余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年6月21日火曜日

余命、書籍・ブログ・拡散関連記事抜粋、2016年6月中旬


※余命ブログの更新に追いついておりませんが、分類・整理は続けてまいります。



大事だと思うこと

余命ブログ、2016年6月9日記事「835 川崎デモ事件⑦」より抜粋して引用
 川崎デモ主催の五十六パパ氏からメッセージがあった。当日は命の危険を感じるほど険悪な状況凶だったようだ。「参加者のみなさんに感謝の意を伝えていただければ幸甚」ということで、お伝えしておく。
 すでに保守が動き出している。真の保守と似非保守のあぶり出しも進むだろう。やっと日本再生がはじまった。
(引用以上)

余命ブログ、2016年6月2日記事「797 巷間アラカルト797」より抜粋して引用
(読者さん投稿)
祝Amazon総合ランキング5位!
 余命スタッフご一同様、読者の皆様こんにちは。
 『余命三年時事日記』がなんとAmazonの和書総合ランキング2016年上半期に堂々の【5位】入賞です!本当におめでとうございます。リアル書店が発売当時総崩れだったとはいえ、Amazonの本カテゴリ総合5位は簡単に取れるものではないと思います。
 サミットも予想以上の成果は出たし、消費税増税もとりあえず延期になったので今度は私達国民が頑張るターンですね。取り急ぎご報告まで。
(引用以上)

余命ブログ、2016年5月24日記事「787 余命本情報⑲」より抜粋して引用
 また、ご承知の通り宗教施設や九条の会等と同様に、明日以降は状況次第で何があってもおかしくない。つまり余命本を置かない書店は反日勢力の拠点となりかねない。過去ログのハンドブック情報と余命本情報をチェックして近隣の反日書店を確認して近づかないようにしていただきたい。
(引用以上)

余命ブログ、2016年5月22日記事「768 巷間アラカルト67」より抜粋して引用
.....正直、キーボードを叩くだけで在日や反日勢力をここまで追い込めるとは思っていなかった。2009年に朝鮮傀儡政権民主党が政権を奪取して、日本征服完了宣言がだされるところまでいったのだから、現状が信じられないのは余命だけではないだろう。
 結果を出すにはまだひと山ふた山あるだろう。ソフトランディングはほぼ不可能だからこれからが正念場である。
(引用以上)

余命ブログ、2016年5月15日記事「735 巷間アラカルト56」より抜粋して引用
(読者さん投稿)
 本文中の「雑多な文章が乱立していて、どこに大事な情報があるのか分からない。」とのご意見を観て改めて思いました。
 「日本人は、情報がタダだと、無償なのが当たり前だと思い込んでいるみたいだ。」
 どこで見聞きしたのか忘れましたが、正に、、、。金や代償を払って得た物であれば、それに見合うだけの価値があるかどうか等の精査をする人も多いかもしれない。
 新聞・テレビが嘘をつくわけがない。マスメディアから与えられた情報は全てが事実である。生まれてからずっと何十年も、それが当たり前で疑う余地もなく、ほぼ無意識に受け入れていた。悪意に満ちた意図的な情報だと全く疑いも知りもせずに。
 ただ、情報を与えられただけで、事実を知り得ただけでは今後も常に右へ左へ困惑する機会は減らないと思います。
 出来る出来ないは仕方がないことだと思いますが、やるやらないは自分の意識の問題です。物事を正確に読み取る術を身に付けようという意識がなければ、自分では抜け出せていたと、覚醒したと思っていても最悪、また気がつかぬうちに利用されるだけです。
(余命さんコメント)
.....意識して混ぜ込んでいるからな。相手のあることで戦闘中なんだから仕方がない。
(引用以上)

信濃注:怪しい文章でもある程度、掲載せざるを得ない。 (以上)

余命ブログ、2016年4月27日記事「663 2016425」より抜粋して引用
 また読者のみなさんには、誹謗中傷やテロ発言をしている者の魚拓の確保をお願いしたい。竹島が実質武力占領されている事態は、外患罪の適用が可能である。告発に向けての準備をお願いしたい。近々に詳細をお知らせするつもりである。
(引用以上)

余命ブログ、2016年3月31日記事「550 なりすまし事件③」
(読者さん投稿)
 こういう場では必ず先鋭化した方が必ず出てきて「お花畑」(この呼び方もあまり好きではないですが)な人たちや、まだあまり関心の無い方々を見捨てる類の発言や、自分達は正しい事を知っている、知らない人とは違うという上から目線な態度をとったりなコメントがちらほらあり、首をかしげていたのですが、そのうちの何割かはなりすましだったのかなと。
 なぜなら今は最も味方のほしい時期で、無関心な人には少しでも興味を持ってもらったり疑問を持っている人にも上から押し付けではなく一緒に考えたりといった粘り強い行動こそが大事だと思っています。
 少し自分の理想とズレがあると、同じ方向を向いていても敵と認定してしまう、ある意味潔癖な方もいるので見分けはつきにくいんですが。潔癖さにも仕方ないところがあり、今までの反動が大きすぎるのだと思っています。今まで表に出てこなかった数々の事実を知ってしまった人たちはハードランディングを望んでしまうほど、はやる気持ちが爆発寸前なのでしょう。
 原発はないほうがいいけど今はまだ必要と言う意見を、反原発の人が「原発推進派」と決め付けてしまうのがいい例で、その人の理想に100%賛同しなければ敵、では増える味方も増えません。日本人なら」という言葉、日本人なら同じ感情を持つはずという純粋さや信頼は、排他的な方向に行く危険性があるのですよね……
 100点満点や100%の団結、パーフェクトを求めすぎて分裂するより70点ぐらいでいいやぐらいのゆるいつながるりのほうがうまく行く気がします。
(引用以上)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

抜粋記事一覧

余命ブログ、2016年6月16日記事「859 選挙関係アラカルト21」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年6月14日記事「856 巷間アラカルト106」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年6月14日記事「855 巷間アラカルト105」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年6月14日記事「854 巷間アラカルト104」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年6月13日記事「851 余命本情報28」より全文引用
余命ブログ、2016年6月13日記事「850 巷間アラカルト103」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年6月13日記事「847 巷間アラカルト102」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年6月12日記事「846 巷間アラカルト101」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年6月12日記事「845 巷間アラカルト100」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年6月11日記事「844 余命本情報27」より全文引用
余命ブログ、2016年6月11日記事「843 巷間アラカルト99」より抜粋して引用
余命ブログ、2016年6月11日記事「842 巷間アラカルト98」より抜粋して引用



以下、抜粋記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月16日記事「859 選挙関係アラカルト21」より抜粋して引用

.....既報の通り、都知事選に桜井誠氏が立候補することになった。参院選が7月10日、都知事選が7月14日告示、投開票7月31日である。
 前回の都知事選において、桝添を押した自民党であるが、対立候補が宇都宮と細川ではやむを得ぬ選択であったことは過去ログで記述している。いざとなればいつでも切れるとした安倍総理の戦略を今、あらためて記述する必要はあるまい。

 余命はあまりにも非力な1ブログであるが、事象の読みと解説で少しでも日本再生の役に立てる情報の発信を続けたいと思っている。
 余命読者にはもう常識の手法であるが、余命は既成、既存の事実を元に解説記事を書き、戦略を立てている。現在進行形の事案を考察し、予想するシナリオを書く場合には上下左右の挟み込みを使う。1月から7月31日の確定事案の日程を時系列に並べてみれば、現在の状況がなるべくしてなったことがわかる。
 安倍総理が弱ったふりをしたときは裏があるとは、もう常識で、参院選公示前の桝添切り捨て、議会日程から逆算すると21日までの辞任。であれば本線は15日として会談を予定していたのだ。緊急会談というのは午後3時の予定が正午になっただけの話であった。
 本日中に一報を流しておくかということで、余命が第一発信したのだが、正直言って驚いたな。2chではコメントが1000こえでストップ。他のサイトでも凄いのびである。デマ、ガセのサイトからの発信を元記事にするかねえ...。
 ちらっと覗いてみたが、要するに恐怖症なんだな。概算8割程度は在日の書き込みだね。まあ、ピント外れのコメントばかりだが、何か誹謗中傷のオンパレードは手段がないときのパターンで、なぜか哀れを感じてしまった。
 余命との提携にふれたコメントはわずかに1件。おそらくどこからか、ふれるなと命令が出ているのだろう。コメントは余命の余の字もふれないで、桜井氏を叩き続けるものばかりだが、簡単な話が、双方提携の影響ががただ恐ろしいだけで見えていないのだろう。

1.公的な保障された場での主義主張の発信。
2.妨害する者は法的に罰則。
3.メディアの不当差別報道がやりにくい。
4.都知事としての公約を具体的に発信できる。

 まあ、立候補となればいろいろなことが可能となる。諸般の状況を冷静に分析すれば当選は厳しいかもしれないが、堂々と電波で候補者演説が流される。街頭演説ではすきなだけ主義主張を叫ぶことができる。そこに在特会や在日特権の話、大嫌韓日記から余命三年時事日記の話まで出てくるとすれば、この立候補は日本人覚醒の素晴らしい場となるだろう。
 妨害行為は徹底的に記録保存して違反告発すればいいのだ。さて、どこまで押さえ込めるかお手並み拝見である。メディアの報道も全部チェックしておけば、外患罪案件の証拠にも使える。国民監視の中で在日や反日勢力がどこまで妨害できるか注目だな。
 桜井氏は普段から朝鮮人学校の補助金廃止、在日生活保護の撤廃等、いわゆる在日特権の知事権限で行えるものは、すべて廃止の意向である。つまり、既存の政党とは、はっきりとした行動力と実行力を持っている。
 デマ、ガセ妄想ブログの発信が元記事になるようでは時代が確かに変わっている。中国の動きも軍艦船の領海侵入は笑っていられる状況ではなくなってきた。すでに竹島では武力占領状況である。在日や反日日本人諸君、頑張らなければ外患罪待ったなしとなるぞ。まあ、まじめに、お互い祖国のために頑張ろう。(ただし反日日本人は除く)
 ちょっと前に覗いたら、この記事関連だけで、もう50をこえている。とりあえずこの関連記事を優先して整理することにする。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月14日記事「856 巷間アラカルト106」より抜粋して引用

日南子
余命様・皆々様
 色々とお忙しい時に申し訳ありません、私が時々訪れる岡崎研究所HPをご紹介させて下さい。既に同じような内容が動画などで紹介されていますのでお邪魔でしたら削除お願い致します。
 本文は4千字ほどになります。

*************************************
世界における日本人
by 岡崎久彦 on 2013年6月 4日 16:38

 日本人とは一体何者なのだろうか?
 それが最近改めて問われたのは、東日本大震災以来である。
 在日米軍は、大震災と津波の報に接して、時を措かずに「ともだち作戦」を実行した。現地の交通が途絶しているなかで、沖合に空母を浮かべて、ヘリや上陸用舟艇等の機動力をフルに使って救援活動に従事した。
 ところが、行ってみると、全てが驚嘆することばかりだったという。どこに行っても、住民から礼儀正しい感謝の念を以て迎えられる。救援物資を提供すると、この場所はまだ大丈夫だから、他にもっと困っている地域があるなら持って行って欲しいと言われる。
 混乱に乗じたいかなる犯罪行為も暴力にも遭遇しない。すべての活動において、ピストル一梃を携帯する必要もなかった。アメリカでもカトリーヌ台風に襲われたニュー・オーリンズではこうは行かなかった、と言うのである。
 そして、感想を漏らしたという。「文明国、シヴィライズド・ネイションとはこういうものか!」と。

 こうした日本人の特質は、大震災の前から指摘はされていた。日本が財政赤字と少子高齢化社会を抱え、平成に入って以来、長い経済的停滞に沈み、中国に追い越されても、なすすべもなく、政治では、鳩山、菅と、おそらくは日本憲政史上最低の内閣が続き、もう日本はおしまいだと言われた時期があった。
 そうした中でも、アメリカの日本専門家たちは、―もちろんそれが彼らの役割であるのであるがー日本を弁護する論陣を張っていた。
 こうした日本への期待が最低の時期にマイケル・オースリンは言っている。
 「これだけの社会的変動にもかかわらず、今でも、日本は一体性のある、犯罪の少ない、安定した社会である。殺人率は10万人について0.5人という驚くべき低さであり、しかもその過半数は親類、知己の間である。(強盗殺人はほとんど無いの意)教育水準も高いままである。国民は政治経済の停滞に不満ではあるが、ロシア人のように飲んだくれているわけでもなく、中国人のように暴動に訴えているわけでもない。・・・」
 その前から良く言われていることは、東京は、世界でただ一つ、夜中に女性が一人で歩いても安全な都市であるということであり、お釣り銭を確かめずにそのままポケットに入れる唯一の国民だということである。お互いを完全に信頼し合って生きているのである。

 それがどこから来るのか、それが国家の将来にとってどういう意味があるのか、長い間、漠然と、その意味を探ろうと思っていた。
 今年私は長谷川三千子女史と『日本の民主主義に将来はあるか』と言う対談本を出した。そして、古代ギリシャにおける民主主義の発生とそれが辿った歴史、そして、ノルマン人の支配の下のアングロサクソン社会において生まれた民主主義とその近代の発展、そして、それのフランス、アメリカへの波及の経緯を論じているうちに、一国の政治と言うものは、その国の地理的歴史的環境、その民族の伝統を越えられないものであることがわかってきた。
 それならば、こういう日本特有の国民性の淵源はどこに求めたらよいのであろうか。そしてそれが日本の政治の将来にどういう影響をもたらすのだろうか。こうした、疑問が浮かんできた折も折、古事記の一四〇〇周年記念の年となり、日本歴史ブームも起こっている。そこで、日本民族の遠い過去の歴史に遡って日本人の国民性の淵源を探りたいという気持ちになった。

 まず縄文時代に遡って、小林達雄先生の教えを乞うているうちに、縄文時代には飢饉が無かったということを教わった。日本の縄文時代の文明の歴史は従来考えられていたものより古く、五千年ぐらい前にはすでに定住村落があったようであるが、大陸の古代文明と違う所は、それが農耕社会でなく狩猟採取社会であり、また、外敵から身を護る城市の必要が無かったということである。
 たしかに、飢饉と言うものは、特定の作物特に米、麦の生産に適さない不順な気候が一年以上続いた場合に起こる。東京湾付近で貝を採取し、森で栗やドングリを拾って、それに適した人口を維持してきた社会が、急に食糧不足に陥るということはあり得ないのであろう。
 また、氷河時代が終わって、一万年ぐらい前に、日本にわたって来た縄文人にとって、日本列島は未開の新天地であったろう。旧石器時代の遺物はあるようであるが、人口比から言ってそんなものは問題外である。とすれば、十八、九世紀におけるアメリカの西部開拓と同じで、移住者にとって生活範囲を広げるチャンスは無限にあった。

 また、備えるべき外敵も無かった。かつて石平氏と日本の歴史を論じた時、彼は感嘆していた。外敵による大殺戮もなく、大飢饉も無い、そんな幸せな歴史を持つ国があるだろうか、と。
 もちろん日本が米作時代に入ってからは時折の飢饉はあった。また、戦国時代には信長による一向宗信徒虐殺などもあった。しかし、それは中国民族が史書に詳しく書いて残しているような大殺戮、大飢餓の歴史に較べれば、日本国民は想像できないぐらい恵まれた環境の中で育って来た民族だというのである。
 日本人の甘さはそこからも来ている。敗戦のとき、関東軍は「居留民の保護に万全を期せられたい」という降伏条件の下に、武器をソ連軍に引き渡した。しかし、いったん武力を失ったあとの日本人に対する暴虐、凌辱は誰もが知っている通りである。
 ソ連、フィンランド戦争の末期、フィンランドの救国の英雄マンネルハイム将軍は、「国軍はまだ健在である。国軍を失えば、停戦も無い」と判断して粛々と降伏して、国民の安全を護った。関東軍も在留邦人を全部日本に送り返してから武装解除すれば良かったのである。日本人の歴史的なナイーヴさが、満州の悲劇を招いたのである。

 日本人は相手の善意を信頼してしまう。一言で言えばおっとりしているのである。それは日本の恵まれた歴史的環境が生んだものである。
 私は同じような例をタイで見た。バンコック周辺は今や穀倉地帯であるが、人間が定住する十四,五世紀までは無人の沼沢地帯だった。史上常に新田開発途上であり、食糧はありあまり、タイには「飢餓」に相当する言葉が無い、という。
 そう言えば日本を発してアジア大陸を、朝鮮半島、満州、華北、華南、ベトナムと回ってタイに至るまで、レストランでサーヴィスの女性が警戒心なく笑顔で迎えて呉れるのは、日本とタイだけである。
 奈良朝の繁栄も、関東平野の開発が進んでいた最中であった。日本で初めて、銅が採れた、金が採れたという時代である。国が滅ぼされた高句麗、百済の人はもとより、統一新羅の繁栄を誇った新羅からも移民が関東に入居している。大英帝国から、アメリカに移住する人が居たと同じである。
 縄文時代から弥生時代を経て、奈良時代まで、経済のパイが増大し続けたという恵まれた環境が、いまに至る日本人の余裕のある態度を産んだのであろう。

 もう一つ私がかねて心にかかっていることがある。
 韓国に在勤した時私は兪鎮午という哲人を毎月のように訪問して、韓国政治について教えを乞うた。兪鎮午氏は、まだ李朝の頃というから七、八歳のころであろう、その時習字をした白楽天の琵琶行の詩があまりに見事なので皇帝に献上されたという伝説的な大秀才である。日本時代,京城帝国大学が創設されたが、それに入学を許された最初の朝鮮人であり、卒業の時は一番だったという。李承晩に対抗して大統領選挙に出馬した時に脳梗塞を患い、それ以降は引退していられた。
 その兪鎮午氏が言っていた。日本時代日本人は朝鮮人は愛国心が無いと言って蔑視した。朝鮮人にも愛国心はある。ただ、日本人の愛国心の特色はそれが政府と一体になっているところだ。蒙古の朝鮮半島侵略の際は王室は江華島に逃避して安寧を貪り、人民は何十年も蒙古の劫略に曝された。それで国民が政府を信用するわけがないではないか、と。
 朝鮮人は政府の言うことを聞くと必ず騙されると思っていた。現に、東学党の乱の始まりは、政府が治水のためと言って農民を動員してダムを作らせた上で、水の使用料として重税を課したのを怒った農民が、ダムを破壊したのが発端である。
 江華島に避難した高麗高宗の時期は、日本では、まさに後世まで武家政治の手本と仰がれた北条泰時の治世である。
 日本には仁徳天皇以来の善政の伝統がある。単なる説話とも言えようが、記紀には武烈天皇の虐政の記録もあるのだから、あながち嘘とも言えない。というよりも、善政の語り伝えがあるという事実だけで、国民の政府に対する信頼感が違うのである。また、江戸時代だけでも、真に善政を行おうという名君、賢臣が輩出している。
 日本人ほど国家社会を信頼して生きている国民は無い。日本以外のどの国民でも、いざというときに持って逃げる貴金属、宝石の類は持っている。日本人のように有り金を全部郵便局に預けて安心している国民などはない。
 明治百年のときに、老人たちに何が一番のショックだったかと訊いたのに対して、異口同音に二・二六事件だと答えていた。その間日清,日露の大戦争があり、広島の原爆があり、敗戦と占領もあった。しかし、すべての事件において、国民は政府と一体になって、政府を信頼して生きてきた。それが二・ニ六事件では、政府がクーデターで倒される危機に直面したので、国民が誰に頼って良いのか分らなくなったのである。また裏から言えば、国民はそれほどに政府に信頼して生きているのである。

 最後に日本の皇室の国事に対する御精勤ぶりにはただただ頭が下がる。また、両陛下の御製の中に顕われている常に国、民を思う御心には感動する。そして何よりも私が驚嘆するのは、陛下にお仕えする宮内庁、警察の下々までが、それを当然と考えていることである。
 こんな皇室、王族が、他に、世界にあり得るだろうか。千何百年の歴史で、他の王朝のどこにも現れる佞臣、奸臣の類はほとんど無い。

 以上、私のまだ浅い日本史の勉強で、不思議に思うことを未整理のまま書いた。まだまだこれからも日本人の特質を知る勉強を続けようと思っている。
***********************************

 皆様のお心の穏やかなるひと時となりますよう。。
白子改め日南子
(HN及びメルアド変更致しました、IPアドレスは変更ありません)



FL
 今回初めて個人の意見としてコメントさせて頂きます。
 当方北九州市に住んでおりまして、事情により在日企業に勤めております。今まさに進行している在日朝鮮人の危機的状況を、本当に知らされていないのか、起こるわけがないと思っているのか、わからないように隠しているのか判りませんが、特にピリピリするでもなく(憎たらしい事ですが)のんびりしております。
 さて、余命HBが発売された頃配布用に買ったものが一冊余ったので何かないかと思ってふと思いついたのが図書館への寄付でした。
 さっそく北九州市立中央図書館の蔵書をインターネットで調べると余命本1が1冊あり、予約数が8となっておりましたので、HBの需要も高いだろうと思い寄付をしたのですが、いつまでたってもインターネット検索で出てこない。配布用に購入したので汚くて廃棄という事はまず無いと思うのですが・・・。捨てられたのかなーやっぱり廃棄する場合は連絡を貰う様にした方がよかったのかなーと今更ながら後悔しております。
 さて、自分の事ばかりでは何なので有益かと思われる情報を。
 北九州市には「もらって安心災害情報配信サービス」という、パソコンや携帯のアドレスに指定した災害情報・避難勧告等をメールして貰えるという行政サービスが存在するのですが、そのサービスの登録ページにはこう書かれてあります。

**平成25年10月1日(火曜日)午前10時00分から、「特別警報」の配信を開始します。**
 特別警報は「数十年に一度しかないような非常に危険な状況」において発表されるため、市民のみなさまの安全確保の観点から、気象情報(気象注意報・警報等)の選択の有無にかかわらず、当メール配信サービスに登録されている「全ての方」に特別警報発表(解除)の情報を配信します。

 北九州市以外の市町村でもこういったサービスはあると思うので、探してみては如何でしょうか?両親や友人に話をしても「そんな事起こるわけない」「インターネットに毒されすぎ」「非常時の準備なんかしても無駄」と言われ、妻に話をしても大して関心がない様なので、せめて自分だけでもと少ない小遣いでコツコツと非常用バッグの中身を埋めております。正常になった日本がどの様に素晴らしいものかを見たいがためです。
 正直でまじめな人にしわ寄せがいき、狡賢く自分達の事しか考えない人が得をする今の日本にはもううんざりです。これからも微力ながら少しずつでも協力していきたいと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月14日記事「855 巷間アラカルト105」より抜粋して引用

りゅうりゅうママ
余命様
 夏のボーナスにて、すみれの会に寄付いたします。
 日々、日本人として心穏やかではおられぬニュースばかりで、焦りや不安などを和らげる安定剤的なこのブログ、読者様の情報にて、荒ぶる感情を抑えております。貴重な情報をありがとうございます。
 最近、骨董品店にて軍刀を購入致しました。生き抜くために改良されておりまして。取り扱いには要注意とのことで、地元の刀鍛冶の方が開かれている道場に通っております。心穏やかでない日々に、日本人の心を改めて勉強させて頂いております。もしもの時に、どう動くか。どう守るか。冷静に判断出来るように。
 備えあれば…なんとかですょ(*^▽^*)



.....HBからして迫力がある。まあ、無理をしないように(笑い)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月14日記事「854 巷間アラカルト104」より抜粋して引用

雁木
 余命様、プロジェクトチームの皆さま、いつもありがとうございます。すみれの会への送金が受付され、微力ながら参加できたことをうれしく思っております。
 ところで、ご家族の覚醒でお悩みの方が多くいらっしゃるようですね。お目汚しになるやもしれませんが、私の家内の覚醒について書いてみようと思います。
 結論を先に申しますと、余命本をトイレに置くことで覚醒に至りました。私はお風呂場、トイレで趣味の本を読んだり、思案するのが子供のころから好きでした。家をリフォームして、そこはとても明るく快適な寛ぎの場となり、中国古典一日一言や落語100席といった短編の文庫本を1冊のみ置いて読んだりしておりました。家内も時々見ていました。
(1冊のみ置くのがよかったと思います。それしか選択肢がないので)
 ちょうど余命2代目の頃に貴サイトに辿り着き、
『本当かどうかわからないけど、すごい事を書いてるサイトがあるよ。』
『この事件の記事が各メディアで全然違う扱いだ。おかしいよね。』
『余命さんの本を買ってみたよ。気になったらすこし見てみる?』
『信じ難いような物凄い事があるけど、・・どうなんだろう。どう思う?』
 そして、トイレに余命本のみ置いてみました。家内は自から手にして読み、覚醒にいたりました。
 ざっとこんな流れでの我が家の覚醒成功談なのですが、これを書こうか書くまいかかなり悩みました。それというのも、このご著書は神棚にあげたいほどなのに、よりによってトイレだなんて・・。本当に申し訳ない気持ちです。また、気分を害された方にはお詫び申し上げます。ごめんなさい。
 それでも、余命さんを盲信してるのではないことを伝えつつ、無理強いせずに余命さんと過去の事実を知ってもらうという事ができたのはよかった。そういう意味では、こういうのもアリとお赦しいただけるかもと思って投稿いたしました。
 なお、ご本は全て初版本を購入し、カバーをかけて大切に拝読しております。
雁木



逐一
 初めて投稿させていただきます。こちらを購読はじめてから2年ほどになります。興味深くかつ重要なお話の数々をありがとうございます。
 私自身はこれから先も平穏無事な世の中であって欲しいと思いますが、こちらでのお話や世間の空気などから不測の事態も考えなければならない昨今であります。自身の備えも必要ですが、自分の周りを知るということも大事だと思います。そんなこんなで考えているうちに思いあたったのがネットカメラです。
 私のところで申しますと都心部に高いビルがあり、そこのカメラが結構鮮明に時々刻々の映像を映してくれています。結構危ないと思われる地域も写してくれているので心強く思います。煙や火が上がればすぐに分かります(そういうことにならないことを祈りますが)。
 検索すれば各地方のカメラがあると思うので、ブラウザなどにブックマークしておくと少しは心の安心があるかもしれません。つまらないことですみませんでした、では失礼致します。



(中略)

C.O
余命3代目様
 初代様からずっとブログを読まさせて頂いております。日本再生の為に、余命本(1.HB.2)を購入し、友人等に読んで貰い、余命本の真実を拡散して頂くようお願いしています。文才がなくて、上手く書けなく申し訳有りません。
(S県県知事(竹島に関連あり)は同級生なので、余命3年時事日記の情報は知らせております。)
 日本再生のため、頑張ります。



24応援(@24oueninfo1)
ちぃ への返信
 とりあえずの方策ですがブロックすると相手が火病を起こしそうな勢いなら、ツイッターのHPにログインして相手のアカウントにアクセスしてから「報告」でスパムなりなんなり報告してミュートするといいと思います。どれだけ執拗かにもよりますが、これだけで相手のリプは自分には見えなくなります。
 あとは自分の方の設定ですが、メアドなどは入れていらっしゃらないとは思いますが、セキュリティーとプライバシーの項目を見直して、トラックされないようにしておいた方がいいと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月13日記事「851 余命本情報28」より全文引用

こちらも修羅の国からこんにちは
 余命さま、スタッフの皆様、有志の皆様こんばんは。いつも私のしょうもない投稿を取り上げて頂き感謝申し上げます。
 さて、余命さまと桜井氏の対談!待ってました~。ですがまだ購入には至っておりません…書店の営業時間に間に合わず明日の休みに出直しです。皆さん御存知かもしれませんが余命本の取り扱い書店は、北九州ではクエスト(小倉、戸畑店)にあります。近隣住民の方、是非お立ち寄りくださいね。
 先月の事ですが余命2を購入後も小倉クエストへ調査をかねて店員に、余命三年って言う新刊ありますか~?と訪ねたところ、人気の書籍ですので数は少ないですが…って。その言葉に思わず顔がにやけてしまいました。北九州も捨てたもんじゃないなあって。
 しかし政治家の中に成り済まし?保守がいるのでは?と勘ぐっております。成り済ましが保身の為もしくは、工作する為に保守ぶって能書きを垂れてる危険性も拭えません。疑り深くなったのも長年の経験故のこと、お許しくださいませ。
 経験上、どうみても通名(ハーフ、帰化)見た目で信用ならない人が数名おります。皆さんは工作成り済ましをどの様に判断材料にしてるのか教えて頂きたいです。近所に桝添知事のお姉さまが住んでおられたのですが、昨年?転居してるようですね。やはり何か動きが?と不安に駆られます。
 以前も取り上げて下さいましたが特にこの付近は危険すぎますので、周知できたら…
 国道3号線に面して、九州歯科大があり、3号線から入り歯大の前に統一教会があります。そこは小学校の通学路なのです。おまけに部落も在日も非常に多い場所。女性、子供と弱い者から狙ってきますから非常に危険かと存じます。お近くにお住まいの方警戒しましょう。
 私は自治体パトロールは信用していません。なにせ警備会社にすら成り済ましが勤務してるのですから。到津神社も最近は…草加も近くだし。他人様と情報を共有できず、一人で監視しております。安心して暮らせる日が実現するのか…今日は疲労からか弱気です…



たこ
余命様、スタッフの皆様、読者の皆様
 いつも有難う御座います。
 川崎国デモ、ジャパニズム31発行、尖閣には毎度の中国、そしてロシアの進入など色々なことが起きてまいりました。都民の私としては、早くますぞえを退出させて欲しいと思っているのですが、自公が何とも。。。
 ところで、昨日息子が友人にHBを貸したとのこと。少しずつですが拡散し始めています。私はジャパニズム31を読んでいる最中です。
 では、いつもの本屋情報です。

1.内幸町 ジュンク堂
 日本プレスセンターにあります。佐藤優などが並んでいる時事関係の棚にはなさそうなので、検索機で見てみると、「社会問題」にあると出てました。が、そこに行ってみてもなく、少し横を見てみると「社会評論」という棚があり、その棚の下の方に余命1が1冊、HBが1冊ありました。これって、検索機を操作してる?まぁ、「置いてるよ」というアリバイつくりかもしれませんが。

2.新柴又 正育堂
 帝釈天行った帰りに寄ってみました。周りに何もなく、コンビニがあるくらいです。町の本屋にありがちな、文具も売っていました。「ないよな~」なんて思って歩いていると、HBが横向きに1冊あるではありませんか。ポップのようでびっくりです。陳列のキャパが少ないのに、頑張っておいてくれたのでしょう。ニコニコして電車に乗って帰ってきました。

3.浜松町 文教堂
 まぁ、でっかい本屋です。550坪あるとか。検索機は壊れてましたが、その必要なし。レジ近くの棚に、余命1、HB、余命2が横向きで「これでもか」というくらいに占有していました(それぞれ、軽く20~30冊はあったでしょう)。在日・反日は発狂ものです。とてもやる気が感じられました。ここはモノレールで羽田空港へ向かう始発駅でもあり(羽田空港からみれば終着駅)、羽田空港を使う人が良く寄るところです。ある意味、凄い広告塔になっていますね。

4.小岩 住吉書房
 小岩駅のショッピングモールには本屋さんが2軒ありました。ここは、余命1が1冊、余命2が2冊です。

5.小岩 有隣堂
 2~3週間前には余命2が6冊ほどあったのですが、HB1冊、余命2は既に1冊となっていました。ちなみに、ジャパニズム31が無いので、レジで確認したところ、入荷実績はなく取寄せになるとのこと。ちなみに、他の店では入荷した店もあったようです。

5.六本木 青山ブックセンター
 ここは外国書籍を多く扱っている店で、外国人さんが多くおりましたが、余命本関連はなし。高橋源一郎×SEALD’S「民主主義ってなんだ?」は置いてありましたが。。。

6.六本木 あおい書店
 日比谷線六本木駅3番出口横にあります。ここは、余命2が19冊ありました。他の本が無かったのは少し残念なところではあります。

7.恵比寿 八重洲ブックセンター
 エビスガーデンプレイスの三越店の中にある、あまり大きくない本屋です。ここは余命本関連はなし。

8.恵比寿 有隣堂
 アトレ(駅ビル)にあります。余命1が1冊、余命2が6冊ありました。ジャパニズム31はなかったのですが、ジャパニズム30は1冊置いてありました。余命2が少し見えにくいところにおいてあったのが、気になるところではありましたが。。。

 以上、ご報告いたします。



りんご
余命翁様、プロジェクトチームの皆さま
 日本のためにいつもありがとうございます。心より感謝いたしております。
 和歌山市の情報を報告させていただきます。

和歌山イオン内
未来屋書店

余命本シリーズは全てなし
検索システムでは取り寄せは可能となっていました。

ガーデンパークオークワ内
TSUTAYA

余命本シリーズもちろん全部なし
検索システムでは取り扱い不可となっていました。つまり取り寄せも不可ということでしょうか。

 どちらの書店も田舎の和歌山市では大型書店で地元民の利用率はかなり高いです。今はアマゾンがありますので、利用しなくても、わたしは全く問題ありません。こちらの2店舗で本を買うことはないです。
 ちなみに図書館ですが、和歌山市図書館では余命本1が入荷されていました。県立図書館は余命本なしでした。



おかちゃん
闇の椿様
 西二見駅前のイトーヨーカドーですが、できてすでに10年以上たっております。数年前というわけではありませんし、急にできたわけでもありません。
 あと、私もそこのくまざわ書店は訪れますが、今のところ余命本は見つけられていないものの、政治本はちゃんと置かれていますよ。桜井よし子さんの本もあれば、偏差値28の本も置いてあります。くまざわは左傾向がつよいですが、ここはまだましな方ですかね。余命本も仕入れてほしいですが。



熊本県北在住者
 余命様、スタッフの皆様お疲れ様です。寄付金以外では、はじめての投稿です。
 先日、私の住む熊本に蔦屋書店熊本三年坂店が開店しました。内覧会に参加する機会がありましたので、行ってまいりました。
 TSUTAYAには余命本などあるわけがない!と思い、せめて検索機で余命本を表示させて、そのまま逃げようと検索してみると・・・なんと、ハンドブックと余命2が海外時事の棚に在庫ありと!確認してきましたところ、余命2が3冊、ハンドブックが3冊、表紙が見えるように置いてありました。ほかにもさよならパヨク、大嫌韓時代などの本も置いてありました。
 実は、ニューコ・ワンという熊本の企業が蔦屋のフランチャイズという形で経営をしていたためなのかな?と思います。しかし、そんなニューコ・ワンも最近、完全に株式会社TSUTAYAの傘下となりました。やがては余命本はなくなるのかもしれませんね。



三零壱七参七
 いつもは上野明正堂でJAPANISMを購入しているが、今日行ってみたらなかった。
 なので浜松町文教堂に行ってみた。保守本棚にあるのを発見。無事JAPANISM 31 をゲット。その売場が今日はまたまた充実していた。二段目から四段目に余命1、HB、余命2が面陳列で各20冊ほど、最上段にさよならパヨクが同じように^^ レジ前のワゴンに青山繁晴氏の”壊れた地球儀の直し方”が陳列してあったので、これも手に取る。通勤途中でもあり私は贔屓にしてます、この本屋^^)!
 山手線の中で早速3代目余命、桜井誠氏対談を読む。3代目余命氏の後ろからのショットがあり、思わず崇拝。日本人の皆さん、各自やれることをコツコツと頑張って行きましょう。



浅き夢見氏
 余命様、余命スタッフの皆様有り難うございます。「みなさん一緒に併記させていただいた」コメントに、胸が熱くなり涙が溢れてしまいました。〈涙もろくて困ります〉
 さて、今日は嬉しい報告が有ります。4月に余命1の借り出しに市立図書館へ出掛けました折り、ハンドブック、余命2の所蔵リクエストをしてまいりました。しっかり〈戦後日本の真実がここに有ります。日本人が読むべき本です〉とのコメントも残して。
 昨夜、ホームページを覗きましたら、なんとなんと2冊共に蔵書目録に有るではないですか!! 貸し出しまでされて居ました。嬉しいです。とても嬉しいです♪
 抄録が又良いんです。
引用
 「裏切りの朝鮮傀儡民主党ファイル、共産党と日弁連、外国人参政権と通名、国会議員採点法…。選挙という平和的な方法で在日や反日勢力を駆逐するために、選挙を前に知っておきたい真実を明らかにする。ブログを書籍化」…ここまで
 こうもはっきり言って委員会(笑) 百万の味方を得た心強さでした。ちらほらと県内の方と見られるコメントも目にしますし、連帯感が増幅しております。微力ながらもこつこつと日本再生にひた押し、頑張りますよ!!



.....そんなにはっきり書いて大丈夫なんだろうか(笑い)



ワダ○○○ 
・野辺地マックスバリュー内さわや書店;取り扱いしない(4/16時点)
・七戸ジャスコ内未来屋書店;取り寄せは可能(4/23時点)
・十和田ワンダーグー;HB_1冊(5/21時点)
・八戸伊吉書院類家店;平台に表紙を見せて立置1、HB、2とも2~3冊(置き忘れ用HB追加購入時、余命本よく出ているとのこと)



.....入金は確認。転記させていただいた。



SE
 いつも貴重な情報ありがとうございます。励みにしております。初代からの読者ですが、書き込みは初めてです。寄付の方は、少ないながらさせていただきました。姫路の方が余命本の情報を書き込まれていたので、少しだけ情報をと思いまして。
 姫路はピ○レのジュンク堂に全部あります。さよならパヨクも、はすみ本もです。余命1に至っては、最初の頃は新書コーナーに平積みされていましたよ。余命2は発売日の前にフラゲしております。まあ姫路駅周辺には、生活保護実績を高らかに謳った不動産屋があり、何らかの圧力でもあったのか、今は奥の方の棚に刺さってましたけどね。
 兵庫県内なら三宮のジュンク堂と、北神戸のイ○ンモール内のキクヤ書店に置いてありました。北神戸の方は、石平さんの新刊も平積みされています。
 少しづつ良い方向に向いている気はしますが、個人書店は期待できそうにありませんね。不躾な書き込みで申し訳ありませんが、報告まで。



えりかと申します。
 初めてコメントします。
 今日予約してあったjapanism31を丸善名古屋店へ受け取りに行って、受付のお姉さんと話をしていて「えっ」と驚きました。
 余命時事日記Ⅰは予約分一冊だけ取り寄せたのだそうで、「こんな本売れるのかねえ」と話していたそうです。「その予約本を買ったのは私です。」と言ったら納得という顔で頷いて、「その後に売れ出してね」と微笑みました。へえそうだったのですか・・・で、私「税金があんまり高いから頭へ来てね、奴らに使わせてなるかと、こういうものを読んでいるのよ。あなたもこのブログを読んでみると面白いわよ。」と扇動してみました。



sw7
余命本関連 兵庫西部 6.10現在

「図書館関連」
 余命本2が赤穂市立図書館に入荷し貸出始める。予約した方より借りれた事の連絡在り。兵庫も各地入荷図書館増えて来ました。

「不買本屋関連」
イオン系列テンナント未来屋書店は、やはり3部作とも入荷無し。
(百田氏のカエルの楽園は平積みでベスト5の売り上げ)

「通常書店」
うかい屋書店等は各店で安定的に余命本が入荷されているもようです。



竜ケ崎市
余命様・スタッフの皆様・ミラーサイト様 有難うございます。
近隣の書店と図書館 について報告します。

「JR取手駅前」
駅ビル くまざわ書店 余命本 ゼロ
駅前  宮脇書店   余命本 ゼロ

「龍ヶ崎 旧住宅地」
書店 二軒共に    余命本 ゼロ

「龍ヶ崎 新興住宅地」
ヨーカ堂サプラ内 未来屋書店 余命本 ゼロ
ケーズデンキ内 Wonder Goo   余命本 ゼロ

「竜ケ崎市中央図書館」
余命本 ゼロ 5月22日現在 余命本2をリクエスト
余命本2 購入決定 連絡 5月31日
余命本2 貸出連絡 6月12日 余命1&ハンドブック寄贈。
新着の棚 反日本ばかりで不快です。余命本三冊攻撃受けてみよ!
龍ヶ崎市



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月13日記事「850 巷間アラカルト103」より抜粋して引用

ぷ~3333
 今日ジャパニズム31が届きました感慨深いものがあります、いつも苦虫を噛むような日本の状況の中で、実際に動いていると実感できることと、その中に日本を正しい方向に向かうために少しでも関わっていられることを誇りに思います、ですがまだまだ日本人の覚醒は道半ば、先人の思いを胸にこれからも地道に頑張って参りますので先導よろしくお願い致します。



(中略)

一筆奏上
チョコサクレさんの
>それとヘイトスピーチじゃないですが、抗議するにも、罵倒中傷はなるべくさける、理性的で、温厚な言い方を心がけています。
>罵倒に罵倒で返していては水かけごっこになるだけで、丸でこちらまで相手そっくりに思えてくるのが辛い。

 この部分私もとても思います。保守系ブログも、最近ヒートアップ著しく、タイトルや記事やコメントが、侮蔑的なあだ名や、攻撃的な言葉、罵倒、中韓の不幸を喜ぶものまでちらほら混ざっているので、ここと、「日本と韓国は敵か味方か?」ぐらいしか見なくなってしまいました。
 その暴言の理由を知り、言いたくなる気持ちもよくわかるのですが、わかる人間さえ、若干引いてしまう暴力的な言葉遣いを、何も予備知識のない人が見たら、一体どんな印象を抱くのか……。保守を「ネトウヨ」と呼び「またおかしなことしてる」とあざ笑う者の大半はあちら側の人間でしょうが、もしかしたら、味方になってくれる可能性のあった日本人もいるかもしれないなと思わずにいられなくて。
 最初に触れる情報と、第一印象が悪ければ、もうそこに近寄る事もないんじゃないかなと。ヘイトスピーチという言葉を、根も葉もないレッテルにするためにも、感情的な暴言は避けて行きたいと思うのです。コメントや動画を「これがヘイトスピーチの証拠だ!」と使われてもつまらないですしね。



(中略)

catmousetail
 真太郎さんの投稿コメントを承認されているのは何か余命チームの意図があってのことでしょうかね? 日本人を暴走させようとするかなり危ない内容が記述されていると思いますよ。真太郎さんというHN使用者は複数名おられるようにも思えます。本物と偽物なんでしょうか?
 いずれにしても、余命ブログ読者は混乱するのではありませんか?



.....承認イコール賛同とか同意とかいう問題ではないだろう。賛否両論を掲載、判断するのは読者である。この件は事前に何かあったのだろう、緊急ファイルに掲載しないよう投稿があった。表で堂々と議論すれば良い。危ないという内容があるのなら、その旨を投稿されたらいかがだろう。いろいろと論議になるだろう。ここはそういう場だ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月13日記事「847 巷間アラカルト102」より抜粋して引用

徳名
 最近は駄文が多いそうで、前回の駄文には釣られてしまいました ウザイ とはこういう時に言うのでしょうね。



.....これはさすがに随分考えたのだが、まあ、あまり悪意はなかろうとそのまま掲載した。まあ、まあ、まあということで.....。



ggr
ゆう への返信
ゆう様
 保守系裁判支援団体 すみれの会でネット検索で、“すみれの会ブログ”と“789 お知らせ – 余命三年時事日記”が出ます。ブログ内検索でも“すみれの会”で検索して一番日付の古いのを確認すれば、済む話です。多少コメント読んでれば“すみれの会”が検索キーワードってわかると思うのですが…



.....なるほど、そういう手があるんだね。勉強になった。ありがとう。



*花はな*
 覚醒爆進中の皆様、いつも覚醒薬の処方ありがとうございます。皆様、大変な事をされているにもかかわらず、それぞれの得意分野で、ほっと一息つける映像あり音頭ありと、苦しい時さえ楽しみを見つける日本人的な所に感心しちゃいます(^.^)



.....確かに、余命音頭には癒やされるよな(笑い) 入金確認は一応、801、802、803のいずれかに情報をお願いする。万が一のための用心である。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月12日記事「846 巷間アラカルト101」より抜粋して引用

チョコサクレ
連投すみません汗
 不買、官邸メール、寄付の他に最近激励のメールを始めました。敵側に抗議する、官邸に要望を求める、に加え味方側に応援メッセージを送る。これを実践するようにしてます。ささいな事ですが、励みになればと思って…。
 それとヘイトスピーチじゃないですが、抗議するにも、罵倒中傷はなるべくさける、理性的で、温厚な言い方を心がけています。罵倒に罵倒で返していては水かけごっこになるだけで、丸でこちらまで相手そっくりに思えてくるのが辛い。韓国面に落ちると言うのでしょうか。言霊宿る神国日本のことばを汚したくない気持ちもあります。
 ここ数日で日本再生の闘いの局面が数ステージあがった気がします。反日勢力もますます必死ですね。冷静に落ちついて抜かりなく朗らかに参りましょう。



miku
お花畑な人を覚醒させたいあなたへ
 かつて何人もの友人を無くした苦い経験から、効果が合った方法をシェアします。ポイントは一つだけです。相手が「何で?」と聞いてくるまで待つ、これだけです。
 例えば・・・

友人「LINEやってる?」
私「ううん、LINEは韓国系だからやらないんだ」
・・・・(ここで待つのがポイント!)
友人「何で?」
私「・・・それはね・・・(ここから説明)」

 説得しようとして、覚醒させようとして聞かれる前に事実を説明するのは絶対にタブーです。実際私はそれで何人もの友人知人と音信不通になりましたので(苦笑)
 今はひたすらこの、「相手から聞いてくるまで待って説明のパターン」で、ゆるやかに覚醒を促すトークに変えました。これ、結構効きますよ。韓国旅行へ行こうとしていた人も覚醒しましたから・・・お試しあれ!



サムライブルー背番号0
 お酒の席で知人と隣になりました。ある公的団体のトップをしていた方です。ただ今までは突っ込んだ話をした事はありませんでした。
 しばらく政治色のない話をしましたが、組織の和を非常に大切にしている様子でした。その後で相手の方が中国軍艦のEEZ侵入の話を始めて、今の若い人たちにもっと国防にも取り組んで欲しいとも言いました。
 でも、もっと話をすると新聞は毎日新聞を購読しているとの事でした。現東京都知事(ゾエ氏)に関して、本人は反省しているはずだから追い詰めずにもう少し余裕を持って接した方が良い、放って置けば半年位したら本人が自分から辞めるはずとの事でした。
 国防の話とゾエ氏の話など話を聞いて、個別の話題に統一性の感じられない非常に不思議な印象を持ちました。特亜の人間の様な根本的に考え方が違う人間がいる事を知らないのかなと思いました。公的団体のトップを務めた人なので自分で資料を調べているはずだと思いましたが、知っていて敢えて日本国内の和を大切にと訴えているのかもとは思いました。
 いろんな団体に敵対勢力が潜入しているとの事です。その敵対性勢力の潜入工作員と話をするとこんな印象を持つのかなと思いました。とにかく非常に不思議な感覚の体験でした。
サムライブルー背番号0



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月12日記事「845 巷間アラカルト100」より抜粋して引用

kb47no殿へ
ご意見は一般投稿でどうぞ。



(中略)

はもママ
 余命様、二代目様、余命プロジェクトチームの皆様、読者の皆様、はもママです。
 JAPANISM31、見ました!後ろ姿ですが、余命様がうつっておられます。実在されているんだと感動しました!
 さて余命本情報ですが、闇の椿様が書かれているように、JR姫路駅構内の書店にはありません。仕事帰りに時々寄って偵察しています。
 今日、THE MALL姫路 喜久屋書店姫路店に行ってみました。書店内をグルグル回りましたが、余命本は見当たりませんでした。本日のイオン姫路店内の未来屋書店には、もちろんありませんでした。手元の拡散用の本をプレゼントし、なくなりつつありますので、地元の本屋で買いたいのですが、姫路は難しいですね。



.....戦略的には人形が良かったかもしれないが、リアル存命のほうがよかろうということで、あんな写真となった。結構、ゴーストと思っている読者がいるんだね。(笑い)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月11日記事「844 余命本情報27」より全文引用

新大学生
川崎市多摩区の状況です。

生田の小田急ブックス…余命1のみ棚に一冊
向ヶ丘遊園の文教堂(ライフの2階)…余命1が2冊、HBが4冊、余命2が1冊。表紙を見せて並べて売られてました。
向ヶ丘遊園のダイエー…全て無し。政治の本がほぼ皆無
向ヶ丘遊園のTSUTAYA…検索したが在庫無し。カエルの楽園も売る気がない
登戸の住吉書房…HB1冊のみ

という状況です。



小幡 勘兵衛
 みちあとのゆ様のご投稿を見てそんな枠があるのとそんな枠に入れられてるのかと驚いた。文教堂の、表向きは社会でもレシート見たらビジネス書どころのものではないなぁ…確かに事件事故だしなぁと。でもまぁ、聖剣がそれこそ朴李モノではなく大量に世に出回るのはいい事だと思う。これが本当の聖剣伝説か。
 アドバイザー様のご意見については…別に伊勢丹相模原のアリバイ作りはなくていいと思う。何故ならばユーザー様には申し訳ないがあっこは単なる快適でかつオシャレな休憩所に過ぎないから。
 あの開放感解放感は同じ相模原のものと思えない(だから個人的には相模大野は町田だと思ってる)。伊勢丹でも色々売られてるけどもうガンプラもないし(あっても定価だったかな…)さすがに伊勢丹だから庶民の店じゃないし…でもまぁ、相模原にもいるんですね、それなりに見ている方々が。地域にもよるんですかね?



Star-Knight
余命本状報:真田丸で賑わう信州の東信の武の街*
 大きな書店は平安堂書の二店舗と後はあのイOン店内と7-11系アリO内に書店が在ります!!当然の想い込みでイOン店は近づかないし置いて無いと決めつけ、
*毎週に駐車場の大きい平安堂2書店へ見廻り集中して居ました!!
*余命1の発売時に検分した!置いて無い!!!
*余命HBの発売も続き、検分した!!未だ置いて無い!
*余命2の発売時と先週までも、検分した!!やはり置いてない!!

 長野市方面の同志の方の報では同じ平安堂には置いて在ったと知った!これは、そろそろ、この武の街の名折れ!だと今日はその平安堂に余命本を要望するべく行った!その時に、新刊書のコーナーに参然と鎮座する余命2本二冊を置いて在った!合った瞬間に喜悦の感状が込み出した!!余命1とHBは未だ見ぬが、微前進だと理解し更に検分を続ける所存!
 さあ~この真田丸の地もご先祖の武の意識高い土地柄だ!日の本の地を汚して来た狄を蹴散らし追い払う時の狼煙を5月25日に受けていざ!進攻せんとす!!!



ヤマサクラ
 日本海側の県に居住する者です。
 先日、県内の公立図書館の蔵書検索システムにて調べたところ、県内約20箇所の公立図書館の内4館に「余命三年時事日記」と「余命三年時事日記2」が入っていました。1ヶ月前には「該当無し」でしたので誰かが購入リクエストしたか寄贈されたのでしょう。嬉しくなりました。
 購入リクエストだと何時貸し出し可能になるか分からないので、選挙前のこの時期に、私も複数の「ハンドブック」を寄贈致しました。



闇の椿
 先日、所用で姫路へ参りました。どなたか書かれていたように、お城へと続くアーケード商店街にあった大きな本屋さんがなくなってドラッグストアーになっていました。(古本屋さんもなくなっていていました)
 JR姫路駅構内の書店ですが大きくはない一般本スペースがかなり赤く、余命関連はありません。山陽電鉄姫路駅の山陽デパート内の書店、余命関連も無しですが露骨な左系もありません。山陽電鉄西二見駅前の大きなイトーヨーカドー(数年前に突如出現)の書店も覗きましたが、ここも左右とも政治関係の本はないようです。
 JR神戸駅地下の福家書店は余命1の時にも報告いたしましたが、今もずっと赤いままです。ここの他の店舗の情報はあまりあがっていないようですが、アイドルイベントも多く、若い世代への汚染が心配です。
 万代(mandai)というスーパーをよく利用していますが、ここのレジ終了時の挨拶がコンスでした。いつも不快だったのですが、この1ヶ月で様子が変わってきています。肘を上げようとして慌てて下ろしたりして、馴れてしまったコンス体制から抜けようとする姿勢が窺えました。脇をしめ手を臍の下に重ねたり(これが正式ですね)、両腕をだらんと垂らしたままだったり、なにか用をしているごとく腕を横に向けたりするようになりました。何か通達があったのかこの店舗だけのかはわかりません。各人バラバラの挨拶ですが、レジでのストレスがなくなったのは嬉しいです。
 6・5川崎—-なるほど!なるほど!そういうことか!70年ずっと「リンゴの唄」は流れ続けているのですね。戦後は未だ終わってはいない。終わってはいないから確定もしていない。終わらせてやるぞ。
 とりとめない投稿で申し訳ありませんでした(^^)



御隠居
 ささやかな情報提供ですが、ご存じであれば、ご多忙の中お手数をおかけしますが、削除お願いいたします。
 東京都庁の本庁の第1庁社の1階・2階入っています本屋は、現在、くまざわ書店です。私の記憶だと昔は別の本屋さんが入っていたと思います。又、本庁第2庁社の1階には、ファミリーマートが入っています。御参考までに



N・G
母の件有難う御座いました。感謝致します。
ささやかですが、余命本等の情報です。

6月6日に、ヨドバシ京都へ行ってきました。
6階 大垣書店にて、
余命本1、2
余命ハンドブック

さよならパヨク
以上が本棚に、各5冊ほど
 カエルの楽園が、レジ前平積みで10冊ほど置いてました。店内PCで、在庫・保管位置の検索もできました。(店員さんに調べてもらうことも出来るそうです)
 以上です。



日和歌
 余命本情報です。
 大崎駅の文教堂大崎店には、余命本はありませんでした。売れてしまっただけの可能性はありますが、3冊ともないところを見ると。。がっかりですね。



御隠居
 余命様、スタッフの皆様日本のためありがとうございます。今回も本屋の関係ですので不要なら削除ねがいます。
 川崎の中原区に中原ブックランドという本屋があります。現在、本店を含め三店舗ですが、すべて武蔵小杉駅周辺にありますが、余命の本は一冊もありません。本店は、中原警察の近くで、支店の1店舗は武蔵小杉のヨーカドーの中、最後の1店舗がヨーカドーの反対側にある、TSUTAYAの1階に入っています。本店は、年配の男性が店員ですね。写真の現像もあります。
 左翼系が運営している本屋ではないかと思います。ふいんきが何か暗らく、重い感じのする店です。出来たのは、本店は昭和42年と言われています。ちなみに、教科書関係も扱っていますね。近くには、法政二もあります。



まゆらママ
 私がジャパニズムの発売日を分かっておらず、5月末に品川区東急大井町駅2階にあるブックファースト大井町店で、「ジャパニズムありますか?」とお訊ねしたのが店長さんで、レジの方で調べてくださった後、「6月の発売みたいですね」と教えて下さったのですが、「こちらにも入ってきますよね?」と聞きましたら「分かりません」、私が「え⁇」と驚くと「もし入ったとしても1冊位だと思いますよ」と言われました。「え?なぜ1冊しか入れないんですか?」と訊ねると「どういうソウテイ(想定?)かわからないので」
 予約しようかとも思いましたが、あまり売りたくないスタンスの書店ならば、個人情報を伝えるのが恐くなり、結局Amazonで予約しました。
 余命本はあるのかなと思い、店内をまわりましたら、政治とは全く関係ない棚に余命本1が1冊だけありました。平置きではありません。もしかしてジャパニズムも売りたくない本として周知されてるのでしょうか。
 長々と書いてしまいましたし、項目ごとにというルールにも反してますので、余命さまが読んで下さったら削除して下さい。



YS
余命翁様、プロジェクトチームの皆さま、いつも有難うございます。
昨日、ジャパニズムが発売されましたので、余命本とのコラボがあるかと思い書店に赴きました。

●紀伊国屋梅田店
 新刊コーナーに余命2が平積み。政治コーナーでは余命1、ハンドブック、余命2が各々平積み、ジャパニズムは面陳列でコラボはありませんでした。

●ブックファースト梅田2階店
 ジャパニズムは無し。余命2面陳列、横に余命1とハンドブックが背差し。余命2発売後2週間ぐらいは全く陳列されていなかったので、「なぜ今頃?」という感じです。しかも陳列されているのが「人生・闘病」コーナーでした。貴重な棚を無駄に使ってもったいないですね。やっぱり直営店は※コックファーストでいいと思います。
※コックはコックロ○チの意。英語では cockroac○、あれ~ 頭文字がどこかの宗主国様と同じだな~。



左目カユイ子様。
 からんで下さって有難うございました。皆さまがよくゴキブ○と書き込んでおられて、「ゴキブ○に失礼だろー。ウジム○でいいんぢゃね?」と思ったのですが、いいネタが思いつきませんでした。
 Kore○のKはKakerlakのK。Chin○のCはCockroac○のC。意味が同じぢゃないですか! 結ばれるべくして結ばれたわけですね(笑)。
(YS)



.....余命3シリーズの扱いによって不買指定の検討中としたことから、あちこちであからさまなアリバイ作りがはじまっている。当初は余命本の売り上げなどたかがしれているという感覚だったのだろうが、過去に例のない「余命三年時事日記」を売らない、置いてない書店は「反日書店」というレッテルが貼られる事態となって、書店全体がおかしくなってきている。ここは日本だ。まあ、自業自得だな。



匿名28号
 おはようございます。
 昨日の午後3時頃に図書館のサイトで見たら「検討中」だった余命本2が、今朝いきなり「移送中」(受け入れ館から、予約者が受け取り指定した館へ輸送中という意味)に変わっていました。発注の過程をすっ飛ばしたこのタイミングは、どう考えても寄贈本ですね(笑) どなたか存じませんが、寄贈してくださってありがとうございます。
 余命本2は選挙対策本とのことですので、出来るだけ早く取りに行って返却いたします。
(匿名28号)



ビアスキー
 今日地下鉄に乗っていた時に、隣のご老人が『よく、老眼鏡なしで読めますね』・・・ドキッとしました。なぜなら、タブレットで読んでいたのは保守系のブログだったので。
 『今の人は、前かがみになるから、肺が小さくなる。だから、病気になるとすぐに死んでしまう。時々、深呼吸するといい』・・・なるほど。皆さま、お気を付けください!
 その後、大手町の『くまざわ書店』で、JAPANISM31 を買うとき、棚になかったので聞いたら、レジ横の棚の奥から出してくれました(笑) その中の余命様の残像が、その方と重なってラッキーだったのかもと思いました。
 私は、デモなんてできません。自分でできること、小さなアンケートに嫌いなことをぶつけることができます。自分にできること・・・大事にします。



越後のニダ・クリーナー1号機
書店情報 6月8日夜
 新潟市の亀貝インターすぐの知遊堂ですが、レジカウンター前のノンフィクション系の平積み台にて、余命本 ”だけが” 書架の側面に、寄り掛かるように起こされた状態で展示がされていました。他の本は平積みのままです。
 平積み台は、著者の人数にして15~20名程度(同じ著者もあるのでダブリも) その平積み台の一番奥、つまり書架の両端の部分に、平置き台がデベソ状態で作ってある所に、ひな壇状で一段高くなっていて余命シリーズ全部有り、中でも余命2だけ特別扱い(凄い)で遠くからでも見えるように表紙向けで立てかけて有りました。
 頑張れ知遊堂!県内の読者様で上越の方の知遊堂はどうなっているか見てみてくれませんかね?ここの店員だけなのか、あるいは店の方針で著者により差別をしない(サヨク本を特別待遇する事をしない)方針なのかは、まだわかりませんので・・・・



真田太平記
 余命様、スタッフの皆様お疲れ様です。
 前日は余命本情報のコメントを載せて頂きまして、ありがとうございました。今回は福島市内中心部の余命本情報を調べて来ましたので報告します。(2016年6月6日調べ)

【西沢書店 福島支店】
余命1、HB、余命2ともに0冊
HPによれば取り寄せ可能との事です。

【岩瀬書店 中合店】
余命1 …4冊
HB…1冊
余命2…1冊

【岩瀬書店 福島駅西口店】
余命1、HB、余命2ともに0冊

【くまざわ書店 福島エスパル店】
余命1、HB、余命2ともに0冊

【ブックエキスプレス 福島東口店】
余命1、HB、余命2ともに0冊

 余命本情報は以上です。
 6月1日に少額ではありますが、すみれ会へ寄付致しました。寄付金メッセージにコメントさせて頂きますましたが、名前の方は結構です。余命様、スタッフの皆様、すみれ会の皆様に寄付した事を知っていただき、日本再生の為、少しでも役立てれば満足です。
 最後になりますが、これから暑く成りますので、お体を大切になさってください。皆様の益々のご活躍をお祈りいたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月11日記事「843 巷間アラカルト99」より抜粋して引用

日之本一平
RPJ
 余命様スタッフ様、いつも御苦労様です。
 世の中が臨戦態勢で緊迫している中、まったりとした余命拡散音頭の第3弾をアップしました。実は、ほぼ完成したところに川崎デモ事件の驚きの真相が飛び込んできたため、急遽、歌詞の9番を作り直したものです。身を張って実行された皆様には失礼な表現となりましたが、「撒き餌」「入れ食い」「釣り堀」「雑魚」「魚拓」なるキーワードがピッタリはまった感じがします。
 すでに第2弾もアップしてあるので、一緒に書かせていただきます。第2弾の動画では、かず先生が「スーパーカズ」となって空を飛び、第3弾では愛機(の想定)の、スーパーカブが登場します。単なる「カブ」と「カズ」の語呂合わせなのですが、このバイクがカワサキ製でなかったところが、ちょっと残念です。
 皆で日の丸、旭日旗、かず先生イラストのプラカードを掲げ、「余命三年時事日記音頭」をひたすら歌う「愛国デモ行進」もありかな?と妄想します。これにはパヨクも反日集団も反対のしようがありません。拡散力は抜群ではないでしょうか。余命拡散プロジェクトNo4といったところです。

【余命拡散音頭3:スーパーカズ編】
ttps://youtu.be/QyvxLvDQwVU

(1)カブに跨り颯爽と 日本背負ってる初代かな
侍ブルーのコスチューム 変身スーパーカズ登場

(2)予言の極限 2015年 大気に土壌に水の中
余命三年時事日記 資本 共産 水 油

(3)住民登録改正で トレーサビリティ・タグ付いて
余命三年時事日記 国が追っかけファンとなる

(4)電光石火のテロ3法 いつの間にやらテロ組織
芋づる金づる お仲間は 同じ口座の郵貯かな

(5)どこに置いてる余命本 日本全国 調査隊
余命三年時事日記 置かない覚悟は あるのかな

(6)不法滞在通報で 追い込み誘導 マイナンバー
余命三年時事日記 銀行口座が名寄せされ

(7)官邸メールの作戦も ネタが尽きないポケットさ
余命三年時事日記 ペンより強きは ネットかな

(8)買わない権利の消費者は 皆が期待の つぶやきで
余命三年時事日記 ワシは好かんぞ ホニャラララ

(9)デモの撒き餌に飛びついて 入れ食い釣り堀 雑魚の数
余命三年時事日記 歓喜の魚拓収集家

(10)振り込み協賛 応援だ 本の印税 待機中
カウントダウンのスイッチは すみれの会の波動砲

【余命拡散音頭2:官邸メール編】
ttps://youtu.be/_cUcxwSCD1g

(1)最低限度の生活は 憲法すべての日本人
余命三年時事日記 ちゃっかり便乗 外国人

(2)伝家の宝刀 外患罪 踏み絵で色分け完了の
余命三年時事日記 見とけ自分の脛の傷

(3)日本国民 気が付いた メディア偏向多すぎる
実は乗っ取り裏事情 自浄なければ殲滅か

(4)諸悪の根源 日弁連 ここにも うようよ ヌマガエル
正義 忠誠 誓うなら 通名使うの駄目ですよ

(5)帰化の書類は完璧か? 資産 あの国 狙ってる
余命三年時事日記 取り消し祖国に お帰りか

(6)日の丸 敬意を払わない 教育現場も腐敗して
それに司法が加担すりゃ 弾劾裁判 日も近し

(7)経済界でも特権で 税を逃れる御誓文
余命三年時事日記 宗教法人改革も

(8)ホントの差別は駄目だけど 差別ビジネス大繁盛
余命三年時事日記 真実見分ける目が欲しい

(9)医療現場も危ないぞ レッド事件を検索だ
余命三年時事日記 通名使うの駄目ですよ

(10)駅前ちんじゃら誰の土地? 暴く戦後の真実を
余命拡散プロジェクト 拡散・覚醒・かず先生



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年6月11日記事「842 巷間アラカルト98」より抜粋して引用

信州味噌
 余命様、余命プロジェクトの皆様こんばんは。連日の投稿お疲れ様でございます。
 寄付金のコメントを読ませていただいて、胸が詰まって涙が溢れてきます。大戦を闘った英霊の皆様の想い、また遺されたご遺族の方々、大陸から命からがら逃げてきた人々のことを目が醒めるまで深く知ろうとしてきませんでした。今も、正直押し潰されそうで怖いです。でも、知ろうとすること、話題にすることでご供養になるならば実行あるのみだと思っています。
 余命本アラカルトで、長野県佐久市にお住いの方が投稿しているのを見て嬉しくなりました。故郷なんです。佐久市を含む東信は羽田孜氏の地盤です。そんな土地柄で本屋が偏っているのも無理ないでしょう。ですが、市立図書館が余命本を所蔵したということでまだ希望があるのだと嬉しくなりました。
 鹿沼市市立図書館の余命本についてですが、ネット検索でしばしば確認しているのですが、ずっと貸し出し中です。まさか、貸し出し中にして利用者さんの目につかないようにしているってことはないですよね。考え過ぎとは思いますが(笑)
 最後に、梅雨入りしましたが、暑かったり寒かったり安定しませんね。風邪など召されぬようご自愛くださいませ。
(信州味噌)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.6.22、記事追加
※2016.6.21、新規作成

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。