大丈夫なのかおさらいしてみる
ふじいりょう  | ブロガー/ライター/ネットメディア編集者
yahooニュース、2016年6月25日 13時1分配信

ネット選挙運動と落選運動について~公職選挙法のお話~
サーバ管理者日誌様、2014年12月23日(火)



詳しい資料

総務省、トップ >> 選挙・政治資金 >> 選挙 >> なるほど!選挙
>> インターネット選挙運動の解禁に関する情報
>>3.ガイドライン(第一版:平成25年4月26日) (← pdf ダウンロード)

余命ブログ、2016年6月23日「900 インターネット等を利用する方法による選挙運動の解禁等」
…リンクのみ

wikipedia-選挙運動 >> 選挙運動と政治活動の区別
wikipedia-選挙運動 >> 選挙運動期間
wikipedia-選挙運動 >> 禁止されている選挙運動
wikipedia-選挙違反
…リンクのみ

公職選挙法
(昭和二十五年四月十五日法律第百号)
最終改正:平成二八年四月一三日法律第二五号
電子政府の総合窓口 e-Gov

政治資金規正法
(昭和二十三年七月二十九日法律第百九十四号)
最終改正:平成二六年六月一三日法律第六九号
電子政府の総合窓口 e-Gov

事前運動-デジタル大辞泉
事前運動-朝日新聞掲載「キーワード」
事前運動-知恵蔵2015



報道資料(出馬会見関連)

【東京都知事選】「都内在住外国人への生活保護費支給打ち切り、受給者は日本国民限定」 在特会の桜井誠前会長が7つの公約

【東京都知事選】在特会の桜井誠前会長が出馬表明「トランプに負けぬナショナリズムを」 パチンコ規制も主張 産経ニュース、2016.6.29 16:42更新

在特会桜井誠元会長 都知事選出馬表明のメリットとは
NEWSポストセブン、2016.06.28 16:00



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

簡単な資料 

※2016.7.3追加

事前運動-知恵蔵2015
 公示、告示前の選挙運動は事前運動と呼ばれ、一切禁止されている。しかし、政党の公認を求める運動、立候補すべきか否かを決めるために有権者の反応を探る瀬踏み行為、候補者の推薦会などの立候補準備行為、議会報告会や時局報告会などの政治活動、地盤培養行為、後援会活動、社交的行為は禁止されていない。だが、これらと事前運動との区別は極めて難しい。
(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)
(引用以上)
(2016.7.3追加、以上)



※2016.6.29、15:30追加

選挙運動できること・できないこと
選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイト様

 告示日(公示日)に立候補の届出を済ませたときから、選挙の期日(投票日)の前日までの選挙運動期間中に以下の行為は誰が行っても規制されません。

【 できること 】

・ 友人・知人に投票の依頼をすること
・ 自分の家や店に来た人に投票の依頼をすること
・ 会合や街頭、バスや電車の中など、出会った場面において投票の依頼をすること
・ 電話による投票や応援の依頼 (アルバイト代や日当を支払うと買収になります)
・ 選挙区以外の人に応援や協力の依頼をすること
・ 演劇や映画などに集まっている観客に対して行う演説
・ 勤務のために集まっている人々に対して、休憩時間中に行う演説
・ 選挙運動用ハガキに推薦人として名前を出すこと
・ ビラの配布、法定はがきの郵送、選挙用ポスターの掲示 (種類・枚数など規定あり)
・ 選挙事務所への来訪者に飲食物を提供 (お茶やせんべいなどのお茶うけ程度に限って可能)
・ 演説会場や街頭演説の場所、選挙カーで候補者の名前などを連呼
・ 選挙カーでマイクを握る『うぐいす嬢』や『事務員』への報酬 (支給額の制限有)
・ 未成年者を選挙事務所で雇用 (選挙運動のためではなく、文書発送など単純労働のみ)
・ 音声メール(音声だけなら文書図書にあたらず適法。映像があると「文書図画」で違法に)

選挙運動期間中であれば、有権者に対して、
『 □□選挙に立候補した ○○○○です。是非、○○○○に 1票を入れてください 』とか
『 ○○○○に投票してください 』と、訴えることができます。

【 できないこと 】

・ 買収
・ 戸別訪問
・ 飲食物の提供
・ 陣中見舞として、お酒などを候補者に贈ること
・ 自動車を連ねたり隊伍を組んで往来するなどの気勢を張る行為
・ 投票してもらうために署名運動をすること

 以下は、インターネットを利用した選挙運動が解禁になればできる行為でしたが、2010年夏の参議院選挙からの解禁が見送られた為、まだできません。

・ 候補者や政党のホームページ(HP)新設・更新
・ ブログの新設・更新
・ 仮想空間「セカンドライフ」での運動
・ セカンドライフで第三者による特定候補への投票依頼
・ メールマガジンの配信
・ 電子メールの配信
・ 配布用マニフェスト(総務相に届け出)そのもののHP掲載
・ 第三者による特定候補の応援サイト開設 (第三者が行えるのは電話による勧誘と個々面接などに限定)

 公職選挙法 第142条では、選挙運動のために使用する文書図画は、通常はがき(法定はがき)またはビラのほかは領布することができません。

 総務省の解釈では、ホームページや電子メールを利用して不特定または多数に投票依頼を行うことは、この文書図画の領布にあたり、公職選挙法に抵触する恐れがあるため、選挙運動期間中は更新したり新設したりしてはいけません。
 急速にインターネットが普及している中で法律が現状に対応しきれていませんが、法律に引っかかる恐れがあるということなので注意してください。

一部、日経新聞掲載 「ご注意!思わぬ選挙違反」より引用
(引用以上)
(2016.6.29、15:30追加、以上)



※2016.6.29、15:30追加

『LINE』はOKでメールはNG…… 「ネット選挙」で何がダメで何が大丈夫なのかおさらいしてみる
ふじいりょう  | ブロガー/ライター/ネットメディア編集者
yahooニュース、2016年6月25日 13時1分配信

 6月22日に公示され、7月10日に投開票が行われる第24回参議院議員選挙。今回より選挙権が18歳まで引き下げられるが、2013年に解禁となったインターネットを使った選挙運動も、公職選挙法の改正により、これまで20歳未満が禁止されていたものが18歳以上の人に認められることになった。そういった意味では、「ネット選挙」で何がOKで何がダメなのか、一度おさらいしておく必要があるように思う。

 まず、有権者がメールを使った選挙活動については、密室性や誹謗中傷・なりすましが広がるおそれなどを理由に禁止。候補者・政党のみが認められている。
 例えば、下記のようなケースだとNGということになる。

 17歳の高校3年生が、すでに18歳を迎えている同級生に対して、家族の知り合いから頼まれて候補者のメールマガジンを「読んでみて、よかったら投票してね!」というメッセージつきでスマートフォンからメールを転送した。

 まず、17歳だと「18歳未満」で選挙権がなく、公職選挙法の第百三十七条の二に抵触する。また、候補者・政党以外がメールを使って投票を呼びかける行為が「選挙運動」をしていると見なされるので、公職選挙法第百四十二条の四第一項に触れてしまう。
 二重にアウトというわけで、違反者は2年以下の禁錮又は50万円以下の罰金に処されるだけでなく、選挙権と被選挙権も停止される。特に18歳前後の子を持つ家族は注意した方がいいだろう。

 一方、『LINE』『Facebookメッセンジャー』『Twitter』のダイレクトメッセージなどは、特定電子メール法に定められたSMTP方式・電話番号方式ではないので、法律上では「ウェブサイト等」に該当する。インターネットを使った「選挙運動」は「何人」にも認められているので、ここに挙げたメッセンジャーアプリや『YouTube』『ニコニコ動画』などの動画サイトも使いたいと思えば使うことができる。
 なので、下記のようなケースだとOKということになる。

 18歳の高校3年生が、候補者の演説を写真に撮り画像を『LINE』で送り、「頑張っているから投票してあげてね!」とメッセした。

 一見、メールと同じ行為をしているように感じるが、ともかく公職選挙法をそのまま解釈すると抵触しないということになるのだから仕方がない。逆に言えば、『LINE』などは誰もが安心して使える「選挙ツール」だといえるかもしれない。

 もうひとつ、注意すべきは投票日当日に関しては全ての選挙活動が認められていないということ。だから、今回の選挙で仮に下記のような例だとNGということになる。

 7月9日に候補者が『Twitter』に「応援よろしくお願いします!」と投稿したツイートを、7月10日に「投票なう」というコメントつきでリツイートした。

 公職選挙法的には、文書図画を「改めて頒布」した行為とみなされるため、投票日当日に『Twitter』のみならずSNSの使い方に関しては十分注意した方が無難だ。
 禁錮や罰金はともかく、次の選挙から投票ができなくなるというのは、何気にペナルティが大きいので、わかりにくい点が多々あるとはいえ、空気を吸うようにネットを使っている人間は誰でも注意すべきポイントだろう。

 このような分かりにくい点が多々あり「片翼飛行」状態で認められるようになった「ネット選挙」だが、この3年間で改正の機運にはならなかった。
 今回、18歳選挙権が認められるようになって、上記のような違反が多々発生するような状況が起きるとするならば、「これはおかしい」という話になって再度の改正が遡上にのぼることになるかもしれないが、まずは安易に法律に触れないように個々のユーザーが気をつけることが大事だと思う。

 ここからは余談になるが。『Yahoo!ニュース個人』では「公選法上の選挙運動にあたる記事投稿は禁止」となっている。公職選挙法では前述のようにインターネットを使った選挙運動を行うことができるようになっているので、これは「自主規制」といっていいだろう。
 前回の選挙で「ネット選挙」解禁されたが「報道」にこれといった影響がなかった背景には、何が法律に抵触するのか判然としなかったという面が大きい。そういった意味でも、「ネット選挙」のあり方については、有権者はもちろんメディアもどうあるべきか考えていく必要があるのではないだろうか。
(引用以上)
(2016.6.29、15:30追加、以上)



※2016.7.3追加

ネット選挙運動と落選運動について~公職選挙法のお話~
サーバ管理者日誌様、2014年12月23日(火)
(前略)
 改正公職選挙法では、ウェブページやSNS上で「選挙運動」を行うことができる様になりました(電子メールは除きます)。告示日からは投票の前日までは、特定の候補への投票を促す活動もできるということです。但し、公職選挙法で選挙運動が認められていない未成年者等は、ネット上でも選挙運動を行うことはできません。
 また、選挙運動を行うことができるのは、その選挙の有権者に限られません。つまり未成年者や特定公務員など、従来の公職選挙法で選挙運動が禁止されていない人であれば、 私たち誰もが、選挙運動をすることが認められているのです。 詳しくは、 ガイドライン本改正が施行されると、選挙運動において、具体的にどのような手段を使用することができるようになるか。 の回答と次ページの表をご確認ください。
 なお、この ガイドライン と、 インターネット選挙運動の解禁に関する情報 のページに掲げられている資料は、 選挙に関わる情報を積極的に発信して行こうとする方は、必ず目を通しておくべき資料 だと思います。
 ウェブによる選挙運動は誰もが自由にできますが、メールによる選挙運動が行えるのは候補者に限られています。では、Twitterはどうなのか、Facebookはどうなのか。答えはウェブ同様、「誰もができる」ですが、そういったQ&Aがまとめられています。

信濃注: 「詳しい資料」欄に引用。 (以上)

 最後になります。選挙区外の人が、ある地域の選挙に関わることについて。
 まず、公職選挙法はそれを禁止していません。様々な団体が、日本全国様々な地域の選挙に関与し、政治を通じて、自分たちの団体の影響力を強くしようとしている現実があります。中には、その団体や構成員の利益を目的にしたものもあるでしょう。
 その様な団体による影響力の行使が許されて、個人の関与が許されないはずはありません。 この国で行われている政治に関心を持ち、活動をする自由があることは、最初に述べた、第二十一条で保障をされています。
 総理をはじめとする大臣、あるいは国会議員に問題があったら、批判を受けるべきですし、自分の選挙区でなくとも、落選すべきだと主張することができます。選挙区の人にしか評価が許されないということはないはずですし、民主主義の成立のために必要だと考えます。
 県においても市町村においても、この国全体に何らかの形で影響を及ぼす以上、公選を受ける立場なのですから、自由に議論され評価されることは、民主主義の成立のために必要だと考えます。

 最初に書いた大前提に戻ります。なぜ、憲法第二十一条があって、政治活動の自由が保障されているのでしょうか。政治活動を行う自由が保障されることが民主主義の実現に不可欠だからです。
 しかし、政治活動を行う人がいなければ、この憲法の精神は活かされません。 さらに、政治活動を行う人々は、既得権益や離れ、利害から離れた自由な立場にいる一人一人であることが望ましいのです。権益や利害では無く、純粋に政治のあり方を考えて政治運動を行う人が増えることによって、民主主義は成長するはずです。
 改正公職選挙法による、ネット選挙運動の解禁は、ともすれば選挙シーズンになると、選挙運動では無い、政治的な発言でさえも自粛しがちだった状況を変化させ、選挙期間中にも自由に政治的な発言ができる様になったという効果もあったと思います。
 私たちは今、ネットが政治活動の舞台となる時代の端緒を開きつつあるのかも知れません。
(引用以上)
(2016.7.3追加、以上)





詳しい資料

※2016.6.29、15:30追加

総務省、トップ >> 選挙・政治資金 >> 選挙 >> なるほど!選挙
>> インターネット選挙運動の解禁に関する情報
>>3.ガイドライン(第一版:平成25年4月26日) (← pdf ダウンロード)
…国会に議席を持つ各党の代表者で構成する「インターネット選挙運動等に関する各党協議会」において、今回の改正法の解釈や適用関係などについて整理されたものです。今後も同協議会で議論が行われ、政府とも調整しながら内容の充実を図っていくこととされています。
(引用以上)

余命ブログ、2016年6月23日「900 インターネット等を利用する方法による選挙運動の解禁等」
…リンクのみ
(2016.6.29、15:30追加、以上)



※2016.7.3追加

総務省、トップ >> 選挙・政治資金 >> 選挙 >> なるほど!選挙
>> インターネット選挙運動の解禁に関する情報
>>3.ガイドライン(第一版:平成25年4月26日)
【問3】
本改正が施行されると、選挙運動において、具体的にどのような手段を使用することができるようになるか。

【答】
1 本改正が施行されると、全ての者(下記の※注に掲げる者を除く。)が選挙運動において「ウェブサイト等を利用する方法」、すなわち、「インターネット等を利用する方法」のうち電子メール以外の手段を利用することができることとなる(公職選挙法142条の3第1項)。
具体的には、
① ウェブサイト(いわゆるホームページ)
② ブログ・掲示板
③ ツイッター、フェイスブックなどのSNS
④ 動画共有サービス(YouTube、ニコニコ動画等)
⑤ 動画中継サイト(Ustream、ニコニコ動画の生放送等)
といった現在供用されている手段はもちろん、今後現れる新しい手段も利用できることとなる。

2 一方、「電子メールを利用する方法」は、候補者・政党等にのみ認められることとなる(公職選挙法142条の4第1項)。

※ 注
従前より選挙運動を禁止されている者、すなわち、
① 選挙事務関係者(投票管理者等)(公職選挙法135条)
② 特定公務員(裁判官、検察官、警察官等)(同法136条)
③ 未成年者(同法137条の2)
④ 選挙犯罪等により選挙権及び被選挙権を有しない者(同法137条の3)
については、インターネット選挙運動においても、引き続き、選挙運動をすることが禁止される。
(次ページに本改正後における選挙運動・政治活動の可否一覧あり。)
(2016.7.3追加、以上)



※2016.6.29、15:30追加

wikipedia-選挙運動 >> 選挙運動と政治活動の区別
 広い意味では選挙運動も政治活動の一部であるが、公職選挙法では選挙運動と政治活動を理論的に区別している。
 公職選挙法における選挙運動とは「特定の公職の選挙につき、特定の立候補者又は立候補予定者に当選を得させるため投票を得又は得させる目的をもって、直接又は間接に必要かつ有利な行為」をさすと解されている。
 この定義には、大きく3つの要素があって、第一に特定の公職の選挙に関するものであること、第二に特定の立候補者(予定者も含む)の当選を目的とするものであること、第三に問題となる行為が特定の候補者の投票獲得に直接又は間接に必要かつ有利な行為であることに分けられる。
 そして、具体的にある行為が選挙運動に当たるかどうかは、その行為の名目だけでなく、その行為のなされた時期、場所、方法、対象等を総合的に観察し、それが特定の候補者の当選を図る目的意識をともなう行為であるかどうか、またそれが特定の候補者のための投票獲得に直接又は間接に必要かつ有利な行為であるかどうかを、実質に即して判断すべきものである。
 これに対して、広義の政治活動は、政治上の主義、主張、若しくは施策を推進し、支持し、若しくはこれに反対し、又は公職の候補者を推薦し、支持し、若しくは反対することを目的として行う直接間接の一切の行為を指し、狭義の政治活動は、広義の政治活動から選挙運動にわたる行為を除外した行為をさすものとされている。
 選挙運動については、その定義に「当選を得させるため」が含まれるのみで、「落選させるため」が含まれないため、いわゆる落選運動は広義・狭義の政治活動にはなるが、公職選挙法上の選挙運動にはあたらない。
 なお、特定の候補を当選させることを目的として、別の候補を落選させようとする行為は選挙運動になり、選挙運動規制が適用される。
(引用以上)

wikipedia-選挙運動 >> 選挙運動期間
 選挙運動は,公示日(告示日)に立候補届が受理された時から選挙が行われる日の前日まですることができる。
1.参議院選挙及び知事選挙が17日間。
2.政令指定都市の市長選挙が14日間。
3.衆議院選挙が12日間。
4.都道府県議会選挙及び政令指定都市議会選挙が9日間。
5.政令指定都市以外の市議会選挙及び市長選挙が7日間。
6.町村議会選挙及び町村長選挙が5日間。
(引用以上)

wikipedia-選挙運動 >> 禁止されている選挙運動
・休憩所の設置
・戸別訪問
・署名運動
…通常の政治活動における署名運動まで禁止するものではない。
・人気投票の公表
…世論調査等を行うこと自体を禁止するものではない。
・飲食物の提供
…湯茶及びこれに伴い通常用いられる菓子の提供は可能。その他、公職の候補者の選挙運動に従事する者または使用する労務者に対して、選挙事務所において(携行させることも可)一定の弁当料・人数の範囲内で弁当を提供することはできる。
・気勢を張る行為
・買収
…選挙人に金銭等を配る行為のみならず、法律で別に定めが無い行為について、選挙運動をするよう対価をもって依頼する行為も買収となる。
(引用以上)

wikipedia-選挙違反
…リンクのみ
(2016.6.29、15:30追加、以上)



※2016.6.29、15:30追加

公職選挙法
(昭和二十五年四月十五日法律第百号)
最終改正:平成二八年四月一三日法律第二五号
電子政府の総合窓口 e-Gov

(選挙運動の期間)
第百二十九条
(選挙事務所の閉鎖命令)
第百三十四条
(教育者の地位利用の選挙運動の禁止)
第百三十七条
(未成年者の選挙運動の禁止)
第百三十七条の二

(選挙権及び被選挙権を有しない者の選挙運動の禁止) (2016.7.3追記)
第百三十七条の三
第二百五十二条又は政治資金規正法第二十八条 の規定により選挙権及び被選挙権を有しない者は、選挙運動をすることができない。

信濃注:
要するに、選挙犯罪で処罰中の方には選挙権、被選挙権がない。
(以上)
(2016.7.3追記、以上)

(事前運動、教育者の地位利用、戸別訪問等の制限違反)
第二百三十九条
次の各号の一に該当する者は、一年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。
一 第百二十九条、第百三十七条、第百三十七条の二又は第百三十七条の三の規定に違反して選挙運動をした者
二 第百三十四条の規定による命令に従わない者
三 第百三十八条の規定に違反して戸別訪問をした者
四 第百三十八条の二の規定に違反して署名運動をした者
2 候補者届出政党、衆議院名簿届出政党等又は参議院名簿届出政党等が第百三十四条の規定による命令に違反して選挙事務所を閉鎖しなかつたときは、当該候補者届出政党、衆議院名簿届出政党等又は参議院名簿届出政党等の役職員又は構成員として当該違反行為をした者は、一年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

(選挙犯罪による処刑者に対する選挙権及び被選挙権の停止)
第二百五十二条
(引用以上)
(2016.6.29、15:30追加、以上)



※2016.7.3追加

政治資金規正法
(昭和二十三年七月二十九日法律第百九十四号)
最終改正:平成二六年六月一三日法律第六九号
電子政府の総合窓口 e-Gov

第二十八条
第二十三条から第二十六条の五まで及び前条第二項の罪を犯し罰金の刑に処せられた者は、その裁判が確定した日から五年間(刑の執行猶予の言渡しを受けた者については、その裁判が確定した日から刑の執行を受けることがなくなるまでの間)、公職選挙法 に規定する選挙権及び被選挙権を有しない。
2 第二十三条、第二十四条、第二十五条第一項、第二十六条、第二十六条の二、第二十六条の四及び前条第二項の罪を犯し禁錮の刑に処せられた者は、その裁判が確定した日から刑の執行を終わるまでの間若しくは刑の時効による場合を除くほか刑の執行の免除を受けるまでの間及びその後五年間又はその裁判が確定した日から刑の執行を受けることがなくなるまでの間、公職選挙法 に規定する選挙権及び被選挙権を有しない。
3 裁判所は、情状により、刑の言渡しと同時に、第一項に規定する者に対し同項の五年間若しくは刑の執行猶予中の期間について選挙権及び被選挙権を有しない旨の規定を適用せず、若しくはその期間のうちこれを適用すべき期間を短縮する旨を宣告し、又は前項に規定する者に対し同項の五年間若しくは刑の執行猶予の言渡しを受けた場合にあつてはその執行猶予中の期間のうち選挙権及び被選挙権を有しない旨の規定を適用すべき期間を短縮する旨を宣告することができる。
4 公職選挙法第十一条第三項 の規定は、前三項の規定により選挙権及び被選挙権を有しなくなるべき事由が生じ、又はその事由がなくなつたときについて準用する。この場合において、同条第三項 中「第一項 又は第二百五十二条 」とあるのは、「政治資金規正法第二十八条」と読み替えるものとする。
(引用以上)
(2016.7.3追加、以上)



※2016.6.29、15:30追加

事前運動-デジタル大辞泉
 物事を起こす前に、準備のために活動すること。特に、立候補の届け出前に行われる選挙運動。公職選挙法で禁止されている。

事前運動-朝日新聞掲載「キーワード」
 公選法は立候補の届け出前の選挙運動を事前運動として禁止している。特定の候補者への投票を呼びかける行為は選挙運動にあたる。ただし、届け出前でも、政治活動は禁じられない。議会報告や時局講演会などは政治活動とみなされる。
(2009-05-20 朝日新聞 朝刊 2社会)

事前運動-知恵蔵2015
 公示、告示前の選挙運動は事前運動と呼ばれ、一切禁止されている。しかし、政党の公認を求める運動、立候補すべきか否かを決めるために有権者の反応を探る瀬踏み行為、候補者の推薦会などの立候補準備行為、議会報告会や時局報告会などの政治活動、地盤培養行為、後援会活動、社交的行為は禁止されていない。だが、これらと事前運動との区別は極めて難しい。
(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)
(2016.6.29、15:30追加、以上)





報道資料(出馬会見関連) ※2016.6.30追記

【東京都知事選】「都内在住外国人への生活保護費支給打ち切り、受給者は日本国民限定」 在特会の桜井誠前会長が7つの公約
 舛添要一前知事の辞職に伴う都知事選(7月14日告示、31日投開票)で、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の前会長、桜井誠氏(44)が29日、都庁で記者会見し、無所属で立候補することを表明した。桜井氏は「米国のトランプ氏に負けないナショナリズムを掲げる」と訴えた。
 桜井氏は7つの公約として、都内在住の外国人への生活保護費支給を停止し、受給者を日本国民に限定する▽都内の不法残留者を4年間で半減させる▽日本人に対して行われる反日ヘイトスピーチ禁止条例の制定-などを表明。舛添氏が進めていた韓国人学校の増設については「中止」し、代わりに保育所を建設して待機児童ゼロを目指すとした。
 また、パチンコに対しては「違法賭博」と断じ、営業時間の短縮や新規出店を認めないなどの対策を講じると主張。ギャンブル依存症の患者には心療内科などを受診させ、社会復帰をサポートするとした。
 桜井氏は「今の日本は間違った方向に進んでいる。日本に対して牙をむくような民族がいれば断固として処断する。国民、都民のために戦う知事が一人くらいいてもいい」と述べた。
 桜井氏は平成18年12月に結成された在特会の会長を務めた。26年にはデモで民族差別をあおるヘイトスピーチ問題をめぐり、橋下徹大阪市長(当時)と面談。激しい言葉で応酬した面談はわずか10分弱で終わった。同年、会長退任と在特会からの退会を明らかにした。
(引用以上)

【東京都知事選】在特会の桜井誠前会長が出馬表明「トランプに負けぬナショナリズムを」 パチンコ規制も主張 産経ニュース、2016.6.29 16:42更新

在特会桜井誠元会長 都知事選出馬表明のメリットとは
NEWSポストセブン、2016.06.28 16:00





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.6.29、参考資料追加(15:30)、簡単な資料、詳しい資料
※2016.6.29、解説一部削除(16:00)
※2016.6.30、動画追加、桜井誠氏出馬会見
※2016.6.30、添付資料追加、報道資料(出馬会見関連)
※2016.7.3、添付資料追加(分かりやすくするため)
※2016.7.4、リンク追加、冒頭
外国人の政治活動(選挙運動を含む)、許容範囲とその根拠 2016.7.4
※2016.7.5、参考資料一覧追加(分かりやすくするため)

2016年6月27日月曜日

情報戦への対処に関する一考察


 ここ2~3日、真太郎氏と万里の河氏の件でちょっと浮かれていました。すいません。
 告発サイトの立ち上げに備えて、おそらく敵側は次の仕込みに入ってますね。現状ではデータが少ないので何とも言えませんが、言える段階になったら報告します。真太郎氏と万里の河氏についても引き続き要注意です。甘く見たらまずいです。皆様のご厚意に感謝して、兜の緒を締め直します。
 本稿では情報戦への対処について考察してみます。

※明言しておきますが、真太郎氏と万里の河氏が敵工作員だと断定するわけではありません。



目次

余命さんコメント
1.前置き
2.余命関連の情報戦
3.私たちにできる対処法



余命さんコメント (2016.6.28追記)

 余命ブログは余命さんの個人ブログです。余命さんの方針は受け入れます。読者さんから私に対する批判も掲載されておりましたが、批判は批判として受け止めます。余命さんはじめ皆様からいただいたご厚意に感謝し、改めてお礼申し上げます。

仕切り直しの上、再度、出撃いたします
>> 余命ブログの支援は継続
余命ブログは日本再生という目的に対して「妥当であろう」と考えます。
当ブログは「7割良ければそれで良し」の考えで今後も支援いたします。
あとは私自身が7割を維持するよう心掛けます。
(引用以上)

余命ブログ、2016年6月28日記事「927 巷間アラカルト31」
(余命さんコメント)
.....だいぶ近視眼的に考えているな。この件は余命が議論の場を設定している中でのバトルだ。これについては20数件常連投稿者の意見が来ているが、すべて削除している。例外は万里氏だけだ。なぜかというと100%意見が偏っていたためだ。
 やはり討論でも闘論でもいいが、リングの中でルールに従ってもらわなければただの場外乱闘となり、退場というジャッジが下される。当たり前の話だ。この手の議論には余命は従前も今後も一切論評はしないことにしている。
 「議論相手に誹謗中傷とか意見の押さえ込みや削除要求はいかなる読者であってもだめだよ」というのが赤字通告であった。しかし、どうも、この赤字の意味がわかっていないようだな。ふつう出禁対象とした場合は黙って削除するだけである。それをわざわざ赤字通告したのは、ルールを守るならかまいませんよという裏メッセージでもある。
 記事の内容を判断するのは読者であって、余命が誘導するものではない。そもそも余命ブログは主義主張の言論ブログではない。目的を持った実行ブログである。したがって必要なときはそれなりの処置をする。この件は先を見た場合には、落としどころがあって必然的にそうなるというところまでは考えておいていただきたいものだ。
 ある論客がいて、情報発信をしたいとき、現在、余命叩きをしているFブログは1週間で800アクセス、余命は1日で170000アクセス、読者数1日6万人、協力サイトを入れれば10万人という数字は神奈川新聞並みである。どちらをえらぶだろう。
 異論はあるだろうが、ルールを守る限り余命のサイトコメントは常にオープンである。これを失うのは寂しいだろう。それだけの話だよ。

(読者さん投稿、一部抜粋)
 もしかしたら、何か違う、余命様の深いお考えがあっての処置かもしれませんが、信濃太郎様の投稿は、「削除依頼に関しては」一切受付けないに、ご変更いただければ幸いです。できれば、ご検討をお願い申し上げます。

(余命さんコメント)
.....先述したが、まさにご指摘の通りの腹づもりであった。みなさんがわかってくれているのが何よりも心強い。
(引用以上)





1.前置き

 これまでの余命三代目さんと今回の真太郎氏の件から考えるに、余命チームは基本的に外部からの進言を求めず、また、されても嫌うタイプなのかもしれません。或いは、私たちには発表できない重要情報を握っており、特定人物が敵工作員だと分かった後でも、あえて泳がせているという可能性があります。これに対しては賛否両論あるかと思います。
 敵工作員にしてみれば、生きるか死ぬか覚悟して…というより、中国人・朝鮮人の民族性を考えれば生きようとして必死でしょう。もちろん、工作員全員がそうだとは言えません。先日、読者さんからアドバイスをいただいてハッとしました。
相容れないと思ったモノ(個人でも組織でも)は、泳がせてナンボ。叩き潰したら地下に潜ってしまって動向が分からなくなる。相手をリアルタイムで追えない状況は、扇動・攪乱されるのとは別の危機が発生する。肝要なのは、生かさず殺さずである。

 少し話は逸れますが、人間関係の本質に「相手の個性を受け入れてお付き合いする」ということがあると思います。分かりやすい例としては営業マンでしょうか。営業マンがいろんな個性を持つお客さんに一律対応していたのでは商売が成り立ちません。売れるものも売れません。お客さんの個性に応じた対応は必須条件です。
 この人間関係の本質は実社会でもネット上でも変わりません。ご存知のように、日本再生を実現させるには保守派の連携が欠かせません。そのためには「相手の個性を受け入れてお付き合いする」ことが必須条件です。別の言い方をすれば、自分と違う個性を「7割良ければそれで良し」として受け入れることが必須条件です。

 余命チームの話に戻ります。

 余命チームとて神様ではありませんので、万人が納得するやり方は不可能です。ときには間違いも犯すでしょう。それを前提にして、「相手の個性を受け入れてお付き合いする」、「7割良ければそれで良し」で日本再生に向けて連携を保つにはどうすれば良いか。
 余命チームの運営方針についてはお任せ以外にありません。懸念される敵工作員については、仮に時間の都合で気付くのが遅れても、余命チームは基本的に頭が切れますから、それなりに対処できると考えます。自民党の二階のように獅子身中の虫として飼っておくとか。
 余命ブログは不偏不党、議論の場を謳っているのですから、敵工作員として排除するには少なくとも余命チーム内で合意を得る必要があるでしょう。合意となると、不完全であってもある程度は客観的な検証が必要になります。見当を付けるだけなら直感でもいいと思いますが、客観的に検証するには最低でも数週間分のデータを整理する必要があります。限られた時間内では限界があるでしょう。
 余命チームでは、「敵工作員判別に限界がある」ということを認識していると思います。



2.余命関連の情報戦

 現在、余命関連で行われていることは、情報戦という本物の戦です。余命なんて所詮はブログだ、趣味の世界じゃないか」と言って侮ってはいけません。余命がブログなのは事実ですが、一日数万人という読者数を考えると、「情報戦の兵器」という性格が出てきます。
 インターネット環境の発達により、敵工作員は市井の広い層の方々に直接、語りかけることができます。パソコンの画面越しに中国軍のサイバー部隊や工作員、日本共産党配下の工作員、南北朝鮮の工作員、つまり、竹島を強奪したり日本人を拉致したりした連中の仲間と直接、向かい合っている状態です。甘く見るとまずいことになります。
 もちろん、向かい合ったところで今すぐ命に関わることはありません。しかし、緊迫した昨今の情勢で一番、危惧されることは、日本人の意識に擦り込み(暗示)をされることでしょう。「ドンパチ」(ハードランディング)となったときを見据え、事前に擦り込み(暗示)し、事が起きたときには自分たちに有利となるように日本人の行動を制御しようとするでしょう。
 インターネット環境が発達した現在は、過去のようにマスコミを使った大々的な擦り込みはできません。しかし、環境に合わせて敵も考え、進歩します。

 予てより、日本再生の過程で、日本人の犠牲を一人でも減らしたい、日本人側からの暴発を防ぎたい(朝鮮人に難癖の口実を与えたくない)と思っております。敵工作員を排除するのが一つの方法ですが、余命ブログでは言論の場という運営方針を厳格に適用するようです(あからさまな荒らしの自主規制を除く)。不偏不党という運営方針は…日本再生という目的がある以上、必然的に保守層に偏るでしょう。
 では、その条件の中で敵工作員にどう対処すれば良いか。巧妙な工作が現実に現れる中で、つまり、獅子身中の虫を飼わざるを得ない中でどうすれば良いか。古くからの読者さんだけでなく、新しい読者さんもいる、感化されやすい読者さんもいる、時間のない読者さんもいる、その中でどうすれば良いか。現実を踏まえて考えないと、予期せぬ結果を招く可能性が高くなります。
 必要条件は、敵工作員の排除(しかし不可能)、或いは、読者さんへの判断材料の周知、読者さん同士による注意喚起。
 十分条件は、敵工作員の排除(しかし不可能)、或いは、大方の読者さんが判断材料を認識すること。しかし、残念ながら読者さん全員が認識することは不可能でしょう。あとは工夫し続ける以外に方法はありません…。言うは易し行うは難し…。
 これらより、現段階では、読者さん皆で知ること、伝えること、つまり、読者さん皆で「敵を知り己を知れば百戦危うからず」を実践するしかないのではないか、と思います。幸いにも「ドンパチ」(ハードランディング)そのものはまだ始まっていません。



3.私たちにできる対処法

 では、情報戦に対処するために具体的に何を知れば良いか、何を伝えれば良いか。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」を実践するにはどうすれば良いか。

 第一歩は真実情報の拡散、つまり、余命本、余命ブログの拡散かと思います。己が置かれた状況を知ることです。同時に敵が置かれた状況を知ることにもなります。
 興味を抱いた方、難しいと感じた方などには関連情報や支援サイトを紹介するのも良いかと思います。興味を抱かない方には無理強いしない方が良いでしょう。興味を引く方法を考えて工夫するのも一つのやり方でしょう(私の方が教えて欲しいくらいです)。これは今まで通りですね。

 第二歩は敵工作員の手口を知ること、伝えることかと思います。敵の陣容、敵が持つ武器の能力、使い方を知ることです。同時に味方の陣容、己が持つ武器の能力、使い方を知ることにもなります。

第二歩の1、余命関連で既に明らかになっている敵工作員の手口

・あからさまな荒らし
…余命チームで削除

・なりすまし
…他人のHN(ハンドルネーム)を乗っ取る
…一つのHNを複数人で使い回す
…余命ブログだけでなく、関連ブログ、敵工作員ブログ(自作自演)でも発生している
…疑心暗鬼からの内部分裂が目的か

・擦り込み(暗示)
…長文の中に過激な一文を混ぜる
…特に時間のない読者さんが標的か(斜め読みでは過激な文章が記憶に残る)

・誤誘導(詭弁、ミスリード)
…個人による恣意的な法の拡大解釈
…(当たり前ですが、政府による法解釈の変更は除く)

・ステルス・マーケティング(宣伝とバレないように工夫した宣伝)
…紹介を装った敵側文章の長文引用
…特に新しい読者さん、感化されやすい読者さんが標的か
…(朝日、毎日、NHK、TBSなど、大概の方々に周知済みのメディアを除く)



第二歩の2、私たちにできる対処法

・事実、真実は何かを確認する
…元記事で確認する
…関連サイトで確認する、支援ブログで確認する
…ただし時間的制約はある、興味関心の有無もある

・投稿時には誤解を招きやすい表現を避ける
…結果として、扇動になっていないか
…結果として、誤誘導(ミスリード)になっていないか
…(方法などがはっきり分かっている場合は確認可能、ただし、はっきりしない場合も多々ある)
…結果として、ステルス・マーケティングになっていないか

・投稿文の中に誤解を招きやすい表現を見つけたら、「さりげなく」伝える(反発がないように)



 以上、互いに補って、日本再生への山場を乗り切っていければと思います。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.6.28、引用文追加、冒頭「余命さんコメント」欄

2016年6月26日日曜日

万里の河さんへ、お互い様ということで終わりにしましょう


万里の河さんへ

 文面から察するに、うちのブログをお読みいただいているようですね。ありがとうございます。
 これは本来、余命ブログでお伝えした方が良いのかもしれません。しかし、余命ブログでお伝えすると無駄な論争を招く可能性がありますので、自分のブログからお伝えすることにします。
 お互い様ということで終わりにしましょう。応援しております。

※一応、事実と異なる部分は書いておきます。もし反論があればコメント欄にどうぞ。長文OKですので、持論を述べていただいても構いません。



余命ブログ、2016年6月26日記事「919 巷間アラカルト26」
万里の河
 失礼致します。
 余命様が、支那の某様を掲載不可としたと思いきや、又候、ご掲載ですか。それは、それで、何も言うことはないのですが、支那の某様という人間は、何故、ここまでストーカー粘着されるのかどうにも理解できませんな。どうでも良いと思っておりましたが、こうして工作員扱いされますと、不愉快極まりないですな。

信濃注:
 ストーカー粘着はしておりません。前回、万里の河さんを取り上げた2016.3.31から約3か月経っております。
(以上)

 小生にとっては、支那の某様こそ、敵の離間工作員にしか見えないのですがね。
 「万里の皮」と、いきなり無礼千万な物言いをしてきた御仁ですが、一体、そこまで他人を侮辱出来るという根拠はなんですかな?他人様のブログに於いて、日本人ならそのような無礼な物言いは致しませんよ。自分のブログで、お仲間と幼稚園ごっこをしていれば良いのです。

信濃注:
「万里の皮」と呼んだ根拠はこちらに投稿いたしました。
余命ブログ、2016年3月25日記事「534 2016年3月25日時事」
詳細はこちらをどうぞ。
万里の河さん特集(2015.11~2016.3)、ご判断は読者さん各位で 2016.3.31
(以上)

 「支那の某のブログは、保守ブログで有名だから、保守のブログでは由緒正しい」、「読者支持者が多い」とか、自惚れた事を書いていますが、先ずは、「万里の皮」と侮辱した事実を、どう致します。自分のブログが日本国を背負っているつもりと思っているのでしょうね、それこそ、笑止千万、自惚れが過ぎると言うものでしょう。

信濃注:
>「支那の某のブログは、保守ブログで有名だから、保守のブログでは由緒正しい」、「読者支持者が多い」とか、自惚れた事を書いていますが、
...書いていません。
(以上)

 何故、小生、文章を色々変えているのか、それは、文体・文意・行間を理解できない人間がいるからです。文章というのは、読む人間が、書いている字面だけでしか判断できないのでは、文意を読む、行間を読むという作業が出来ないのです。それは余命時事日記に如実に現れている筈です。
 理解できない書き込みを余命様は致します。小生が、女性言葉で書いたり、候文で書いたりしているのは、「他人が書いている」、「複数の人間が書いている」、だから「万里の皮」は、工作員だとか書いている人間がおられるからです。
 小生は、支那の某様が、どうしてここまでストーカー並に、自分のブログではなく、他人様のブログで見も知らぬ他人を批判できるのか、理解出来かねます。結局、小生の判断は、豚も天に登れば、己を忘れる。天網恢恢疎にして漏らさず。余命様が、出禁にしたのは、自惚れが過ぎると思っておりましたが、違っていたようです。

信濃注:
上述の理由により、ストーカーではありません。
(以上)

(余命さんコメント)
.....スタッフ一同、出禁の際も解除の際も貴殿の事件は話題に出ていた。お気持ちはよくわかるが、今回の発端となった件についてはケンカ両成敗という投稿が常連の数多くの読者から寄せられていた。結局、ご意見をいろいろ踏まえて一度、様子を見ようということになった。とりあえず経緯をご報告しておく。
(引用以上)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
なし

参考資料集、真カミカゼ一派、伏見一派、ホラミ、他


お礼
 コメント欄で励まして下さった皆様、お持ちのブログで励まして下さった皆様、また、余命ブログへの投稿を通じて励まして下さった皆様、ありがとうございました。

 以下、判断材料の一つとしていただければ幸いです。



目次

1.余命ブログ掲載の原文
2.全体像
3.真カミカゼ一派
4.伏見一派
5.伏見と真土無、伏見と真太郎、ホラミの関係 (見出し文変更、2016.7.18)
6.おまけ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.余命ブログ掲載の原文

投稿時の前置き文(余命ブログ掲載時に削除)

※この投稿は承認不要です。
余命様、スタッフ様
 先日はきついことを言ってしまい申し訳ありません。私の理解不足でした。その後の余命ブログを拝読し、また読者さんからアドバイスをいただき、以下のように認識を新たにすることができました。何かありましたら記事内で「示唆」していただければ対応いたします。
(以上)

 「承認不要」とした理由は敵側も見ているためです。それでも掲載されたのは、私の考察がイマイチだったのか、余命さんが余裕なのか、はたまた別の目的か。思い当たるところはありますが、敵側も見ているのでこれ以上、言うのは控えます。



余命ブログ、2016年6月25日記事「917 巷間アラカルト25」

信濃太郎

全体像の考察
 全体像は中共とその手下対日本。中共の最終目的は日本取り込み、つまり、沖縄を含む太平洋進出の足掛かり獲得。裏付けは日本解放第二期工作要綱。日本取り込みまでできなくても、対日米戦に向けて日本国内を内戦に陥れ、政治・経済の混乱を招くことができれば上等。親玉は中共、日本国内担当ボスが日共、下っ端が在日、国際広報担当ボスが韓国。北朝鮮は韓国担当裏ボス、ただし、半分は独自路線。
 余命さん叩き担当が真カミカ一派、真カミカゼ、真土無、はるみ、真太郎(万里の河も一派か?)、その他有象無象。余命さん担当のうち、真カミカゼ、真土無、真太郎が歴代の現場ボス(同一人物によるHN使い回しの可能性もあり)、はるみと有象無象が拡散担当。
 皇室叩き担当が伏見ブログ、でれでれ草、BBの覚醒記録、アリエスの雑記帳、remmikki のブログ、他にもいる可能性あり。皇室叩き担当のうち、伏見ブログがほら吹きダンスの犬(下っ端)、BBが現場ボス?、その他が拡散担当。
 過去、伏見ブログに真土無がコメント投稿したことから、余命さん叩き担当と皇室叩き担当は裏で繋がっている。ホラミは双方の担当に繋がっている。
 余命さんと皇室を同時に潰したいのは共産党。これより親玉は中共、日本国内担当ボスが日共、下っ端が在日。さらに国際広報担当ボスが韓国。北朝鮮は韓国担当裏ボス、ただし、半分は独自路線。

添付資料、中共と南北朝鮮、在日の利益
>きっと悪質なザイニチたちからすれば、韓国や在日の穏健派同胞に日本側と単独講和されては困るのでしょう。
...それはあるかもしれませんね。在日にしてみれば日本国内の味方が減ることになりますし。ただ、南北朝鮮にすれば在日は徴兵要員でもあり金ヅルでもあるため(日本国内の資産売却でドルに換える)、穏健に帰国してもらうことには旨味があるはず。
 在日の穏健な帰国支援を拒否して、日本国内で内戦状態を作り出して喜ぶのは中国でしょうか。内戦による政治・経済の混乱、警備・警戒要員の割り当て、武器弾薬の損耗...南シナ海・東シナ海で日米陣営と対立する中国にとって、多少は有利でしょうね。基本は海空戦になるでしょうから、日本は陸上戦力を国内に割り当てても大きな影響はないと思いますが。もし中国が背後で操ってるならば、政治・経済の混乱の方が大きな狙いかもしれませんね。

桜井誠氏に関する考察
...余命さんが桜井氏の詳細を知らない可能性はありますね。もともと、余命さんにとって桜井氏は「7割良ければそれで良し」なのかもしれません。7割であっても、都知事選立候補は日本再生に大きな意義がある、もっと言えば、日本人が目覚めるために大きな意義がある、ということだと思います。最終的には国民の皆様が判断するのですから、7割で十分かと思います。私も桜井氏を応援します。

告発サイトに関する考察
 日共その他の反日政治勢力、日共その他の手先たる反日市民?勢力、真太郎を含む真カミカゼ一派(余命さん叩き担当)、伏見ブログを含む伏見一派(皇室叩き担当)、その他諸々を告発し根元から切り倒す。

おまけ

読者さんから身に余るアドバイスをいただきました。肝に銘じます。
其の15「将に五危あり」(孫子・九変篇)
組織をまとめて戦うときにやってはいけないこと
ダイヤモンド・オンライン、2012年5月8日
ttp://diamond.jp/articles/-/18134
 孫子は、「将に五危あり」という。それは次の五つだ。
(1)必死は殺され、
(2)必生は虜(とりこ)にされ、
(3)分速侮(あなど)られ、
(4)廉潔は辱められ、
(5)愛民は煩(わずらわ)さる。
 説明すると、(1)は決死の覚悟で駆け引きを知らないでいるのは殺され、(2)生きることばかり考えて勇気に欠けているのは捕虜にされ、(3)気短かで怒りっぽいのは侮られて計略に陥り、(4)利欲がなくて清廉なのは辱められて計略に陥り、(5)兵士を愛するのは兵士の世話で苦労させられる。(岩波文庫・金谷治訳注)ということだ。
 孫子はこの五危を列記して、次のように続ける。
 「凡そこの五つの者は将の過ちなり、用兵の災なり。軍を覆し将を殺すは、必ず五危を以てす。察せざるべからざるなり。」(およそこれらの五つのことは、将軍としての過失であり、戦争をするうえで害になることである。軍隊を滅亡させて将軍を戦死させるのは、必ずこの五つの危険のどれかであるから、十分に注意しなければならない)(同)。
以上

(余命さんコメント)
.....桜井氏との関係については読者の中にも理解しにくい部分がある。文中にある分析は余命がなかなか言いにくいところを指摘している。今の段階での全面協力は、最悪共倒れがある。そういう意味で、従来の路線と手段は維持しながらの提携となっている。
 いわゆる距離を置いているということだが、要はおたがいあまり知らないほうがやりやすいのである。とくに桜井氏が都知事選立候補に対応して政治団体を立ち上げたが、それに呼応して余命ができることはほとんどない。当分、お互い独自路線を歩むことになろう。 
(引用以上)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.全体像

余命ブログ、2016年6月25日記事「917 巷間アラカルト25」
全体像の考察
 全体像は中共とその手下対日本。中共の最終目的は日本取り込み、つまり、沖縄を含む太平洋進出の足掛かり獲得。裏付けは日本解放第二期工作要綱。日本取り込みまでできなくても、対日米戦に向けて日本国内を内戦に陥れ、政治・経済の混乱を招くことができれば上等。親玉は中共、日本国内担当ボスが日共、下っ端が在日、国際広報担当ボスが韓国。北朝鮮は韓国担当裏ボス、ただし、半分は独自路線。
(引用以上)



中国、北朝鮮
中国共産党、日本解放第二期工作要綱
北朝鮮・対韓テロ指示報道、日本での南北闘争の可能性は捨てきれない →まず北朝鮮の手口を知る、工作活動テキスト紹介 2016.2.21

概要
日米中露韓朝の思惑(妄想です)
代表的な?有事シナリオ(妄想です)
余命3年時事日記 まとめ年表・2016(日米中露韓朝、日米中韓が中心)
【信濃雑感】 気になる記事、第三次世界大戦近し? 2016.5.31



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3.真カミカゼ一派

余命ブログ、2016年6月25日記事「917 巷間アラカルト25」
全体像の考察
(中略)
 余命さん叩き担当が真カミカ一派、真カミカゼ、真土無、はるみ、真太郎(万里の河も一派か?)、その他有象無象。余命さん担当のうち、真カミカゼ、真土無、真太郎が歴代の現場ボス(同一人物によるHN使い回しの可能性もあり)、はるみと有象無象が拡散担当。
(引用以上)



 真カミカゼはあからさまな批判、罵倒から始まってハードランディング・ゲームで情報収集と誘導を試みました。真土無はハードランディング・ゲームを引き継いだところから始まって上手くいかず、あからさまに工作活動のテキストを残し、工作活動を扇動したところで終わりました。
 真太郎は元から余命ブログに入り込んでいる工作員と共同歩調?で数か月かけて信頼感を演出してきたという見方ができます。5月から詭弁が混じるようになったところで反撃を受け、先日の余命さんの判断を経て現在に至ります。
余命ブログ、2016年6月22日記事「895 2016年都知事選10」、真太郎残留、信濃投稿受付不可)
余命ブログ、2016年6月25日記事「917 巷間アラカルト25」、信濃投稿再び掲載)

【信濃雑感】 真・カミカゼ様のご指摘に対する当ブログの回答 2016.3.9
【拡散希望】 真・カミカゼ様主催「ハードランディングのシナリオを考える」は危険行為 2016.3.10
真・土無様(真・カミカゼブログ)「ハードランディングのシナリオ」は危うい文書 2016.3.18
真・土無様(真・カミカゼブログ)「ハードランディングのシナリオ」は危うい文書、その2 2016.3.20
【注意喚起】 真・土無(真・カミカゼブログ)、偽計業務妨害の教唆の発信あり 2016.3.23
【信濃雑感】 ネット工作員への協力者、その末路に関する一考察 2016.3.26
…↑真土無が工作員である証拠を含む
真太郎さん特集(2016.5)、ご判断は読者さん各位で 2016.5.18
真太郎さん特集、その2(2016.1~2016.5)、ご判断は読者さん各位で 2016.5.20
真太郎さん特集、その3(2016.6)、ご判断は読者さん各位で 2016.6.12
真太郎さん特集、その4(2016.6)、おまえは許さん! 2016.6.14
真太郎氏!裁判官は判決が気に入らないという理由で刑事告発できないよ 2016.6.17
真太郎氏!余命ブログに貴殿の投稿の今後一切の削除依頼を出した 2016.6.19
余命さん、あなたは自分のしてることが分かっているのか? →発言撤回 2016.6.22
真太郎氏!あんた自分が神だと思ってるんだな 2016.6.22

おまけ
万里の河さん特集(2015.11~2016.3)、ご判断は読者さん各位で 2016.3.31



真カミカゼと真土無のブログに対する真太郎の投稿 (2016.6.26、14:00追記)

 真カミカゼブログに真太郎の投稿がありました。真太郎は余命ブログ以外にコメントしないと言っていますが、真カミカゼブログのコメントを読むと真太郎本人であるものと推察されます。これより、真太郎は真カミカゼ一派と推察します。
 また、同一人物という疑惑があった真太郎と真土無は、別人の可能性が高くなりました。ただし、同一人物によるH/N使い回しの可能性も否定できません。余命ブログ側が見ている可能性を考慮して、H/Nを使い回している可能性があります。

真・土無 2016年3月27日 冷静に何をすべきか
ournamekamikazeのブログ(真カミカゼブログ)、2016-03-27 09:30:55
魚拓、2016.6.25付
http://web.archive.org/web/20160623165935/http://ameblo.jp/ournamekamikaze/entry-12143619366.html
魚拓、2016.3.31付
http://web.archive.org/web/20160331130506/http://ournamekamikazeameblo.jp//entry-12143619366.html

コメントNo.4
毛虫駆除
真・土無さんは余命一味に抹殺されたとの真偽不明の情報がありますが、ここのコメント欄が生きているようであればコメントさせてください。

信濃太郎という、石頭でカッカ、カッカと好戦的なエセ保守と余命の分断に成功しました。そもそも、余命の寄付、おかしいですよ。桜井さんの選挙の供託金になるのでしょうか?供託金300万円は没収されて裁判支援資金がなくなるんでしょうね。実に爆笑モノです。お金払って騙された人は今更自分の過ちを認めることができず、今まで異常に余命マンセーを続けるのでしょうね。

信濃太郎(笑)が私と一緒に余命潰しに勤しむのを楽しみにしています。真・土無さんの命がけの働きは無駄にはしません。
真太郎
2016-06-23 10:14:56

コメントNo.2
Re:余命ブログのコメントについて
真太郎さん
分析ありがとうございます。
個人的には、かなり的を得た内容だと思います。

余命ブログの535にて、「今月初めから急に新しい読者がふえてきた。注意してみていると内容に両極端なものがある。特徴として長文で、余命の方針に賛成の論調の中に、極端な表現をはめこんでいる。」と余命爺が言ってます。これらの極端な書き込みを行っているのが、余命を意図して攻撃している者か、それとも、もともと余命の熱心な読者で今までコメントを書いていなかったものの、現在の状況が許せなくなって怒って過激な書き込みを始めた者か。両方いるでしょうが、実は後者がかなり多いと踏んでいます。
意識してなりすましていないにもかかわらず余命爺になりすまし認定されて「訴える」とか言われたら、ただでさえ頭がカッカしているわけですし「裏切られた!」と暴れるのは明らかです。余命プロジェクトが先にハードランディングになってしまう、そう危惧しています。
私が余命爺の立場でしたら、過激派を遠慮無くパージして穏健路線に戻りたいところですが、本の売上が確実に落ちるのが問題です。良心を取るか、お金を取るかのどちらかです。
ournamekamikaze
2016-03-27 18:27:38

コメントNo.1
余命ブログのコメントについて
はじめました。
真・土無様をリスペクトしている真・太郎、略して真太郎です。

最近、余命さんのブログで掲載されているコメントが減っています。私なりの考察について、真・土無様のご意見を伺いたいです。

一連のなりすまし騒動が始まってから、記事あたりの掲載コメント数が少なくなっています。個人的にお気に入りでした、夜霧さんのような面白い方も消えています。一方、掲載許可のでたコメントの多くが、本文に採用されています。そして、これらのコメントを書いている人の名前は、大和心さんや豆腐おかかさんのところで見かけるものばかりです。同じようなメンバーで3ブログのコメント欄を回しているように見えます。

多くの穏健派の方が、過激化する余命についていけなくなって、脱落していっているのでは、と感じます。また、過激な人が一人あたりのコメント数を増やし、それら全てが過激なコメントのように感じます。余命のコメントも「本の複数冊購入は当然!人にばらまくのは義務!」というものばかり。普通の人は、正直言って、引きます。

これが工作員の作戦だとしたら、大成功ではないのでしょうか。余命2冊めの売上部数、1冊めに比べてかなり少なくなっていて、青林堂から部数を聞かされた余命がぶちきれている感じがします。

余命の読者のサイレントマジョリティだった穏健派が脱落していった以上、余命は尻すぼみでしょうね。
真太郎
2016-03-27 16:36:25
(引用以上)
(追記以上)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4.伏見一派

余命ブログ、2016年6月25日記事「917 巷間アラカルト25」
全体像の考察
(中略)
 皇室叩き担当が伏見ブログ、でれでれ草、BBの覚醒記録、アリエスの雑記帳、remmikki のブログ、他にもいる可能性あり。皇室叩き担当のうち、伏見ブログがほら吹きダンスの犬(下っ端)、BBが現場ボス?、その他が拡散担当。
(引用以上)



?なブログリスト(閲覧は読者さんの自由ですが) 2016.3.16

余命陣営への脅迫、攻撃
余命翁・豆腐おかか様に殺人教唆とサイバー攻撃呼び掛け、サイバー攻撃の方は対処法ありませんか? 2016.3.12
【緊急拡散】 不逞鮮人に注意! 余命さん・豆腐おかかさんに殺人教唆あり 2016.3.12
【注意喚起】 伏見あきまさ、脅迫教唆とも受け取れる発信あり 2016.3.22

※参考記事 (2016.7.18追記)
2016年3月 なりすまし&妨害行為のまとめ(~3/27)
…春、不遠。様、2016年03月28日記事
…当時の魚拓一覧あり
(追記以上)

皇室関連検証ブログ(日本人保守層側)への脅迫
伏見あきまさ、今度は脅迫!だまれ犯罪ブログ!殺人教唆だけでは足りないのか! 2016.6.16



伏見ブログ(犯罪ブログ)の盟友

・BBの覚醒記録 ttp://blog.goo.ne.jp/inoribito_001
・アリエスの雑記帳 ttp://ariesgirl.exblog.jp/
・でれでれ草 ttp://e-vis.hatenablog.com/
・remmikki のブログ ttp://blog.livedoor.jp/remmikki/

【緊急】読者の皆様、余命ブログと豆腐おかかが、私や「盟友」のブログに悪意の攻撃を続けています(怒)
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」、2016-03-12 02:10:13 | 皇室
ttp://blog.goo.ne.jp/duque21/e/2c532384b48e7ad905ae31e6fe19ad58
数日前から、気になっていたことですが、「余命一年死にぞこない日記」H/N「カズ」が、
その手下どもを使い、私やBB様、でれでれ草様、アリエスの雑記帳様、REMIKKI様を、
「組織的な悪意の根拠なき誹謗中傷」で、貶めようとしています。
「はねっ返り野郎」は、筆頭が、「待ち望むもの」という、「余命のコピーサイト」を運営している、
「豆腐おかか」と言う、低学歴B層ニートです。
「豆腐おかか」の私や、盟友のサイトに対する、「悪質な誹謗中傷」が以前から続いていたことは
「読者」の「毒舌婆」様から、ご忠告が有りました。
同じレベルで、争うこと自体が穢れなので、無視していましたが、「豆腐おかか」
(管理人名からして低能ニート)はツィッターも使って、誹謗中傷を繰り返すので、
やむを得ずして、「自己防衛」せざるを得なくなりました。低学歴ニートの「豆腐おかか」は、
BB様や、でれでれ草様にも、粘着して、嫌がらせをしていました。
★この「小チンピラ」「豆腐おかか」は、野放しにすることはできないので、あらゆる合法的な手段を使って、
「社会的に抹殺」するつもりです。
そうは言っても、「黒幕」として、「豆腐おかか」や「大和心への回帰」を操っているのは、
「余命のアルツハイマー爺」なので、出自の怪しい「シナ大陸からの引き揚げ者」にも、
「何らかの落とし前」をつけさせるつもりです。
(後略)
(引用以上、原文ママ)



BBの覚醒記録
比較的巧妙、かつ、目に余る皇室への罵倒を展開する

「BBの覚醒記録」に関する検証記事
憲法一条の会様、ホーム >> 検証 >> 検証5「道具としての嫌韓」
 Twitterやブログで暗躍する、皇室バッシングを行う者の 典型的なプロフィールは、「嫌中・嫌韓」「創価学会批判」そして「東宮両殿下批判」というものです。しかしながら記事の割合を見ると、ほぼすべてが東宮殿下、東宮妃殿下そして愛子内親王殿下の誹謗中傷に終始しており、それが彼らの存在の糧になっているように見受けられます。
 率直に表現するならば「本当に皇室を敬愛する人物が、嬉々としてこんな記事を掲載するだろうか」と疑問を感ぜざるをえない内容です。畏れ多いことに皇族の方々の画像を多く使用しており、皇太子同妃両殿下のご肖像に大きくバツ印が書かれているものが目に入った時には筆者はまるで、血液が濁っていくような気持ちの悪さを感じました。
 使用されている写真はどれも、とりわけ皇太子妃殿下の印象を悪くするような配置、加工が施されており、例えば般若の面と皇太子妃殿下のご肖像を並べたり、動画を一時停止させて眼が半開きになった瞬間を切り取った物等が多く見られます。

 ブログ「BBの覚醒記録」には皇太子妃殿下を罵倒する記事にまぎれて、かなりの割合で「嫌韓」「嫌中」記事が掲載されています。少し考えてみるとわかるのですが、もしこのブログが100パーセント、皇太子妃殿下批判で構成されていたら、保守派を自認する読者を集めるような状況にはならなかったのではないでしょうか。
 それらは典型的な「在日特権」「韓国の反日」などを汚い言葉で指摘するもので、おそらくネットユーザーは、ここに転載されたニュース記事で中国の覇権主義や韓国政府の横暴にいらだちをつのらせつつ溜飲を下げ、あるいは拉致問題に関する不満な思いを共有し、行動力のある人なら署名に参加したりとアクションを起こしているのだと推察できます。

 満載の嫌韓記事の中には、皇太子妃殿下と韓国、あるいは創価学会や中国とを絡め、これらと癒着していると強弁する捏造記事が散見します。例えば「反日韓国が皇太子妃雅子殿下の銅像をオアフ島の国立朝鮮戦争記念館に建てている」という情報です。
 しかし、指摘されている(KoreanWar National Museum)はスプリングフィールドにあり、画像にある像は朝鮮戦争史家のKyle Kopitke氏の私設の記念館(2004年閉鎖)所蔵で、雅子殿下を模したとも断定し難いものです。この施設には、他には李承晩と盧武鉉が一緒に国旗を揚げる像も展示されており、話題にするほどの施設ではない事は明白です。
 創価学会関連では「ブラジルでカルト創価学会祝賀行事に出席し祝辞まで述べた徳仁皇太子。もはや神道の祭司長である天皇の位を継承する資格はない」という見出しの記事ですがこれも、日系移民100周年記念を祝うパラナ州知事主催の昼食会に皇太子殿下が参加されたのを「ブラジルでの創価学会の祝賀行事」とわざわざねつ造して広めています。

 Twitterにおいての皇室批判は大抵がブログの受け売りに終始しており、これら捏造記事を事実であるとして断定的に紹介しています。

 いくら虚偽だと指摘されようとも、彼らは捏造情報を事実だと言ってはばかりません。要するにそれらが事実かどうかの裏付けは関係なく、皇太子妃殿下の悪い印象を与えるためには、いくら指摘されようとも意に介さず繰り返し捏造を元に誹謗し続けるというまさに中国共産党のようなプロパガンダ体質を見せています。
 言いたい放題を書き、指摘されても訂正すらしない。前述したような自称保守ブロガーは、目的は皇室を貶める事であり、保守派への隠れ蓑のためにいわゆる「アリバイ工作」として過激な嫌韓記事を掲載していると見るのが丁度良いでしょう。

 これまでの日本では、ヘイトスピーチを巡る一連の動きにみられるように保守派、ナショナリズムが「歴史の歪曲」「排外主義」や「人種差別意識」と結びつけて論じられてきました。
 それを踏まえれば、上に示したブログの意図は、「保守の劣化」や、「人種差別者としてレッテルを貼りマスコミを通じて非難させやすくする」ことを狙った工作活動ではないかとも推察されます。「皇太子殿下が朝鮮に懐柔されている」と妄言を書けば、コメント欄はそれを鵜呑みにしたブロガーの信奉者の悲憤慷慨と、批判の嵐で満ちていきます

 このような状況がたとえ一部でもまかりとおるというのは、国民の、皇室に対する視線を冷たくしていきます。それと同時に、他国への汚い言葉遣いは、保守派は人種差別的傾向が強いと判断される都合の良い材料になります。
 脊髄反射的に「創価学会」等、特定のキーワードを目にして逆上し、情報の精査も無しに信じ込み暴走すると、結果として信用や味方を失い、目標を破壊してしまいます。一歩間違えれば、歴史的責任を問われることになるでしょう。
 ガセ情報をシャットアウトできるよう、リテラシーを磨くことも国民の大切な課題だと認識する事が必要です。
(引用以上)



でれでれ草
伏見ブログ(犯罪ブログ)の内容を肯定的論調で度々、転載。現在も転載継続中。

保守砲@ドカドカ㉗ リアル妄想時事日記・余命三年時事日記、2016-03-27
ttp://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/03/27/201536
…当ブログも名指しで嫌われてます
守砲@ドカドカ㉜【転載】余命三年時事日記・偽計業務妨害罪成立、2016-04-02
ttp://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/04/02/192001
保守砲@ドカドカ㉟【転載】刑法と対策・官邸メール、2016-04-03
ttp://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/04/03/213352
保守砲@ドカドカ㊱【転載】過去に集団投稿された方「そうだ、自首しよう」、2016-04-03
ttp://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/04/03/220613
(追記)保守砲ドカドカ㊲@官邸メールに参加してしまった方、2016-04-04
ttp://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/04/04/193739



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5.伏見と真土無、伏見と真太郎、ホラミの関係
(見出し文変更、2016.7.18)

余命ブログ、2016年6月25日記事「917 巷間アラカルト25」
全体像の考察
(中略)
 過去、伏見ブログに真土無がコメント投稿したことから、余命さん叩き担当と皇室叩き担当は裏で繋がっている。ホラミは双方の担当に繋がっている。
(引用以上)



※伏見と真太郎の関係 (2016.7.18追記)
伏見あきまさと真太郎のコラボ、二人は外患罪だろう 2016.7.11
(追記以上)


 ホラミは私に対する殺害予告文、並びに、豆腐おかかさん(待ち望むもの様管理人)に対する脅迫文を投稿した人物。またホラミは、伏見を「ホラダンスの犬」と呼んで紹介するかのような文章を待ち望むもの様のコメント欄に投稿しています(ホラミのコメントは削除済み)。

信濃に殺害予告きた!同志の皆様、万が一の時には後を頼みます 2016.4.27

時事アラカルト雑記など、待ち望むもの様、
荒らしと思われるコメント、それからホラミさんの書き込みは気持ち悪い、など苦情がきていますので、非公開にさせていただきます。おそらく私以外の第三者への脅迫などを書いて、当ブログにその責任をなすりつけようとする意図だと思われます。
 ホラミさんは神州を再生を願うブログにも、書き込みをしています。悪質です。
(引用以上)

[伝言] 『待ち望むもの』に恫喝書き込みを続けている「ホラミ」君へ/人道的通報を推奨
納豆炒飯と青いパラシュート(保守左派ブログ:楚練のボヤキ)様、2016-04-20 18:38:53



伏見ブログに対する真土無の投稿

魚拓一覧
2016年3月 なりすまし&妨害行為のまとめ(~3/27)
春、不遠。様、2016年03月28日記事

【余命の大嘘】口では余裕こいてるが、こっそり拙ブログを読みに来ている(笑)無限拡散
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ、2016-03-24 07:37:32 | 皇室
http://web.archive.org/web/20160325034447/http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/447580eb6a971b7441ec316599f96210
Unknown (真・土無)
2016-03-24 10:38:18
余命爺って極左運動真っ盛りのときに青春送ったのか。
この歳になっても保守ぶって革命運動をやりたいのね。
http://kenjya.org/kokunai7.html
余命爺は愛国保守ぶってる革命家です。
公安に捕まるべき南京虫です。
(引用以上)

【余命の終わり】矛盾に気づき、豆腐おかかを嫌い確実に離れていく読者たち(笑)無限拡散
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ、2016-03-23 18:17:39 | 皇室
http://web.archive.org/web/20160325034818/http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/0710850bd082fe6252fb43aa7bf58395
豆腐おかかトリップ廃止(笑) (真・土無)
2016-03-23 20:58:21
荒らしにマジレスするなど大混乱を引き起こした
豆腐おかかのトリップ、廃止に追い込めました!大勝利!
荒らしサイドのコメントが掲載されるなど、
豆腐おかかのザルっぷりがくっきりしました!
そういえばクミトービンのLA住みが嘘、
Kate Berettがウリスト教会通いらしいですね。
やはり余命の仲間は腐ってます。
(引用以上)

【警告】臆病者の大和心のホモ達、ゲティ&ゼノパパ、URL調べて会いに行くから(笑)
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ、2016-03-23 00:58:35 | 皇室
http://web.archive.org/web/20160325035004/http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/dc47c0c794dc90f639856656e6fb901a
Unknown (真・土無)
2016-03-23 10:57:58
余命のKate Beckett、ウリテスタントだったんですね。
余命三代目はウリスト教徒、シナが余命を援護射撃、
この可能性ありますね。
なお、「真・土無」 は名乗り放題の名前になったそうで。
工作にガンガン使いましょう。
http://ameblo.jp/ournamekamikaze/entry-12142196471.html
(引用以上)

【C.R.A.Cの諸君へ】ヘイト本「余命三年時事日記」の著者は「朝鮮族」で民族の裏切者だ、無限拡散
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ、2016-03-22 03:55:56 | 皇室
http://web.archive.org/web/20160325035308/http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/491420859fab16a0315fad381f229685
Unknown (せみょう)
2016-03-22 06:14:11
売れに売れて?
ないない。
ネット書店(アマゾン)限定にしてランキングを上げているだけ。
私も初代のころからブログは読んでいました。
3代目になって、読みにくくなってからも読んでいますが、あの読みにくさに、最初の本を読んでブログに誘導できても脱落した人も多いと思います。3冊目がファンレターのまとめなら、読者は更に限定されるでしょう。
致命的だったのは、3月3日の書き込みです。
「余命の記事に違和感を感じたり批判する方はそれだけで反日が確定する。」
まともな文化人を文革と天安門で殺しまくって、もう愚民しかいない中国なら、皇帝への恐怖が遺伝子にまで書き込まれている朝鮮人なら、これで洗脳完了だったでしょうが、太古の時代から合議制で政治を行ってきた日本人は、自分の頭で考える知恵を重んじ、言論の自由を保障された先進国で育った日本人は、このような教祖然とした言動にはセンサーが働く。
今や、余命のコメント欄に書く人も限られてきてます。

Unknown (真・土無)
2016-03-22 10:26:32
せみょう様
>致命的だったのは、3月3日の書き込みです。
>「余命の記事に違和感を感じたり批判する方はそれだけで反日が確定する。」

まさにその通りです。
先任がぶちきれてこういう投稿をしましたが、
ああ書いた三代目余命に反日認定されるのは
恥ずかしいことではありません。
違和感を感じるのは日本人として当然です。
http://ameblo.jp/ournamekamikaze/entry-12136156338.html
(引用以上)

【余命一派分裂加速】覚醒されていく信者達、転載フリー
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」、2016-03-21 16:52:01 | 皇室
http://web.archive.org/web/20160325035509/http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/9b80e185e910e50d957bfc1407a799c3
緊急 (真・土無)
2016-03-21 17:13:50
最近、私の身の回りに不審なことが起きています。
妙な物音がしたり、玄関のまわりのものの場所が
微妙に動いていたりします。
もちろん、警戒は怠りませんし、
警察にも相談に行きました。
なにかあったら、そのときは、
「余命プロジェクトの誰かが私に危害を加えた」、
そう判断してください。
余命プロジェクト内では、メンバーはリアルの連絡先を
共有しています。逮捕されるようなことをするバカは
普段はいませんが、私が二足のわらじを履いているのではと
どうやら警戒されているようです。
本が出たばかりというのに、かなりピリピリした雰囲気になっています。
伏見様のブログから私のブログのアクセス数が多いため、
伏見様のところにメッセージを残します。
何事もなければいいのですが。

余命は超強硬派4代目に移行 (真・土無)
2016-03-21 22:08:10
余命ブログの中の人、変わりましたね。
事務所の移転?そんなのありえませんよ。
そういえば、スタッフに日本語がちょっと不自由な、
中国暮らしが長い人がいましたけど、その人に代わったのかな?
中国贔屓なだけあって、暴力的な超強硬派です。
一回だけの代走でなければ、完全に代替わりです。
最近、周りが変な感じがしてた理由、これで納得いきましたよ。
(引用以上)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6.おまけ

現状を知る
ハードランディングを見据えた前哨戦が始まっていると見た方が賢明(自衛の観点から) 2016.3.25

ネット上での自衛
?なブログリスト(閲覧は読者さんの自由ですが) 2016.3.16
ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認) 2016.3.19
【信濃雑感】 ネット工作員への協力者、その末路に関する一考察 2016.3.26
サイバー攻撃対策(ウイルス対策)、有事には個人パソコンも他人事ではない 2016.6.10

自衛の研究
有事関連、おさらいリンク集 2016.6.9
有事対応、短編記事リンク集(有事とは人の命がかかった実戦です) 2016.3.13
【信濃雑感】 大転換2016、対在日抑止力とその限界、歴史から学んでみた 2016.1.16
予備自衛官補、今年も募集あり、初回締切りは4月8日 2016.3.17
有事対応の研究について、東日本大震災の教訓を踏まえて 2016.3.11
生兵法は大怪我のもと、リアルでもネットでも 2016.3.12
護身特集(複数手段を用意し、使い分けてください) 2016.4.7
先人の知恵、当時のコツに学ぶ、朝鮮人との付き合い方 2016.4.22

有事の最低限度
有事・要警戒リスト、近所の方はご注意を 2016.2.24
有事の身分証明は必須、余命さんメッセージ他 2016.2.25
武力攻撃やテロなどから身を守るために、内閣官房・国民保護ポータルサイト 2016.3.6



※2016.7.1追記
 NEWS U.S. 様、記事コメント欄に「伏見の母」を名乗る人物より投稿あり。本物かどうかは不明。自称「伏見の母」からの投稿以後、NEWS U.S. 様のコメント欄では、余命さん、並びに、余命関係者に対する誹謗中傷文の投稿がなくなる。しかし、伏見ブログでは相変わらず誹謗中傷記事を出稿している。(2016.7.1現在)
 もしも本当の母君であれば、お気持ちは分かるが罪を償わせるのが道だと思う。脅迫だけでなく、朝鮮学校を扇動しての殺害教唆、サイバー攻撃教唆と許されるものではない。ここで甘い顔をして許してしまえば、再犯の可能性が高いと考える。被害者側の気持ちも考えていただきたい。

【余命大嘘百連発】靖国神社に電凸、募金者の氏名等を焼いたCDの奉納は、受け付けないとのこと、無限拡散
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」、2016-07-01 12:33:56 | 皇室
ttp://blog.goo.ne.jp/duque21/e/4a46949d9bfdafafbfcb8c79a1f49bf8

【詠み人知らず】カチカチ山の狸と化した余命爺、信者の暴走抑えられず、無限拡散
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」、2016-07-01 10:39:56 | 皇室
ttp://blog.goo.ne.jp/duque21/e/d62ff4c227671ffb326de287e1ae5c95

【韓国崩壊】平昌五輪ついに返上クル━━━━(°∀°)━━━━!!!! 無能組織委員会が今更予算増額を要求!!!! 馬鹿か!!!! 開催まで2年を切り何もかもが手遅れに!!!! 今日も馬鹿チョンが「日本も同じ」「日本と共催だ」などと寝言を言う!!!! 雪すらまともに作れない奴隷民族に未来はない!!!! 2ch「ふーん」「知ってた」「こっちを見るな」、NEWS U.S. 様、2016.6.30記事
Posted by 伏見の母より at 2016年06月30日 14:15

【韓国人発狂】在日が祖国で愛国心アピール ⇒ なぜか違法扱いされボロクソに叩かれるwww ザイニチ嫌われすぎワロタwww、NEWS U.S. 様、2016.6.30記事
Posted by 伏見の母より at 2016年06月30日 14:15

【都知事候補】小池百合子、韓国人学校を白紙にすると明言キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! ⇒ 自民党内部でもファビョる奴が出てくるwww 親韓売国奴一掃クル━━━━(°∀°)━━━━!!!、NEWS U.S. 様、2016.6.30記事
Posted by 伏見の母より at 2016年06月30日 14:16

【韓国崩壊】韓国、AIIBであっさり中国に捨てられるwww 大 発 狂 クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www 2ch「分担金の上乗せを申し出ろ」「3倍にしよう」www、NEWS U.S. 様、2016.6.30記事
Posted by 伏見の母より at 2016年06月30日 16:06
(追記以上)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.6.26、資料追加(14:00)、真カミカゼと真土無のブログに対する真太郎の投稿
※2016.7.1、リンク追加、「6.おまけ」欄
※2016.7.18、リンク追加、「4.伏見一派」欄
※2016.7.18、見出し文変更
「5.伏見、真土無、ホラミの関係」 >> 「5.伏見と真土無、伏見と真太郎、ホラミの関係」

2016年6月23日木曜日

仕切り直しの上、再度、出撃いたします


励まして下さった皆様へ

 ご心配をおかけいたしました。また、コメント欄で励まして下さった皆様、お持ちのブログで励まして下さった皆様、ありがとうございました。
 信濃は重防御を施した正規空母。「神州」(信州・信濃)という艦名を戴いた、大和・武蔵に次ぐ大和型三番艦であります。この程度では沈みません。実戦経験を積み重ね、改修・補給の上で再度、出撃いたします。

信濃とは
自己紹介
wikipedia-信濃(空母)



読者の皆様へ

読者の皆様のお力を信頼いたします。
あとは判断材料となる情報の提供を心掛けます。



余命ブログの支援は継続

余命ブログは日本再生という目的に対して「妥当であろう」と考えます。
当ブログは「7割良ければそれで良し」の考えで今後も支援いたします。
あとは私自身が7割を維持するよう心掛けます。

保守団結するには「7割良ければそれで良し」(櫻井よしこ様、共謀罪の件) 2016.5.1



真太郎氏へ

貴殿はその発言から〇〇〇その上で、「〇〇〇〇〇〇」だな。
しかし、〇〇〇。

真太郎氏!あんた自分が神だと思ってるんだな 2016.6.22

※読者さんのご意見もあり、本稿ではこの発言を取り下げる(2016.6.23、20:20訂正)





仕切り直しの上、再度、出撃いたします

朝だ夜明けだ潮の息吹き
うんと吸い込むあかがね色の
胸に若さの漲る誇り
海の男の艦隊勤務 月月火水木金金

赤い太陽に流れる汗を
拭いてにっこり大砲手入れ
太平洋の波、波、波に
海の男だ艦隊勤務 月月火水木金金

度胸ひとつに火のような錬磨
旗は鳴る鳴るラッパは響く
行くぞ日の丸日本の艦だ
海の男の艦隊勤務 月月火水木金金

どんとぶつかる怒濤の唄に
ゆれる釣床今宵の夢は
明日の戦さのこの腕試し
海の男だ艦隊勤務 月月火水木金金


愛国姫・産経新聞PRモデルの山口采希が歌う「月月火水木金金」
https://www.youtube.com/watch?v=9VlJ2NCyhNQ
塚地風幸 様、2016/03/18 に公開
山口采希の最新情報はこちら→http://www.ayaki-yamaguchi.com/
曲に興味をもたれた方は→http://www.amazon.co.jp/dp/B014WVVHVS
「愛国姫」が日本の心を歌う!
(引用以上)



守るも攻むるも黒鉄(くろがね)の
浮かべる城ぞ 頼みなる
浮かべるその城 日の本の
皇国(みくに)の四方を守るべし
真鉄(まがね)のその艦(ふね)日の本に
仇なす国を攻めよかし

石炭(いわき)の煙は大洋(わだつみ)の
龍(たつ)かとばかり靡(なび)くなり
弾撃つ響きは雷(いかずち)の
聲(こえ)かとばかり響(どよ)むなり
万里の波濤(はとう)を乗り越えて
皇国(みくに)の光 輝かせ

「出航用意!」のラッパに続いて演奏開始、護衛艦・潜水艦の航行シーンあり
演奏:海上自衛隊・佐世保音楽隊
平成27年度自衛隊観艦式 - 出港 行進曲 軍艦 (歌詞付き)3:05
https://www.youtube.com/watch?v=xYko2W3fjSY
Impress Watch 様、2015/10/15 に公開





以下、添付資料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※2016.6.26追記

56.僭越ながら…余命ブログ主様の想いとは。
大和心への回帰様、
「大和心への回帰」の基本的スタンス
①他ブログには干渉しない。介入しない。
②他ブログへの誹謗中傷コメントは行わない。
③自ブログへの攻撃勢力による誹謗・中傷・恫喝・脅迫については乗らない。放置する。
④自ブログへの誹謗中傷コメントは公開しない。
 以上は、拙ブログ出稿の心得として、己(おのれ)自身に課しているものです。本来は、自ら弁(わきま)えていればいいことであり、記事として公開すべきものではありません。しかし、今回信濃太郎様の件について、余命さんの見解がありましたので、この機会に僭越ながら触れさせていただくことにしました。
(引用以上)

雑感~いろいろ~
春、不遠。様、2016年06月23日
 ブログは個人の情報発信ツールです。管理人の流儀が100%反映される領域です。その観点から、ブログ運営を阻害する(と判断される)者が現れたら、管理人の裁量でどうとでもできます。
 ですので、この度の余命プロジェクトチームの判断は、「正しいこと」だと認識しております。「正しいこと」ですが、花菱は好きではありません。好むか好まないかは読者の自由です。さらに、読者の好みは、余命ブログの発信する情報や余命の日本再生計画には、何ら影響はありません。
 「課題は分離しろ」という考え方は、確かアドラー心理学でしたか。それはそれ。これはこれ。自分の課題。相手の問題。花菱は、余命ブログの存在は、日本再生において不可欠であると考えております。そして、信濃氏の考察や情報発信は、余命ブログ論壇において不可欠であると考えております。色々考えるにあたって、ぱよぱよ日記のyosh様や、待ち望むものの豆腐おかか様の考え方は、いつも大いに参考になります。
(引用以上)

ぱよぱよ雑談~20160623
ぱよぱよ日記様、2016/6/23記事
 余命ブログは賛否両論ある場合にはその両意見を掲載して読者に判断をゆだねるスタイルで運用しております。余命が本稿にあげている以上は、その最低限のラインはクリアしての判断になっており、投稿の削除要請は余命の判断と運営を否定している点については理解出来ます。
 真太郎氏の投稿内容を真面目に読んで違和感を感じない読者など少数だと思うし、気にし過ぎなのかなとも思いますし、読者をバカにした発言にも思える部分もあります。この程度の文章で発狂するなら、敵と認識して処理しないとまずいことになります。
 議論を交わす意味というのは、リテラシー能力の観点からも、読者に判断を委ねてるんだと思います。ここらへんの対応について、一読者が削除要請を行うというのは行き過ぎだと思うし、真太郎氏とやってることは同じ次元のようにも思えてしまう一面を抱いてしまいます。
 言い方が悪くなりましたが、真太郎氏のコメントを検証し記事として、読者に提示した意味は大きいし重要だと思います。議論の咬み合わない(何らかの目的を持って動いてる)相手に対して、正面からぶつかるというのはリスクが大きいと思います。正直なところ、今回の騒動について残念に思いますね。。。
(引用以上)

余命雑感
ぱよぱよ日記様、2016/6/24記事
最初に、ぱよぱよ日記のコメント欄の採用NGの基準について記載させていただきます。
・マルチポスト的なもの(他ブログや2chなどのコピペなど)
・誹謗中傷関係
・エントリの内容との関連性が感じられないもの
・投稿する場所を間違えているもの
・客観的な観点で管理人や読者の視点で公開する必要性のないもの
(引用以上)



※2016.6.28追記
 余命ブログは余命さんの個人ブログです。余命さんの方針は受け入れます。読者さんから私に対する批判も掲載されておりましたが、批判は批判として受け止めます。余命さんはじめ皆様からいただいたご厚意に感謝し、改めてお礼申し上げます。

余命ブログ、2016年6月28日記事「927 巷間アラカルト31」
(余命さんコメント)
.....だいぶ近視眼的に考えているな。この件は余命が議論の場を設定している中でのバトルだ。これについては20数件常連投稿者の意見が来ているが、すべて削除している。例外は万里氏だけだ。なぜかというと100%意見が偏っていたためだ。
 やはり討論でも闘論でもいいが、リングの中でルールに従ってもらわなければただの場外乱闘となり、退場というジャッジが下される。当たり前の話だ。この手の議論には余命は従前も今後も一切論評はしないことにしている。
 「議論相手に誹謗中傷とか意見の押さえ込みや削除要求はいかなる読者であってもだめだよ」というのが赤字通告であった。しかし、どうも、この赤字の意味がわかっていないようだな。ふつう出禁対象とした場合は黙って削除するだけである。それをわざわざ赤字通告したのは、ルールを守るならかまいませんよという裏メッセージでもある。
 記事の内容を判断するのは読者であって、余命が誘導するものではない。そもそも余命ブログは主義主張の言論ブログではない。目的を持った実行ブログである。したがって必要なときはそれなりの処置をする。この件は先を見た場合には、落としどころがあって必然的にそうなるというところまでは考えておいていただきたいものだ。
 ある論客がいて、情報発信をしたいとき、現在、余命叩きをしているFブログは1週間で800アクセス、余命は1日で170000アクセス、読者数1日6万人、協力サイトを入れれば10万人という数字は神奈川新聞並みである。どちらをえらぶだろう。
 異論はあるだろうが、ルールを守る限り余命のサイトコメントは常にオープンである。これを失うのは寂しいだろう。それだけの話だよ。

(読者さん投稿、一部抜粋)
 もしかしたら、何か違う、余命様の深いお考えがあっての処置かもしれませんが、信濃太郎様の投稿は、「削除依頼に関しては」一切受付けないに、ご変更いただければ幸いです。できれば、ご検討をお願い申し上げます。

(余命さんコメント)
.....先述したが、まさにご指摘の通りの腹づもりであった。みなさんがわかってくれているのが何よりも心強い。
(引用以上)
(追記以上)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.6.23、表現訂正(20:20)、「真太郎氏へ」欄
※2016.6.26、添付資料追加
※2016.6.28、引用文追加、「添付資料」欄

2016年6月22日水曜日

真太郎氏!あんた自分が神だと思ってるんだな


真太郎氏! あんた、自分が神だと思ってるんだな!

他にも言いたいことはありますが、主題から外れるので黙っていることにします。
主題に関してもこれ以上、何も言うことはありません。



※真太郎氏のブログ、タイトル下の解説
「このぶろぐは余命三年時事日記に書き込んだまたは書き込む前のコメントです」
これより、下記の引用文も余命ブログに投稿されたものと推察します。



信濃太郎様に合わせて返信。追放されるのは真太郎と思っていたので思い切りヒールなコメントを実はしていた。
真太郎氏のブログ、2016/6/21(火) 午後 9:48
ttp://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/17992242.html
魚拓、2016.6.24付
http://web.archive.org/web/20160624034958/http://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/17992242.html
(魚拓を取っていただいた方、ありがとうございました)

くどいですが皆さんは信濃さんを応援して下さい。
 
余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
 
信濃太郎様へ
 真太郎が在日敵国人や売国奴と信じておられるなら、余命プロジェクトチーム様が準備されている個人用刑事告発サイトで真太郎を外患罪で告発されれば良いと思います。
 
>これは貴殿による法の拡大解釈であり、詭弁に過ぎません。韓国による竹島の武力占拠を以て戦時と見做すか否かは、法を執行する政府の判断です。
 
←政府がどのように判断するかは真太郎のも信濃太郎様にも今のところわからないはずです。(ちなみに法の拡大解釈は日本政府もやって来ました。)
 
>再びパレートの法則を当てはめて、素直に信じ込んでしまう方々が2割、疑う方々と反発する方々を合わせて8割とします。この場合、貴殿の詭弁を読んだであろう数万人の方々のうち、素直に信じ込んでしまう方々は数千人、場合によっては数万人いることになります。
 
←真太郎の「詭弁」を信じたら「暴走する」の証明が見当たりません。「自衛隊を呼べ」と警察や知事に電凸する方は出現するかも知れませんね。
 では、仮に「暴走する」としても予想される人数が違います。信濃太郎様が真太郎に反論したため真太郎の「詭弁」を信じる方々はいなくなったはずです。信濃太郎様にも何とかの法則が当てはまり、さらに真太郎ブログよりも信濃太郎様のブログのほうが読者が多いはずですので。
 あと「暴走する方々」の期待値をザックリと求める計算は無限等比級数の和の考え方で行うべきです。再計算をお勧めします。
 
>過去の投稿文を分析した結果、私は貴殿の言葉を信用しません。
←確かに他人の言葉を簡単に鵜呑みにするべきではありません。
 
>それからこれです…おい、真太郎!「交配」とは何様のつもりだ!
←「何様だぁ?お子様だ!」冗談はさておき、何様のつもり?と問われれば神様のつもりと答えます。毎日、生ける神を目指して修行に励んでいますから。
 
>動物扱いか!日本人の暴発を狙ってのことかもしれないが、そんなことはさせない。そして、おまえは絶対に許さん!!!
←ご安心下さい。真太郎は信濃太郎様を許していますので。おきばりやす~
(引用以上)





以下、添付資料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※難しいという感想をお寄せいただいた方へ(2016.6.23追記)

これまでの経緯をご参照ください。

真太郎さん特集(2016.5)、ご判断は読者さん各位で 2016.5.18
…非常に危険な投稿文、国民保護法関連
…(余命ブログ、2016年5月16日記事「738 余命本情報②」 掲載分)
…保守系ジャーナリスト(櫻井よしこ氏、青山繁晴氏)に関する真太郎氏の投稿文の分析

真太郎さん特集、その2(2016.1~2016.5)、ご判断は読者さん各位で 2016.5.20
…非常に危険な投稿文、国民保護法関連
…(余命ブログ、2016年5月19日記事「756 巷間アラカルト64」 掲載分)
…安保法制、国際情勢に関する真太郎氏の投稿文の分析

真太郎さん特集、その3(2016.6)、ご判断は読者さん各位で 2016.6.12
…非常に危険な投稿文、武力攻撃事態法関連
…(余命ブログ、2016年6月13日記事「847 巷間アラカルト102」 掲載分)
…(余命ブログ、2016年6月23日記事「898 川崎デモ事件18」 掲載分)

真太郎さん特集、その4(2016.6)、おまえは許さん! 2016.6.14
…非常に危険な投稿文、武力攻撃事態法関連
…(余命ブログ、2016年6月23日記事「880 川崎デモ事件109」 掲載分)

真太郎氏!裁判官は判決が気に入らないという理由で刑事告発できないよ 2016.6.17
…非常識な投稿文

真太郎氏!余命ブログに貴殿の投稿の今後一切の削除依頼を出した 2016.6.19
…非常に危険な投稿文
…(余命ブログ、2016年6月22日記事「895 2016年都知事選10」 掲載分)
…(余命ブログ、2016年6月23日記事「897 巷間アラカルト117」 掲載分)

余命さん、あなたは自分のしてることが分かっているのか? 2016.6.22
…(余命ブログ、2016年6月22日記事「895 2016年都知事選10」 掲載分)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.6.23、添付資料追加
※2016.6.30、リンク追加、冒頭の魚拓(2016.6.24付)