余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ

有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ 護身特集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら → 自己紹介

2016年1月6日水曜日

米韓相互防衛条約は不平等条約


余命ブログで度々、取り上げられる「米韓相互防衛条約」。
具体的にはどのような条約なのでしょうか。
日米安保条約と比較して、その要点を探りました。

余命ブログ、2016年1月5日記事「409 不買の恐怖」より抜粋して引用
.....朝鮮戦争休戦協定違反の対応策として締結されたもので米国がすべての権利と自由度を持ち義務はない。条約を一読すれば、完璧な奴隷条約であることがすぐわかる。



その結果…
まさに不平等条約、奴隷条約でした(笑)
皆さんも笑ってやってください。

(詳細を知りたい方は、リンク先の記事を読んでみてください)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米韓相互防衛条約

【研究ノート】 米韓相互防衛条約

・まさに不平等条約、奴隷条約
・日米安保のような経済規定もなし

・米韓一方に対する武力攻撃(地域問わず)はいつでも協議する。
…自国の平和及び安全を危うくするものであると、無条件で認めるわけではない
…当然、米国防衛に韓国は強制参加
…韓国防衛は米国次第

・太平洋地域における、米韓一方に対する武力攻撃は、自国の平和及び安全を危うくするものであると(無条件で)認める。
…米国グアム、ハワイの防衛に韓国は強制参加

・韓国は在韓米軍の駐留を認める



日米安保条約

【研究ノート】 日米安全保障条約(60年安保)

・安保・経済包括条約と言った方が正しい
・自由主義であることを明記している
・日本国施政下の領域における、日米一方に対する武力攻撃を、自国の平和・安全を危うくするものであると(無条件で)認める
・日本は在日米軍の駐留を認める



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
なし

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。