余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年4月22日金曜日

先人の知恵、当時のコツに学ぶ、朝鮮人との付き合い方


 先人が苦労して得たものの一つが知恵ですよね。時が経って「そっくりそのまま」というわけにはいかないでしょうが、現代生活に活かせる部分は多々あると思います。
 本稿では先人の知恵、朝鮮人との付き合い方編を掲載します。日本だけでなく各国の先人の知恵を、状況別に掲載します。



関わりが薄い方向け(最多の基本パターン)
ロシアの先人に学ぶ

旧ソ連(ロシア) 【旧ソ連共産党による朝鮮の扱い方】

・頭痛の種になるだけだから関わるな
・手段を択ばぬキチガイ揃いだから関わるな
・関わるとこっちが痛い目に遭うから関わるな
・関わってきたらウオッカ飲んで忘れようぜ

※非韓三原則(助けない、教えない、関わらない)+ビールでも可

※出典不明。ただし要人による類似証言あり。(添付資料参照)

 

同僚、部下として付き合わざるを得ない方向け?
日本の先人に学ぶ

旧日本陸軍の朝鮮兵取り扱いマニュアル

・いつ、いかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わすこと。
・絶対に頭、体を叩いてはいけない。怨みを持って復讐する気質があり、脱走の原因となる。
・清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教えること。
・危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖があるから、日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。

※出典: 『朝鮮軍司令部 1910-1945』(古野直也、国書刊行会) (添付資料参照)



取引先、得意先、ご近所として付き合わざるを得ない方向け?
日本の先人に学ぶ

朝鮮併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達

・朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるように心がけること。
・朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
・朝鮮人は恩義に感じることがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。
・朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。
・朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄行為と考える向きがあり、重々注意せよ。
・朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合には必ず証拠を提示させること。
・朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
・朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。
・朝鮮人には日常的に叱責し決して称賛せぬこと。
・朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
・朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄りの官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。
・朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。
・朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せるものを同道せる場合にある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。
・朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子に身辺貞操には注意せよ。
・朝鮮人の差別、歴史的認識等の暴言せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
・朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げて大音声で論破し、沈黙せしめよ。
・朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出しには決して応じてはならない。

※ネット上に各種解説はあるものの出典不明。一説は以下。(添付資料に抜粋して引用)
「併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達」は?
雨のち晴れの記 様、2015-05-26 10:31:08



有事向け? 犯罪者向け? 火事場泥棒にも?
米国の先人に学ぶ

米軍による韓国兵の扱いマニュアル (ベトナム戦争

・韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。

・命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
…信濃注: 民間、有事に則した現代的解釈(「身体で解らせろ」を「正当防衛」と解釈)
…警告しても(しなくても)襲ってきたら正当防衛せよ。

・同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上ということを身体で解らせろ。
…信濃注: 民間、有事では、敵味方はあるものの、どちらが上ということはない。

・理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
・身体で解らせたい場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
・相手を3才児と思って信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。

※ネット上に各種解説はあるものの出典不明。一説は以下。(添付資料に抜粋して引用)
ときどき目にする朝鮮人取り扱いマニュアルとは本当ですか?
yahoo知恵袋、2014/8/17 21:20:17

※「相手を3才児と思って信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。」については以下に傍証あり。(添付資料に抜粋して引用)
米軍少将が「韓国軍は新生イラク軍よりもできない」と言い放つ!!!⇒「そこまで言うのは余りに酷すぎないか?」by 韓国の反応
ホル韓ニュース速報「改」様、2015/01/04





以下、添付資料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年4月10日記事「588 巷間アラカルト㉔」
(読者さん投稿)

ロシア人が激白!「朝鮮人とは関わりあうな」
https://www.youtube.com/watch?v=BJJG-XWHr_w
franctomasboys 様、2010/11/24 にアップロード

『朝鮮軍司令部 1910-1945』(古野直也、国書刊行会)
画像引用元:
朝鮮出身兵取扱教育三百代言
朝鮮出身兵取扱教育2三百代言

「併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達」は?
雨のち晴れの記 様、2015-05-26 10:31:08

ときどき目にする朝鮮人取り扱いマニュアルとは本当ですか?
yahoo知恵袋、2014/8/17 21:20:17

米軍少将が「韓国軍は新生イラク軍よりもできない」と言い放つ!!!⇒「そこまで言うのは余りに酷すぎないか?」by 韓国の反応
ホル韓ニュース速報「改」様、2015/01/04



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余命ブログ、2016年4月10日記事「588 巷間アラカルト㉔」
(読者さん投稿)
 以下の情報はYouTubeにて見つけた内容を書き写したものです。非常に興味ある内容ですが、特に第2項の内容を読むと、終戦直後の混乱期に蛮行を繰り返した彼らの行動が、一時的なものではなく、その民族の特性によるものと考えられ、今後とも十分注意・警戒する必要があると思われます。また、彼ら民族の特性が、我々日本人だけではなく、中国人やアメリカ人、ロシア人にも理解されていたことに驚かされました。
 最後に、投稿の方法が分らず、コメント欄に書込んでしまいました。すみません。

1.「中国人が日本人に伝えた韓国人取り扱いマニュアル」
・馬鹿に情けをかけてはいけません。
・日本人は韓国人に対し優しすぎます。それは日本の為に良くないことです。そして韓国の為にも良くないです。
・韓国人は「優しい」と「弱い」の区別が出来ません。また、「強い」と「悪い」と「正義」の区別も出来ないのです。
・韓国人と付き合うのはとても厄介です。中国人も韓国人とは関わりたくありません。しかし、我慢して付き合わなくてはいけない状況です。
・韓国人は「対等」という概念を知りません。韓国人社会は個人同士どちらが優位な位置にいるかが最重要の関心事です。個人主義の中国人から見ても異常性を感じる社会です。
・このような社会で生きる韓国人は他人に対する思いやりや慈愛の精神は皆無です。したがって日本人が普遍的に持っている「平等感」や「対等」という気持ちや態度は韓国人には敗者の態度に見えてしまいます。
・中国人は韓国人の軽薄な精神性をよく理解してますが日本人は韓国人をあまり理解していません。
・日本人は韓国人をまともな人間だと思って対応しているので問題が発生するのです。
・中国人から日本人に忠告します。韓国人は犬だと思って付き合いなさい。それが韓国人のためでもあります。
・韓国人に簡単に謝ってはいけません。
・筋の通らない理屈を言ったら100倍制裁をしなさい。
・感謝の気持ちは王が家来に褒美を与える様に伝えなさい。
・正論や理屈は意味がありません。強制と命令で動かしなさい。
・裏切りに対して温情は絶対にいけません。実行できない無理な命令を出して出来ない事を攻め続けなさい。

信濃注: 「中国人が・・・」について、ネット上に各種解説はあるものの出典不明。 (以上)

2.「朝鮮併合時の日本政府から朝鮮総督府へ通達していました。通達の中身は、今現在も通用する中身です。
(本文掲載につき省略)

3.米軍による韓国兵の扱いマニュアル
(本文掲載につき省略)

4.旧日本陸軍の朝鮮兵取り扱いマニュアル (朝鮮軍司令部1904~1945)
(本文掲載につき省略)

5.旧ソ連(ロシア) 【旧ソ連共産党による朝鮮の扱い方】
(本文掲載につき省略)
(引用以上)



ロシア人が激白!「朝鮮人とは関わりあうな」
https://www.youtube.com/watch?v=BJJG-XWHr_w
franctomasboys 様、2010/11/24 にアップロード

元ソビエト共産党中央委員会、ワジム・トカチェンコ氏、NHKによるインタビュー
以下、動画より書き起こし
0:30~
フルシチョフの時代からゴルバチョフ時代まで、30年以上にわたり、共産党の中枢で朝鮮政策に携わりました。ソビエトの歴代首脳と金日成との会談にも立ち会っています。
2:20~(2016.4.22、23:40追記)
北朝鮮は私たちを試しさえしました。
彼らはカミソリの刃の上を渡っていたのです。
一歩間違えれば本当に戦争になっていました。
北朝鮮は我々から得られるもの全てを搾り取ろうとしたのです。戦争の危険を顧みずに。
3:00~
北朝鮮はソビエトにとって常に頭痛の種でした。 (中略)
このような人々と全く関わりを持たない方がいい。
不用意に関わるとこちらが病気になり、傷付くことになるのです。
(以上)



『朝鮮軍司令部 1910-1945』(古野直也、国書刊行会)
画像引用元:
朝鮮出身兵取扱教育三百代言
朝鮮出身兵取扱教育2三百代言

(引用以上)



「併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達」は?
雨のち晴れの記 様、2015-05-26 10:31:08

 <併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達>と言う怪文書がネットにあって、いささかどうかなと思って調べてみたら、2010年に出回ったみたいですね。
 以下引用。

2010/7/2420:49:27
<これは、本当に朝鮮総督府の文章ですか? >と言う質問
併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達
(通達部分、略)

 補足余りにも現在でも通用するので、最近誰かが意図的に作った物か、ホントに明治の政府が作成した物か、本物の気がしますが、確信が欲しくて。
(中略)

ベストアンサーに選ばれた回答
lieutenantcolonelsandarsさん
編集あり2010/7/2610:11:24
 昔二階堂ドットコムに掲載されていた文ですね、初めてこれ読んだとき心が震えるくらいに昔の日本人の洞察力に感服しました。
 故伊藤博文も併合には消極的なのもむりはない、清からロシアからの軍が来るたびに日本が赴いて討伐し、日本侵略の足掛かりを無くす為に泣く泣く併合したのが汲んで取れます。本当は、あの地を焦土とかし、人民を土地の肥やしにしたかったが、日本人は根が優しいから出来なかったんでしょうね。

※「併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達 」とはなっていますが、公文書として残ってるという証拠が皆無なんですよね。しかし、火の無い所に煙はたたないので、近しい文は現地に有ったでしょうね。

 それとは別に、公式に残っている対朝鮮人の軍での対応マニュアルを抜粋します。
「旧日本陸軍の朝鮮兵に対する注意書き
『朝鮮軍司令部1904~1945』古野直也著 国書刊行会より
(注意書き部分、略)

 これを知ったら信じる気にもなりますね。
 叱ったら、逆恨みで上官でも殺害し、本当にヤバクなったら銃を放り出して泣く、生態が子供のまんまwww というのを見つけました。

 以前に上海の金陵部隊での終戦時の朝鮮人兵の脱走というか、日本の敗戦を知って勝手に逃げ出した記録があったことを書いたのですが、ほんとに仲間内にはなれないと思います。

南京・「想い出の金陵部隊」兵たちの記憶  私のブログから
 最後に大坪元大佐の金陵部隊の思い出には8月15日以後の朝鮮兵のことが書かれていた。
 「当時11名の将校がいたが、8月16日にきて、「即刻解除してくれ」という。朝鮮の兵は200名程いて、脱走するのもいるかもしれないと危惧する。暴動のおそれもあるからと2名の将校を兵の統率のために残して、大坪の独断で解放したのだそうだ。9名の将校だが、かれらの行方はわからないという。また朝鮮の兵を朝鮮独立のためのグループ金九に引き渡したけど、2名の将校は意見が合わないといい脱走したという。」
 そのように朝鮮兵のことは、半ば呆れながらの思いで書いている。この部隊には台湾出身の兵もいたが、特別に書いていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 上の通達が真実であるか否かは別にして、まともな帰属意識とか、人間的素養と言う面において、共感したり共鳴することが可能な民族であるかと言えば、それは難しいだろう。
 火病と言われる独特の「すぐ切れる」質、喧嘩も周りに言いふらして相手の悪口を言う、正面から戦わない、労働を卑しむ「両班」の傾向が残っている。「宗族」の血縁共同体と他者との二重倫理性も色濃くのこり、中国人以上に洗練されていない、いわゆる<田舎者根性>が強い。正々堂々と言う態度がない。何事も他人のせいにして言い逃れる。嘘は平気でつける。
 冬季オリンピックもどうなるかわからない。どこかに依存しないとまともにやっていけない。
 まともにやってる姿が北朝鮮のレベルで、あれが朝鮮の本質だと言える。ああいう姿で支配されることが、彼らには平安なんだろう。強権に対して立ち向かうこともなく、脱北と言う手段で逃げる。
 そう、<逃げる>と言う「心情」はどこから出てくるのだろうか。中国の軍隊もよく「逃げる」。南京の司令官は共産党員のスパイで先に逃げた。だから兵隊も逃げた。徐州作戦のときも中国兵は逃げていなかった。朝鮮戦争の時も、韓国兵は逃げまくって南まで北軍と中国軍に追われてしまう。ともかく弱いのだ。
 人間性が本質的に<自立していない>から、動物的に<生き延びる>ことが大事になり、人間として生きる上での<名誉>とか<品格>などと言うものが顧みない。だから嘘をつき、自分を正当化しようとする。事実を、見ることは自分たちを「知る」ことであるけれど、その「本質」を知る勇気がないから「理想」に逃げる。だから整形しても平気なのだ。
 すべてを整形する韓国文化は、そのうち自分たちが何物であり、いかなる歴史の上に自分たちが存在しているのかもわからなくなるのだろう。
 日本と言う鏡を見て自分らの存在があるように思っている。日本がなくなれば、中国かロシアに従属する昔の姿に戻る。韓国は間違えた歴史を国民に刷り込んでいる。この影響は大きい。これから経済は停滞していくだろう。自力で復活する能力はないと言える。世界の嫌われ者と認識されつつある。
 上の通達は、事実でないとしても、そこで書かれている内容は現代でも通用するものとして、在日などの存在にも十分に注意して相手すべきだろう。
 通名廃止は確実に進めてもらいたいものだ。彼ら自身がアイディンティティを自覚するうえでも必要だ。日本語目で偽って生きようとするのは自分の出自に自信がないからだ。それと欲目でしか物をみない場合には偽るためにそうなる。

<対等の関係を結ぶという概念がない>ので信頼がうまれない。日韓条約締結も無視される。
<絶対に謝罪してはいけない>、彼らには人間関係を円滑にする知恵はない。金勘定に換算する。慰安婦問題はその例だ。
<恩義に感じるということがない>から1000年怨めるし、歴史遺産も破壊する。
<朝鮮人は所有の概念について著しく無知>だから仏像を盗んでも平気でいる。
<朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと>とは真実をついている。
(中略)
<危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖がある>
これが本質を表している。
(中略)
<朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。 >
<朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せ しめよ。 >
 これが対韓国への基本態度とすべきである。
 でも、この通達の文言は笑えるくらいに的確だ。
(引用以上)



ときどき目にする朝鮮人取り扱いマニュアルとは本当ですか?
yahoo知恵袋、2014/8/17 21:20:17

te_amo_xvさん、2014/8/17 21:20:17
ときどき目にする朝鮮人取り扱いマニュアルとは本当ですか?
(マニュアル部分、略)

aridonfreeさん、2014/08/17 23:37:47
↑いや、ソースは定かじゃないので事実かどうかは自信ないですが、米軍による朝鮮人の取り扱いに関しては朝鮮戦争の時に既に取り沙汰されています。
 発端は韓国軍があまりにもあっさり逃亡するので文句を言った所、李承晩は武器が脆弱だからだと主張して米軍から新型装備を供与された。にも関わらず今度は其の装備をそっくり残したまま韓国兵が逃亡したので、防衛戦が崩れたところから北朝鮮軍、と言うか中国兵がなだれ込んできて、しかも韓国軍が残していった新式装備で後ろから攻撃を受け、米軍が大打撃をうけた・・・
 って話を元米軍人から聞いた時に似たような話に言及してました。その手の経験からくる話なのかもしれません。

質問者 te_amo_xvさん、2014-08-17 23:51:23
 あ、その話は私も聞いたことがあります。面白い話なのでちょっと私が聞いた話を一くさり。
 対馬侵攻を企図した李承晩は演習と称して軍を釜山に集結。その際、手薄になった38度線を破り北朝鮮が侵攻。李承晩、市民を残しソウルから非難、途中、市民が避難中の橋を爆破。南方に追い詰められた李承晩はマッカーサーに北九州へ退避させてくれと頼む→マッカーサー拒否→李承晩、北九州がダメなら島根でもいい→マッカーサー黙殺。
 その後、多国籍軍の活躍にて韓国側が北朝鮮を北方まで追い詰める。金日成が中朝国境付近で中国義勇兵の将軍に捕まる。将軍、金日成を叱る→金日成言い訳→将軍、金日成を2,3回ビンタし、この戦いは既に我々の戦いだ、お前は命令書にサインだけしとけ→金日成「はいはい、すべて同志にお任せします。」
 李承晩にしろ、金日成にしろ、すごいですね。皮肉的意味で。
(後略)
(引用以上)



米軍少将が「韓国軍は新生イラク軍よりもできない」と言い放つ!!!⇒「そこまで言うのは余りに酷すぎないか?」by 韓国の反応
ホル韓ニュース速報「改」様、2015/01/04

米国の将軍が非難「韓国軍は新生イラク軍よりもできない」
引用:chosun.com
http://goo.gl/tzOzJc (信濃注: ソースは朝鮮語)
(中略)
 延坪島事件の翌日、連合軍司令部情報作戦部長であるマクドナルド少将が火のように腹を立ててこのような発言をした。「私はイラクに参戦した軍人だった。イラクの新生軍でさえ判断ができる。ところで昨日、韓国の合同参謀は何をしてもいいものか判断がつかず、電話が毎時間、毎分ごとに数え切れないほどかかってきた。どうして韓国軍はイラク軍よりできないか?
(後略)
(引用以上)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.4.22、解説追記(23:40)、添付資料 >> 「ロシア人が激白!「朝鮮人とは関わりあうな」」欄

3 件のコメント:

  1. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年4月23日 4:43

    >※非韓三原則(助けない、教えない、関わらない)+ビールでも可
    余命ブログにも投稿しましたが、
    個人的には「助けない、教えない、従わない」+ビールかな...と考えます。
    「無視=関わらない」だと思うのですが、ここは「(韓国語の)無視(信号無視の「無視」)=従わない」だと考えます。
    あと、自分は、あまりビールが好きではないので、日本酒か焼酎にします(笑)

    返信削除
  2.  余命ブログへの投稿、拝見しました。
     仰るように「関わらない」より「従わない」が正確だと思います。国際社会、メディア、ネットというものを考えると、多少なりとも関わらざるを得ない面がありますしね。
     それから...ロシアン・スピリッツ・ウォッカ(蒸留酒)に倣えば、日本人にはジャパニーズ・トラディショナル・スピリッツ・ショーチューですね(笑)

    返信削除
  3. 旧日本陸軍の朝鮮兵取り扱いマニュアル
    ・危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖があるから、日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。

    通達の真偽のほどは分りませんが、40年以上前に親が親戚づきあいをしていた知人(オジサン)からマニュアル通りの話を聞いたことがあります。
    その方は確か”北支”に出征して、戦闘で負傷して”びっこをひいて”いました。(「俺はよぉ、鉄砲で撃たれてびっこになったんだ。」って言ってました。それでもタンクローリーを運転してましたが。)
    そのオジサンが語ってくれた話は、こんな話でした。
    「アイツらは夜目が利くんだ。戦場であそこの様子を見てこいといっても、命令に従わない。」ことがあったそうです。
    「”アイゴー!あそこに敵が隠れているからいけない。”と言って泣くんだよ!」 つまり、緊急時に思考停止してしまうんですね。
    その時はそんな話があるのかくらいにしか思わず、それ以降忘れていたのですが、このブログを見て古い記憶が蘇りました。

    マニュアルの言うことは、真実であると確信できました。

    返信削除

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。