余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年3月10日木曜日

【拡散希望】 真・カミカゼ様主催「ハードランディングのシナリオを考える」は危険行為


真・カミカゼ&おまいら 2016年3月10日 ハードランディングのシナリオを考える1
ournamekamikazeのブログ様、2016-03-10 10:22:20

よお俺だwwww
なんかアクセス数がすごいじゃないかwww
アメブロで8000PV強、ランキング1661位とwww
和田政宗先生のブログの2621位を超えてるぜwww

さて、人も増えてきたことだし、一部で予告したとおり、今日から新しい企画をやろうと思うwww
俺が主催、おまいら全員参加戦略シミュレーションゲームだwww
俺の他の記事が嫌いでも、この企画が気に入ったらこの企画だけでいいから参加してほしいwww

ハードランディングが現実化するときに具体的に何が起きるかwww
俺とおまいらでシミュレーション(机上演習)をやろうじゃないかwwww
タイトルにある通り、おまいらの参加が非常に重要になるwww
コメント欄をフル活用してほしいwwww

俺の役割はゲームマスターで、まず、ハードランディングになりそうなシナリオを提示するwww
そして、大きく情勢を動かしかねない、重要な勢力の動きをおまいらが考え、www
その結果を元に俺が次の展開を提示しwww
おまいらがまた各勢力の次の一手を考えるwww
これの繰り返しだwwww

反日勢力にヒントを与えることになるって?www
反日勢力って負けることになってるだろ?www
ゴミどもが勝てる穴が見つかったら、おまいらが塞ぐよう頑張るんだwwww

どうだ?wwww面白そうな企画だろ?wwww
ということで、ハードランディングに興味あるおまいらは協力してくれwww

http://yamatonococoro.seesaa.net/article/434725024.html
こちらにハードランディングが起きうるシナリオが書いてあったので、
まずはこれらを考えてみるかwww
大和心氏にはこの企画に一時的にでも賛同いただき感謝だぜwww
しばらく普通の文体で書くぜwww

(引用以上)



信濃注:
(2016.3.10削除、大和心への回帰様、コメント欄の投稿・返信参照)
(基本的に、他人様のブログにお願いするなんて厚かましいことですね。反省。)
大和心への回帰様へお願い
真・カミカゼ様の主張「一時的にでも賛同」を否定していただけませんか?
(以上)





非常に危険な行為だと思います。

 個人がブログで発信するのとは訳が違います。理由は「現在の多くの日本人保守層が考えるパターンを提示する」ことになるからです。

 「ビッグデータ」と似たような考え方です。

 もしも私が敵側だとすれば、これを基に裏をかいた作戦を立てるでしょう。現在の多くの日本人、しかも保守層が考えるパターンですから、データにはそれなりの信憑性が生まれます。
 作戦目的としては、反日勢力が生き残るため(平時・有事問わず)、平時に保守勢力を分断するため、有事に保守勢力を撃破するため、・・・、他にもいろいろな見方ができるでしょう。加えて、同じ日本人である在韓邦人、在中邦人に対する作戦にも応用できるでしょう。
 「敵を知る」ことは作戦の基礎です。
 もちろん、真・カミカゼ様の意図がどこにあるかなんて分かりません。しかし、結果として、反日勢力に日本人保守層のデータを提供することになります。

 危険です。反日勢力に日本人保守層のデータを提供してはいけません。当ブログとしては参加しないことをおすすめします。



※真・カミカゼ様の名誉のために言います。「最後は個人の自由ですが。」





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.3.10、16:30、信濃注欄削除

0 件のコメント:

コメントを投稿

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。