余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2015年11月11日水曜日

日本再生計画(計画の概要)  「余命3年時事日記アーカイブ」様より抜粋して引用

「余命まとめ目次」 http://yomeinomatome.blogspot.jp/2015/11/blog-post_98.html

※非常に分かりやすい説明であり、「引用、リンク、部分抜粋、コピペ、全てフリーです。 【余命3年時事日記】拡散の一助になれば幸いです。」とのことでしたので、勝手ながら引用させていただきました。





「余命3年時事日記アーカイブ」様、2014/12/17記事
超訳「余命3年時事日記」【まとめ】日本再生計画



【1】メディアが敵視する安倍晋三氏

 長州出身、保守本流、祖父である第56・57第内閣総理大臣・岸信介氏の志を継ぐ安倍晋三氏は、メディアからの激しいバッシングを受けつつも、戦後レジームからの脱却による日本再生を目指します。



【2】安倍晋三氏の「日本再生計画」

日本を、在日朝鮮人たちから取り戻す。
日本を、売国政党・政治家たちから取り戻す。
日本を、反日マスメディアから取り戻す。
日本を、似非(エセ)「良識の人々」たちから取り戻す。
日本を、戦後レジームから取り戻す。

 その手法は「日本再生計画~法整備編」「日本再生計画~国防編」「日本再生計画~テロ撲滅編」です。
 


【3】2007年日米極秘交渉

 第一次安倍内閣時代に、日米安保で極秘交渉がありました。何十年後かに米国公文書館において見つかる可能性のある取り交わしです。アメリカは日本の核武装を含めた軍備増強を容認し、韓国を切り捨てます。
 


【4】韓国という国家

 「反日」を国是とするような民族性の背景には万年属国という歴史があります。弱者の歴史しか有しない朝鮮民族が選んだ道は、日本を貶め、被害者という立場から日本にたかり、果ては乗っ取ることでした。戦後から日本を蝕み蚕食しつづけ、2008年の民主政権下で「韓国の日本乗っ取り」はほぼ完成した、と言っても過言ではありません。
 


【5】在日朝鮮人

 戦後、朝鮮人は「在日本朝鮮人連盟」を名乗り、GHQも手を焼くほどのテロ行為で暴虐の限りを尽くしました。現在の在日朝鮮人の99%は自国での内戦や虐殺行為から日本に逃れてきた密航者=不法入国者とその子孫です。李承晩ラインという強盗的手法により竹島は実行支配され、在日ヤクザが生まれ、在日朝鮮人たちは在留特別許可を手にしました。
 




[日本再生計画~法整備編]

2015.11.13追記:
==============================
在日朝鮮人を一元管理&法律で縛り、
日本でぬくぬく暮らせなくする
==============================
(追記以上)



【6】外国人管理制度(住民票登録と在留カード)

 外国人の管轄が総務省で一元管理されるようになりました。
 在日も住民登録することになりました。通名記載OKだった外国人登録証明書が廃止され、代わりに通名記載のない「在留カード」へと切り換えが必要になりました。新制度への切り換え期限は2015年7月8日です。
 
2015.11.29注釈追記の並べ替え:
・総務省、通名変更禁止通達(通名一本化、2013年11月15日)
・在日も住基ネットに登録(住民票に登録)、在日の所在をしっかり追える
・住民票のある外国人にはマイナンバーが発行される
・従来の身分証「外国人登録証明書」(通名記載あり)が廃止され、新規の身分証「在留カード」、「特別永住者証明書」(いずれも通名記載なし)を発行
・住民票には通名記載あり(1つのみで変更禁止)
・2015年10月開始のマイナンバー制度と組み合わせ、行政サービスや納税状況も一元管理、生活保護の不正受給や脱税なども一発照会
(以上)



【7】在日特権

 日本へ帰化もせずに「在日」で在り続ける理由は、これらの「在日特権」に由来します。しかし、徐々に在日特権が得られない社会の仕組みになり、むしろ在日朝鮮人であることに強い縛りがかかるようになります。

2015.11.29注釈追記の並べ替え:

・総務省、通名変更禁止通達
 (通名一本化、2013年11月15日)
・複数通名による口座については、少なくとも開設はできない
 (複数通名分の身分証明書がない)
・通名で複数所持していた「通名名義の複数銀行口座」は一本化せざるを得ない
 (口座の新規開設の他にも、取引によっては身分証明書が必要)
 (しかし過去の通名の身分証明書がない)
・一本化すれば資産状況が明確になり、脱税、所得隠し、マネーロンダリング、複数口座の犯罪利用ができなくなる

・三菱東京UFJ銀行の例 http://www.bk.mufg.jp/ippan/law/kakunin.html
1. 「お取引時確認」が必要な取引(本人確認書類の提示他)
(1)口座開設、貸金庫、保護預かりなどのお取引を開始されるとき
(2)200万円を超える現金のお預け入れまたはお引き出しに係るお取引をされるとき
(3)10万円を超える現金による以下のお取引をされるとき
お振り込み、各種お支払い(公共料金など)、銀行振出小切手の発行、株式配当金領収書・持参人払い式小切手・銀行振出小切手による現金のお受け取り
(4)融資取引をされるとき
※これらの取引以外にも「お取引時確認」をさせていただくことがありますので、ご協力をお願いいたします。(後略)

・過去の通名名義の資格証は、資格毎に名義変更をしない限り無効となる
 (過去の通名の身分証明書がない)
・在日も住基ネットに登録(住民票に登録)、在日の所在をしっかり追える
・住民票のある外国人にはマイナンバーが発行される
・2015年10月開始のマイナンバー制度と組み合わせ、行政サービスや納税状況も一元管理、生活保護の不正受給や脱税なども一発照会

(以上)



【8】国外財産調書法とマイナンバー制度

 国外財産調書法は「在日資産逃避防止法」です。マイナンバー制度で帰化人の納税歴や資産状況もまる見えにします。韓国と日本が協力して帰化人含めた在日朝鮮人資産のあぶり出すのです。

2015.11.13追記:
・祖国韓国が在日資産を巻き上げるため、民主党政権時代に制定させた事実上の在日資産逃避防止法(国外財産調書法)
・韓国の住民登録法と連動し、日韓連携で在日の隠し資産をあぶり出す
・帰化朝鮮人は、2015年10月開始のマイナンバー制度により、銀行口座の利用状況や納税状況が過去に遡って把握される
(マイナンバー制度の銀行口座への適用開始は2018年の予定だが、犯罪捜査等にはそれ以前から使える)
・韓国では資産家なのに日本で生活保護を受給したり、海外の家族40人分を扶養してると嘘をついて日本で扶養控除を申請したり…ということは、バレるのでできなくなる
(追記以上)



【9】韓国の在日棄民法3点セット

 本国から見れば、日本に渡った朝鮮人は「白丁」という下賎な身分の被差別民でした。その被差別民が自分たちより富を得て、税も納めず兵役にもつかず、ぬくぬくと在日特権を貪っているのを、祖国民は快く思う訳はありません。だから、韓国は在日を「棄てる」ことにしました。
 


【10】国籍法・兵役法改正(韓国)

 韓国は在日を「棄民」とする前に、彼らを利用することにしました。法律を整備して、兵役に就かなければ国籍離脱できないようにしました。

2015.11.13追記:
・韓国籍から離脱するハードルが上がった
・18歳になる年の元旦を超えてしまい、満37歳の元旦に至っていない人は、兵役を果たさなければ国籍離脱ができなくなった
・法律から在日の「徴兵免除」項目が削除された
・在日韓国人も本国人同様に、「徴兵」「納税」という韓国人の義務を果たさないといけない
・韓国は、日本の住民基本台帳データをもとに、在日韓国人の徴兵や課税、資産を利用する気マンマン
・在韓米軍撤退もあり、兵力の穴埋めとして在日を徴兵
・韓国政府は、在日は「棄民」として肉(=兵役)、カネ=(課税、資産没収)には利用するが、国民として保護する気はさらさらないらしい
(追記以上)



【11】住民登録法(韓国)

 在日の扱いを巡っては、日韓は協調しています。日本の住民登録法改正にタイミングを合わせて、韓国でも在日に住民票を与えることにしました。
 韓国は在日韓国人の徴兵や課税、資産を没収してから「棄てる」算段です。在日は、日韓両国から追い詰められました。
 


【12】民主政権時代の日本

 メディア総出で演出し、もてはやした政権交代劇で民主党が政権与党になりました。シロウトが政治運営するとどうなるか日本国民は身に沁みて理解したので、2012年の総選挙で圧倒的支持のもと安倍自民党が復権しました。また、民主党政権のおかげで「日本の敵」があぶり出されたので、結果的に民主党政権は日本人の覚醒に貢献するかたちになりました。
 




[日本再生計画~国防編]

2015.11.13追記:
==============================
公安が殲滅・粛清ターゲットを特定
有事の際はコソボ・クリミア方式で自衛隊が対応
外患罪や超法規的措置で反日勢力を一掃
==============================
(追記以上)



【13】自衛隊改編と公安再生

 自民党が復権してすぐに安倍氏は、民主党のような売国奴政権下でも国体が影響を受けない国防スタイルを確立させました。民主政権下で壊滅状態だった公安も再生させ、現在は反日勢力など監視対象のあぶり出しに精を出しています。
 


【14】反日勢力殲滅プラン

 2015年7月8日以降、法律で縛りのかかった在日朝鮮人たちが武装蜂起した場合を見越して、自衛隊や民間防衛組織は「コソボ・クリミア」方式を踏襲してこれの破壊殲滅にあたります。警察でも機動隊でもない、国防組織(=軍)である自衛隊が出動する、ということは、敵勢力を「完全に破壊殲滅」するということです。敵勢力とは、反日武装勢力すべて(在日、ヤクザ、反日日本人)と新聞TVなど反日メディアです。

2015.11.13追記:
・自衛隊は、日本国内の対策としてメディアを30分で占拠&破壊殲滅(クリミア方式)
・自衛隊は、在日武装勢力に対して対ゲリラ軍備ですでに待機中
・有事の際、反日売国奴日本人は外患罪で処罰(外患誘致罪は死刑)
・戦闘中に国籍識別など不可能なため、民間防衛組織という超法規的措置で殲滅できる部隊が準備されている
(追記以上)

投稿者注:
コソボ・クリミア組合せ方式のうち、コソボ方式について
・日本人を守るために否定してはならない最終手段
・万策尽きれば、やらざるを得ない局面がくると思う
・コソボ方式は、例えれば核兵器のようなものだと思う
(以上)



【16】在日武装集団

 暴力団など在日武装勢力は軍の一個師団並みに武器を揃えています。非常に危険な上、いざ武装蜂起となれば李承晩ラインにおける竹島のやり方を踏襲して「100人の日本人を人質にする」という手段をとります。

2015.11.13追記:
・在日朝鮮人組織や暴力団は、大量の武器や迷彩服などを隠し持っている
 (交戦者資格を得る要件を研究している)
・有事には韓国戦闘員として日本国内で武装蜂起する可能性がある
・戦時国際法で保証されている捕虜の権利を主張する(自分たちを保護させる)、という保身のなりすましをしようとするものもいる
・在日武装勢力が仕掛けるとすれば、竹島を強奪したときのように「日本人100人を人質に取る」戦法の可能性がある
(追記以上)

投稿者注:
日韓有事(竹島有事)
・韓国憲法の規定により、在日韓国人は国防義務を負う、即ち軍属となる
 (年齢男女制限なく老若男女全て、在外国民対象外の規定なし)
・交戦者資格はハーグ陸戦条約に規定があるが、交戦者資格がなくても非合法戦闘員(ゲリラ)として戦う可能性がある
・軍属でなく、初めから交戦者資格のある兵士として徴兵される可能性もある
(以上)



【17】日韓戦争

 韓国は割とマジで真剣に日本を侵略する気でいます。
 竹島問題で日本が少し騒げば簡単に日韓は紛争状態になります。その場合、韓国との交戦はそっちのけで、日本国内の反日勢力の大掃除が始まります。2015年の在韓米軍の撤退が始まれば、GOサインです。

2015.11.13追記:
・在韓米軍撤退が完了したらGOサイン
・韓国軍は自衛隊の敵ではない
・海自は防衛に徹して第一列島線を守る
・国内の反日勢力を一掃
・国内にいる敵国人・在日韓国人は拘束・強制送還
・反日売国奴日本人は外患罪で処罰(外患誘致罪は死刑)
(追記以上)

投稿者注:
韓国による対馬侵略未遂(2010年11月23日、延坪島砲撃事件の裏側)
・韓国の対馬侵攻を止めるため、米中了解のもとで延坪島砲撃事件発生
…韓国、対馬侵攻が疑われる部隊移動開始
…察知した北朝鮮が軍を移動(一説では約10個師団)
…これに中国も反応、瀋陽軍区朝鮮国境地帯に兵力を集中移動(一説では30万人)
…監視衛星で察知した米から日本に警告するも反応せず、防衛大臣・北澤俊美
…米軍、韓国に忠告するも動かず
…朝鮮戦争再開を防ぐため、米中工作、了解のもとに延坪島砲撃開始
・延坪島砲撃事件で戦時作戦統制権の2012年返還シナリオが頓挫
 (北朝鮮情勢の悪化を理由に韓国の泣きが入り、2015年12月まで延長)
 (米にとっては、日本が民主党政権下であるうちの返還を危惧)
(以上)



【18】外患罪

 「日韓戦争・竹島プラン」における国内大掃除の手法です。
 日本には、戦時下など有事に発動する「外患罪」という「日本人あるいは日本国家に対して犯した犯罪を罰する法律」があります。日韓有事の際は反日売国日本人に対して外患罪を適用して処罰します。反国家行為が全て対象となりますから、現状の日本メディアはすべてが該当します。政治家もかなりの数が該当します。

2015.11.13追記:
・外患罪を用いて大掃除をするには、韓国との紛争発生が必要条件
・2013年10月25日の韓国軍の竹島防衛訓練により、外患各罪の告発要件が満たされた
 (上陸訓練他、訓練映像の公開)
 (竹島が事実上の紛争状態であることを、訓練映像の公開により世界が周知した)
・外患罪の具体的事案は、竹島や慰安婦問題に関する事案
・外患罪適用範囲から中国事案を取り除く必要があったが、2014年8月5日、朝日新聞が従軍慰安婦に関して自社の誤報であったと伝えたことにより、韓国事案だけで外患罪を適用することが簡単になった(慰安婦問題の事案に適用できるようになった)
・外患罪は反国家行為が全て対象となるため、現状の日本メディアはすべてが該当する、政治家も多くが該当する(どこまで処罰するかは別として)
(追記以上)



【19】朝鮮戦争再開

 2015年在韓米軍撤退から始まる、もうひとつの「国内大掃除プラン」です。
 米軍が去れば、朝鮮戦争再開の可能性が高くなります。再開した場合、日本は中立宣言します。中立なので、日本国内にいる交戦当時国民である在日朝鮮人は、全て国外に追放します。難民阻止をがんばる海自の防衛活動の邪魔になるので親韓メディアは殲滅します。

2015.11.13追記:
・在韓米軍撤退後は再開する可能性が高まる
・日本は速やかに中立宣言し、国内の交戦国者たち(在日)を強制送還
・日本は韓国に集団的自衛権など行使しない
・韓国からなだれ込むであろう難民は海自が阻止(対馬・竹島を封鎖)
・日本メディアは国際法上の中立義務がある、しかし現在の親韓反日メディアでは中立義務を守った報道は期待しにくく、海自の難民阻止活動などを阻害しかねない
・これより、親韓反日メディアは破壊殲滅
・朝鮮戦争再開は、在日・反日勢力の駆逐が一気に進む理想のパターン
(追記以上)





[日本再生計画~テロ撲滅編]



【21】国境を超える犯罪への対策

 日本は世界からテロ犯罪に対する法整備を強く求められています。暴力団という国際金融テロリスト組織を壊滅させるための強力な追い風がこの「外圧」です。
 


【22】テロ資産凍結法

 個人も組織も口座凍結されたら、社会的に完全に息の根を止められます。社会生活上の死刑執行です。公安のおかげで反日勢力は芋づる式につながっているので、どんどん適用対象者があぶり出されています。テロ資産凍結法は日本人も対象です。それゆえこの「外圧」は、安倍氏の「日本再生計画」最強カードです。



【25】テロ法3点セットの効力

 組織だけでなく個人をテロリスト指定できます。テロ指定するときは個別の案件について立証の必要がありません。指定されると異議申し立てはできず、単に意見陳述しかできません。指定されたら日本国内では活動できなくなると同時に、世界にも国際テロリストとして指定登録される可能性があります。
 3点揃うと凄まじい法律です。

投稿者注:
・国連安保理テロ委員会で指定された場合にも適用対象となる



【26】テロ資金凍結法の威力

 法案可決成立のトラップとして、テロ資金凍結法は反日勢力にとって表向き無害なかたちにしてあります。一見「骨抜き法」ですが、条文にほんのちょっと追加訂正するだけで、反日勢力を迅速かつ全て網の中に入れることができます。また、「国際テロリスト」を「国際日本人テロリスト(=日本人テロリスト)」と「国際外国人テロリスト(=在日テロリスト)」の定義も明文化していないので、少し法案に文字を追加する必要があります。そうすると、テロ指定された在日暴力団など「日本にいる外国人テロリスト」は、15日以内に国外退去(違反すれば強制送還)という手続きが取れるようになります。





……余命3年時事日記からの警告……

【警戒すべき2015年内のイベント】
7月8日以降
在韓米軍撤退

【警戒すべき場所】
パチンコ屋
タクシー
在日の多いエリア(新大久保・鶴橋など)

【特に注意が必要】
子供や高齢者のいる世帯



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2015.11.11、「投稿者注」欄のみ、おーぷん2ちゃんねる版に加筆
※2015.11.13、リンク追記、「余命まとめ目次」(ページ最上部)
※2015.11.13、解説追記
※2015.11.18、見出し文強調(文章は変更なし)
※2015.11.28、「【7】在日特権」欄の解説文変更、変更前の文章は以下
「日本へと帰化もせずに「在日」で在り続ける理由は、これらの「在日特権」に由来します。しかし、2015年7月8日以降は、在日特権が得られない社会の仕組みになります。むしろ在日朝鮮人であることに強い縛りがかかります。」
※2015.11.29、「【6】外国人管理制度(住民票登録と在留カード)」注釈追記の並べ替え
※2015.11.29、「【7】在日特権」注釈追記の並べ替え
※2015.11.29、「【17】日韓戦争」投稿者注を一部変更、以下は変更前の文章
「2010年11月23日の延坪島砲撃事件の裏側で、韓国による対馬侵略未遂」
「・延坪島砲撃で戦時統制権2012年返還が頓挫、韓国の泣きが入り2015年12月まで延長」
※2015.12.12、「【19】朝鮮戦争再開」解説文変更(「周辺国」という相手があることは断言できない)
変更内容「米軍が去れば、朝鮮戦争が再開します。日本は中立宣言します。」>>「米軍が去れば、朝鮮戦争再開の可能性が高くなります。再開した場合、日本は中立宣言します。」
※2015.12.12、「【25】テロ法3点セットの効力」解説文変更(「日本での指定→世界での指定」となるかまでは断言できない、「世界」という相手があることは断言できない)
変更内容「指定されたら日本国内では活動できなくなると同時に、世界にも国際テロリストとして指定登録されます。」>>「指定されたら日本国内では活動できなくなると同時に、世界にも国際テロリストとして指定登録される可能性があります。
※2015.12.12、「【26】テロ資金凍結法の威力」の「投稿者注」を「【25】テロ法3点セットの効力」に移動(誤記訂正)、移動内容「・国連安保理テロ委員会で指定された場合にも適用対象となる」
※2015.12.12、重要文強調(文章は変更なし)
※2015.12.12、モバイル対応表示に変更(インデント解除)

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。