余命ブログを読み慣れていない方へ、理解しやすい読み方の順序(タイトル右下の「目次へ移動」から「余命まとめ目次」もご参照ください)
①日本再生計画(計画の概要)  ②敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ③以降は興味のある記事からどうぞ  おまけ:余命3年時事日記、まとめ年表・2016
有事の最低限度(有事とは人の命がかかった実戦です)
有事・要警戒リスト ・有事の身分証明は必須 ・武力攻撃やテロなどから身を守るために  おまけ:・護身特集 ・有事対応、短編記事リンク集

・当ブログはリンクフリーです。詳細はこちら 自己紹介   ・?なブログリスト ・ブラクラチェッカー(webサイトの危険性を閲覧前に確認)
【拡散希望】 川崎発、日本浄化デモ第三弾(2016.6.5、五十六パパ様主催) 現場動画集
【拡散希望】 許すまじ朝鮮人! 朝鮮人の象徴たる動画動画のスクリーンショット集を作りました
【信濃雑感】 竹島の日(2016.2.22)、竹島×韓国といえば竹島上陸・天皇陛下侮辱発言、この他に日本乗っ取り完了宣言もしていた!

2016年7月19日火曜日

【警戒情報】 余命さん「今週末から花火大会だよ」(ニュース追加2016.7.19~25)


※本稿を出稿するか否か迷いましたが、「備えが大事」という観点から出稿することにしました。



 ブログではぼかしてありますが、余命さんの「今週末から花火大会だよ」という言葉は、南シナ海を中心とした花火大会とも受け取れます。確かに、南シナ海情勢を分析すると、今週末には開戦してもおかしくない情勢です。もちろん、開戦しない可能性もあります。
 余命さん「相手のあることだから1から10までのシナリオは話せないが」...その通りですね。
 余命さん「来週中には記念すべき告発第1号がでる」...既に竹島を軍事占領している韓国事案から出るのか、新たに南シナ海で戦端を開くかもしれない中国事案から出るのか。
 じゃあのさん、坂東忠信さんの警告も気になります。
 そこで本稿では、公開済みの情報を基にして南シナ海情勢を分析します。



余命ブログ、2016年7月18日記事「1050 2016年都知事選22」
(読者さん投稿)
桜井誠、韓国民団に突撃!(投稿文、後略)

(余命さんコメント)
.....「余命さん静かですね」「そうですね」

(読者さん投稿)
桜井候補の出馬の意義は半ば達成されていますね。(投稿文、後略)

(余命さんコメント)
.....今週末から花火大会だよ。

(読者さん投稿)
(投稿文、前略) 都知事選についての強い危惧は、深まるばかりです。このままでは反日を是とする勢力に担がれた都知事が、たとえば、わたしたちの東京五輪・パラリンピックに力を振るうことになりかねません。単に保守というより、単に東京というより、日本の危機です。
 正直、その深刻さに身震いしています。参院選の一方で、この危機が進行してしまいました。(中略)
 まさかの一手、奇蹟の一手を考えるほかないほどの危機だと思慮します。

信濃注:
以上、青山氏のブログからの引用文
当然ながら…
青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road様、2016-07-15 06:25:07
(信濃注、以上)

(余命さんコメント)
.....軌跡の一手かどうかはわからないが、攻め口はいくらでもある。相手のあることだから1から10までのシナリオは話せないが、すでに包囲はしているといったら納得できるだろうか。要するにこれからは時間の問題だ。
(余命ブログ、引用以上)



余命ブログ、2016年7月18日記事「1051 巷間アラカルト174」
(余命さんコメント)
.....新事務所開きが16日だが、まだ何もない。だが、水面下ではしっかりと準備ができている。来週中には記念すべき告発第1号がでる。これからだね。
(余命ブログ、引用以上)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目次

1.結論
2.できる備えを
3.坂東忠信さん情報
4.じゃあのさん情報
5.報道情報 (2016.7.19付~)
6.報道情報 (~2016.7.18付、抜粋)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.結論

 余命さんの言葉、じゃあのさんの言葉を踏まえると、中共が南シナ海で開戦する(攻撃開始する)とすれば、今週末(7/22(金)夜~24(日))の可能性が高いと思います。
 中共が緒戦でどう出てくるのかは不明です。自分より弱い比相手に小競り合いを仕掛けるのか。この場合、比がある程度、やられた段階で、米比相互防衛条約で米国が参戦する可能性が高くなります。或いは、緒戦で大打撃を与えるために、米軍艦隊、米軍基地相手にミサイル飽和攻撃でくるのか、先制核攻撃(戦術核、つまり、小型の核兵器)でくるのか。いずれにせよ、米国が参戦した場合、日本は自衛隊が後方支援することになるでしょう。
 開戦の決断は中共次第です。余命さん情報によれば、現実主義の中共は対日米開戦しても勝ち目がないと悟っているようですから、開戦を諦める可能性もあります。
 開戦を諦めた場合、南シナ海から少なくとも一部は撤退せざるを得なくなるでしょう。その場合、軍内部の統制は取れるのか、国民の反発を抑え込めるのか。中国国内はいずれ内戦に至る可能性があります。坂東忠信さん情報では、「中国では反体制派のテロによるダム破壊に備えて、すでに解放軍がダム周辺に部隊配備している」とのこと。中共は内戦にも備えているようです。
 中共にとっては進むも地獄、退くも地獄。
 いずれにせよ、日本人としては開戦を前提に備えておくことが一番、大事だと思います。



中国を中心とした動き
考察
19202122232425
中国、南シナ海軍事演習
(7/5~11)
中共艦隊召集       
中国海軍、予備役招集
(7/10~22)
中共人員召集       
国際仲裁裁、南シナ海問題裁定
(7/12)
国際法の解釈決定       
中国、仲裁裁の裁定拒否
(7/12)
中共方針発表       
中国、南シナ海で比漁船追出し
(7/14)
中共方針堅持       
ASEM首脳会合
(7/15~16)
アジア欧州の首脳間で
中共悪玉の合意形成
中共は巻き返しならず
       
米海軍制服組トップ、中国訪問
(7/17~20)
軍事当局間の最終交渉か?       
中国、南シナ海軍事演習
(7/19~21)
予備役含む最終訓練か?
訓練理由の海域封鎖で
配置含む作戦機密保持か?
       
米中外相会談
(7/21~ASEAN外相会合にて)
事実上の最後通牒か?     
中国、開戦決断?
(7/21以降?)
決断するなら予備役招集中?   
中国海軍、予備役続投?
(7/22~?)
開戦決断なら予備役続投?   
中国、攻撃開始?
(7/22以降?)
攻撃開始なら行政機関が
手薄な金曜夜~日曜?
   



※北朝鮮、朝鮮総連の動き (2016.7.20、02:30追記。以後、重要情報を随時追記)

 中国の動きと北朝鮮本国、および、日本国内の朝鮮総連の動きが連動しているようにも見えます。中国が開戦した場合、戦況を見ながら北朝鮮も動く可能性を捨てきれません。
 北朝鮮本国が動けば、日本国内の北朝鮮系在日朝鮮人、帰化人も動く可能性があります。例えば、本国の戦費調達のために在日韓国人、韓国系帰化人の資産確保などが考えられます。民族性を考えれば、資産確保のために人は処分する可能性があります。
 また、北朝鮮系が動けば、それに対応するために在日韓国人、韓国系帰化人も動く可能性があります。上記の例では、北朝鮮系からの資産防衛、人の防衛、逃亡などが考えられます。逃亡先では略奪、窃盗、それに伴う傷害、殺人、放火等、何でもありになる可能性があります。
 脅かすつもりはありませんが、第二次世界大戦後の歴史を振り返っただけでも、何でもありになる可能性は否定できません。国内の南北在日朝鮮人、南北朝鮮系帰化人の動きにも注意が必要だと思います。

2016.6.20、朝鮮総連、反対勢力へ総攻撃・総決死戦で臨む聖戦を傘下団体に指示
2016.6.22、北朝鮮本国、中距離弾道ミサイル・ムスダン2発発射(1発は大気圏再突入に成功)
2016.6.24、北朝鮮本国、国営ラジオ・平壌放送で国外の「探査隊員」(工作員)に暗号放送
2016.6.29、北朝鮮本国、金正恩、新設の国務委員長に就任
2016.7.12、国際仲裁裁判所、南シナ海問題裁定
2016.7.13、米韓、韓国南部・星州にTHAAD配備決定と発表(運用は2017年末から)
2016.7.13、中国、仲裁裁の裁定拒否(中共、方針発表)
2016.7.14、中国、南シナ海で比漁船追出し(中共、方針堅持)
2016.7.15、北朝鮮本国、国営ラジオ・平壌放送で国外の「探査隊員」(工作員)に暗号放送
2016.7.18、在韓米軍、主力部隊の南方後退完了(軍事境界線付近・東豆川→ソウル南方・平沢)
2016.7.19、北朝鮮本国、弾道ミサイル3発発射(短距離スカッド2発、中距離ノドン1発)
2016.7.20、NHK、北朝鮮本国の暗号放送を「暗号情報入り」で報道
2016.7.22、在韓米軍、迎撃ミサイルPAC3を沖縄・在日米軍より緊急配備(建前は訓練用)

信濃注: (2016.7.20、20:00追記)
 NHKが敵国・北朝鮮の暗号放送を報道。暗号部分の数字も報道。これで日本国内の北朝鮮工作員に暗号情報が知れ渡った可能性が高い。
 暗号情報は金庫の鍵と鍵穴の関係だと考えられる。工作員がインターネットを含む別口で、予めテキスト情報など、つまり、鍵穴付の金庫を受領。今回、暗号部分の数字、つまり、鍵情報を受領したことで、テキスト情報から必要な部分を取り出せるようになるだろう。
 予め受領しているテキスト情報としては、単純なパスワード付文書(鍵情報がパスワード)、数字の羅列(鍵情報で演算し必要な部分を取り出すなど)、指令文一覧書(鍵情報で指令No.を指定)などの他、これらを組み合わせた方式なども考えられる。
 北朝鮮が対日戦を仕掛けてきた場合、NHKはもろに外患罪だろう。日本人は朝鮮人の動きに注意が必要。北朝鮮系か韓国系か、誰が北朝鮮工作員かなんて見分けがつかない。
(信濃注、以上)

(報道記事の引用文削除、2016.7.20、20:00)

wikipedia-北朝鮮・国務委員会 >> 概要
 2016年6月29日に開催された第13期最高人民会議第4回会議で憲法が改正され、それまでの国防委員会に代わって新設された。国防委員会は第2代最高指導者・金正日の執権時代に掲げられた先軍政治の思想の基に重要視された「最高国防指導機関」だったが、新たに設置された国務委員会は改正憲法により「最高政策指導機関」と規定され、軍事に加えて外交、経済などの国家全体に責任を持つ機関として位置づけられた[2][1][3]。
 これにより、初代最高指導者・金日成の執権時代に「国家主権の最高指導機関」とされていた中央人民委員会[4]を頂点とする政治体制に近くなったものと分析されている。また、国防委員会の構成員は主に朝鮮人民軍の軍人(制服組)で占められていたが、新設された国務委員会では軍人よりも朝鮮労働党の党人が重用されている[2][1][3]。
(引用以上)

(北朝鮮、朝鮮総連の動き、以上)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.できる備えを


簡易分析 (2016.7.11付の分析)

 7月12日には、中比間の南シナ海領有権問題を巡って国際仲裁裁判所の裁定が出ます。これに合わせて中国は南シナ海で最大級の実弾演習を実施(5日~11日)。米国は南シナ海に空母2隻派遣、さらに揚陸艦1隻を航行させて砲艦外交(上陸作戦の準備ありというメッセージ)。米国には、南シナ海で米比相互防衛条約の絡みもあります。日本国内には65万人の在日中国人。中国本国が国防動員法を隠密裏に発動すれば、日本国内で在日米軍、自衛隊の他、インフラ等も攻撃される可能性あり(建前はテロリストなど)。
 最近の南シナ海情勢を踏まえると、少なくとも警戒は必要です。

wikipedia-在日中国人
 在日中国人は、日本に在住している中華人民共和国の国籍を持つ中国人である。広義には中華人民共和国(香港、マカオを含む)と中華民国(台湾)国籍者を指すが、中華民国(台湾)の国籍者は在日台湾人と呼ばれる事が多い。両者を総称して華僑と呼ぶ事があり、日本国籍を取得したものは「華人」と呼ぶ事がある。
 在日中国人は65万6403人も居て他の在日外国人と比べて圧倒的に多い[1]。留学や技能研修など日本に学びに来ている人が多いが、働いている人も多い。職種は技術・人文知識・国際業務や調理師から社長や大学教授まで幅広く、数も圧倒的である[1]。男性中心の他の在日外国人と比べて20代・30代の女性が多く、若くて元気である[1]。
 在日中国人は戦前から居て横浜中華街などを形成したが、1990年代から倍増し2000年代前半に激増した[1]。最初は集団密航で入国した人も居たが[2]、そのうち留学などを通じて増えて行き企業に新卒採用されたり[3]、犯罪に手を染めたりした[4]。
(引用以上)
(簡易分析、2016.7.11付、以上)



現状を知る

【警戒情報】 じゃあのさん「12日、世界情勢が動くぞ」(ニュース追加2016.7.11~18)
日米中露韓朝、南シナ海、東シナ海、朝鮮半島、北方領土情勢(2016.7上旬)
まずこちらをお読みください。エッセンスをまとめてあります。

日米中露韓朝、南シナ海、東シナ海、朝鮮半島、北方領土情勢、産経ニュース・ヘッドライン(2016.6)
日米中露韓朝、南シナ海、東シナ海、朝鮮半島、北方領土情勢、産経ニュース・ヘッドライン(2016.5)
日米中露韓朝、南シナ海、東シナ海、朝鮮半島、北方領土情勢、産経ニュース・ヘッドライン(2016.4)
…↑タイトルにある国際情勢に絞った産経ニュース・ヘッドライン

時事リンク集、日米・日中・米中・日韓・日朝・日露、2016年7月後半
時事リンク集、日米・日中・米中・日韓・日朝・日露、2016年7月前半
時事リンク集、米欧露中、テロ・難民・中東・アフリカ、2016年7月
時事リンク集、日本国内、憲法改正・共謀罪・テロ・難民・移民、2016年7月後半
時事リンク集、日本国内、憲法改正・共謀罪・テロ・難民・移民、2016年7月前半
…↑大テーマ別の産経ニュース・ヘッドライン。

時事、ニュース記事リンク集
…↑上記以外の過去の産経ニュース・ヘッドライン



慌てることなく、「冷静に粛々と」、できる備えを

※簡易分析 (2016.7.8付の分析)
 さて...国際情勢ですが、比も絡んで南シナ海を中心に緊迫してますね。緊迫してるだけに軽率なことは言えません。多くの国が絡んでることなので、はっきりしたことも言えません。
 慌てる必要はありませんし、慌てても敵(反日・在日側)を利するだけです。余命ブログ以外も含めて、煽るような記事、コメントは無視して、冷静に粛々と」各位で必要と思う備えを進めましょう。(失礼を承知で言いますと、余命ブログの読者さん投稿よりも)安倍総理と余命さんを信頼して、普段通り、「冷静に粛々と」行動しましょう。
(簡易分析、2016.7.8付、以上)
(慌てる必要がないのは現在も同じ)



関連情報リンク集

念のため、余裕のあるうちに非常食の確認をしておいた方がいいかもしれません。

日本再生計画(計画の概要)  ←読み慣れていない方へオススメ①
敵を分散&個別撃破せよ(対処フロー)  ←読み慣れていない方へオススメ②

有事の最低限度

有事・要警戒リスト、近所の方はご注意を 2016.2.24
有事の身分証明は必須、余命さんメッセージ他 2016.2.25
武力攻撃やテロなどから身を守るために、内閣官房・国民保護ポータルサイト 2016.3.6

おまけ

護身特集(複数手段を用意し、使い分けてください) 2016.4.7
有事対応、短編記事リンク集(有事とは人の命がかかった実戦です) 2016.3.13
有事関連、おさらいリンク集 2016.6.9 (←長文記事あり)



比較的まともだと思われるメディア

産経ニュース、国際政治ヘッドライン
産経ニュース、国内政治ヘッドライン
AFPBB、国際政治ヘッドライン
ロイター、国際政治ヘッドライン



wikipedia-フランス通信社(AFP)
 フランス通信社(L’Agence France-Presse、略称:AFP)は、フランスの通信社。国内最大にして世界最古の報道機関。現在、AP通信、ロイターに次いで世界第3位の規模を持つ。日本語では「AFP通信」とも呼ばれる。
(引用以上)

wikipedia-ロイター
 ロイター(Reuters)は、かつて存在したイギリスに本拠を置く通信社。カナダのトムソン社に買収され、現在はトムソン・ロイターの一部門となっている。
(引用以上)

wikipedia-トムソン・ロイター
 トムソン・ロイター(Thomson Reuters)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークに本社を置く国際的な大手情報企業である。カナダのウッドブリッジカンパニー傘下。
>> 沿革・買収の目的
 カナダに本拠を置く大手情報サービス企業であるトムソンがイギリスに本拠を置く大手通信社のロイターを買収することにより、2008年4月17日に設立された。
(引用以上)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3.坂東忠信さん情報

※念のため記しますが、開戦示唆はこの一例だけとは限りません。



中国周辺の情勢緊迫と、お願い。
坂東忠信の日中憂考様、2016.07.11記事
(前略) で、私はもうこれ以上手が回りませんので、みなさんにお願いしたいのですが、どうかこの三峡ダムをよく監視していていただきたいのです。
 中国では反体制派のテロによるダム破壊に備えて、すでに解放軍がダム周辺に部隊配備しているのですが、臨戦態勢になった時に、このダムの破壊による鉄砲水被害を防止するため、大量の貯水を放水するはずなのです。
 それが中国の開戦の合図です。
「これまでになく長江下流の水位が上がってきた」
「水量が増して住民が喜んでいる」
「中国の水不足が解消されつつある」
「重慶付近の水位低下で運河として通行ができないところが出てきた」
などのニュースが伝えられた場合は、このダムの放出によるものかも知れません。(後略)
(引用以上)
(追記以上)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4.じゃあのさん情報

※真カミカゼとは別人です。真カミカゼはじゃあのさんの偽物です。



カミカゼ‏@mynamekamikaze 20:33 - 2016年7月10日 (じゃあのさん)
それと、さっそく今週だが12日、世界情勢が動くぞ
南シナ海で
おそらく、尖閣もかなり厳しい情勢になると思う
中国に注視しててくれ 対中対策が第一になると思われるからな



・・・・・

カミカゼ‏@mynamekamikaze 14:15 - 2016年7月17日
中国海軍が退役軍人に招集令、南シナ海で戦争準備か―米華字メディア
http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=144558 …
拡散
南シナ海情勢に関し、不測の事態に発展する可能性あり
国内においては、不審な外国人が集まったり、なんかおかしいと感じたら警察に♯9110、緊急の場合110を

信濃注: じゃあのさんの引用記事
中国海軍が退役軍人に招集令、南シナ海で戦争準備か―米華字メディア
レコードチャイナ、2016年7月12日(火) 11時40分
 2016年7月11日、米華字メディアの多維新聞によると、南シナ海の領有権をめぐる国際仲裁裁判の判決を12日に控え、南シナ海の係争海域で軍事演習を行っている中国海軍がこのほど、「国防法」の規定に基づき一部の退役軍人を部隊に呼び戻していると伝えられている。
 中国海軍の退役軍人に宛てられた通知書の画像がインターネット上で拡散している。それによると、招集期間は今月10日から22日までとされており、「法に従い国防義務を履行することは国家法律が与える神聖な職責だ。いかなる組織や個人もこれを妨げてはならない」と強調されている。
 こうした報道を受け、中国軍の機関紙、解放軍報は11日夜、公式微博(ウェイボー)を通じ、「民兵予備役人員は毎年、正常な訓練を行うことが国の法律で定められている。海軍の演習にはこれまでにも、退役した兵士や士官が参加している。『戦があれば戻る』これは復員老兵共通の心の声だ」と回答した。
 多維新聞は「仲裁裁判の判決を控えた時期の増軍だけに深長な意味がある」「戦争準備を示すものだ」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)
(引用以上)
(信濃注、以上)



カミカゼ‏@mynamekamikaze 14:34 - 2016年7月17日
#拡散
再度拡散、中国関連で今後不測の事態に発展するおそれあり
国内においては、不審な外国人、不審物、不審車両等、少しでもおかしいと思ったら、#9110を 緊急性が高いと判断した場合は迷わず110で通報を
わかってると思うがイタズラは厳禁で

カミカゼ‏@mynamekamikaze 14:40 - 2016年7月17日
#拡散
なお、状況次第でサイバー攻撃も予想されるので、中国Ipについては、各自遮断するように
不審なメールや、メッセージについては警戒し、安易に開かないようにしてほしい
ウイルスソフトは常に最新の更新を心がけるようお願いする

カミカゼ‏@mynamekamikaze 14:54 - 2016年7月17日
#拡散
なお、不審者などの通報の必要性を感じて通報する場合は、冷静に落ち着いて、日時、場所、対象者対象物の特徴、不審に思った理由、人や車両の場合、向かった方向と目標物もお願いする

カミカゼ‏@mynamekamikaze 17:26 - 2016年7月17日
#拡散
それと、特に気をつけてほしいのは、例えば、二名以上の外国人(中国国旗を所持や、大声で外国語で叫んだり、外国人を多数のせたバスなどが続々と集まってくる等)を見かけたら、すぐにその場から離れて、110番通報をお願いする。絶対に目を合わせたり、声はかけないように

カミカゼ‏@mynamekamikaze 21:06 - 2016年7月17日
#拡散
例を挙げると、長野のオリンピック聖火リレーでの中国人留学生(表向き)の騒乱
これは、実際に警察が警備して、不穏な兆候があちこちで見られたものの、一報の遅れで対応が不十分だった
ちなみに、留学生を送り込んだのは胡錦濤から後に表彰された民主党サポーターの中国人な

カミカゼ‏@mynamekamikaze 21:20 - 2016年7月17日
#拡散
長野のオリンピック聖火リレーの件は、当時の福田内閣の官邸サイドからの意向で、触法行為の中国人を早期の段階での排除や隔離、検挙出来なかったのも悔やまれる(騒乱中ヘタに動くと暴徒化する可能性もあった)
こういう場合、一番の対策は早期の通報と予防だよ

カミカゼ‏@mynamekamikaze 21:33 - 2016年7月17日
#拡散
それと、住居があったり、近所だった場合はしょうがないかもしれないが、特に中国人が多い場所には無闇に行かないことと、新華僑華人総会や、○○同郷会といった団体所在地(ググれば出てくる)及びその周辺は特に注意してほしい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5.報道情報 (2016.7.19付~7.25付)


日本統治時代の資産を回収せよ 台湾で国民党の「不当」財産回収法が成立更新
 台湾の立法院(国会に相当)は25日夜の本会議で、野党、中国国民党が終戦後、台湾で取得した日本統治時代の資産の回収を目的とした法案を与党、民主進歩党などの賛成多数で可決した。行政院(内閣)に「不当党産処理委員会」を設置し、施行1年以内に調査・回収を行う。
 国民党の巨額の資産は政治的影響力の源泉とされ、1月の総統・立法委員(国会議員)選で大敗した同党にとり、さらなる打撃となりそうだ。(台北 田中靖人)
(引用以上)



【緊迫・南シナ海】共同声明も骨抜き? ASEAN外相会合、「深刻な懸念」表明も仲裁裁定盛り込まず更新

インド、中国国営通信社記者のビザ更新を拒否「月末までに出国せよ」更新

【緊迫・南シナ海】仲裁裁定言及なし、中国念頭に「深刻な懸念」 ASEAN外相共同声明更新

【日韓「慰安婦」合意】日韓外相が合意履行を確認 財団設立もテーマに 10億円拠出「タイミング決まっていない」更新

中国・王毅外相が韓国・尹外相にTHAAD配備撤回を要求 「双方の信頼損ねた」
更新

【日ラオス外相会談】岸田文雄外相が南シナ海問題をめぐり「国際法の順守」など日本の立場を伝達 ミャンマーのスー・チー国家顧問兼外相とも懇談し早期来日を要請更新

南シナ海問題で難航=共同声明ずれ込みへ-ASEAN外相会議・ラオス
時事ドットコム、2016/07/24-20:36

G20財務相会合閉幕 麻生氏、声明に中国の過剰生産改革を反映
更新

中国河北省の洪水で市長が異例の“日本式謝罪” 国内で広がる反響
更新

中国豪雨、河北省で死者114人、不明111人 堤防決壊も
産経ニュース、2016.7.24 08:11更新

ロシアが北朝鮮に小麦3151トンを支援
産経ニュース、2016.7.24 00:52更新



☆Chris*台湾人☆‏@bluesayuri  0:36 - 2016年7月24日
台湾ニュース。軍靴の音が聞こえる!解放海軍近日大規模演習でなく、大規模戦いの準備を表明した!DF21ミサイルと南シナ海に「軍艦部隊、潜水艦部隊、ロケット軍隊」三大部隊を派遣、南シナ海で米の空母を迎撃するつもり!と報道。切羽詰まる!
(引用以上)

信濃注: Chris*台湾人様の引用元
解放軍3梯隊 迎擊航母戰鬥群
中時電子報(台湾)、2016年07月23日 04:10 記者 張國威╱綜合報導
(以上)



寝静まった中国の村を洪水襲う 住民憤慨「ダム放流の連絡なかった」「共産党は何やってる」
産経ニュース、2016.7.23 22:59更新

中国河北省で豪雨、当局「川氾濫」と説明 105人死亡、104人不明 「天災ではなく人災だ」 子供含む遺体写真出回る 産経ニュース、2016.7.23 22:56更新

海自と米軍が機雷掃海訓練 安保法施行後で初、青森・陸奥湾
産経ニュース、2016.7.23 20:13更新

【北朝鮮情勢】李容浩外相がASEAN地域フォーラム出席へ 国際舞台に初登板、日中外相との接触は? 産経ニュース、2016.7.23 11:28更新



露太平洋艦隊がミサイル「バスチオン」試射に成功 北方領土含め配備
産経ニュース、2016.7.22 23:36更新
 ロシア太平洋艦隊は22日、極東沿海地方の演習場での新型地対艦ミサイル「バスチオン」の試射に成功したと発表した。インタファクス通信などが伝えた。
 同ミサイルは8月に実戦配備されるという。軍によると、試射では200キロの飛行に成功した。
 バスチオンについてショイグ国防相は3月、北方領土の択捉島、国後島を含む「大クリール諸島」にも年内に配備すると表明している。(共同)
(引用以上)

信濃注:
太平洋艦隊とはいわゆるウラジオ艦隊。本部所在地はウラジオストク。
wikipedia-太平洋艦隊 (ロシア海軍)
(以上)



沖縄・北部訓練場でヘリパッド工事再開 早期着手は対米公約
産経ニュース、2016.7.22 23:33更新

台湾の蔡英文総統が「一つの中国」92年合意受け入れ“拒否” 米紙の取材に 中国は不快感示す 産経ニュース、2016.7.22 19:23更新

ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」でオスプレイ発着艦訓練 海自が公開 離島防衛能力の高さ示す 産経WEST、2016.7.22 18:59更新

ステルスF35初号機、10月に引き渡し 空自にロッキードから
産経ニュース、2016.7.22 17:43更新



北朝鮮旅客機が緊急着陸 中国・瀋陽空港に、火災と報道
産経ニュース、2016.7.22 14:30更新

信濃注:
単純な事故の可能性もあるが、要人の暗殺未遂の可能性もある。
(以上)



米軍、沖縄のPAC3一時韓国に 朝鮮半島有事備え
産経ニュース、2016.7.22 13:16更新
 在韓米軍関係者は22日、米軍が嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)に配備していた地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を最近、韓国西部全羅北道群山の米空軍基地に訓練のため一時移したと述べた。北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対抗するものだとしている。約2週間の訓練後、日本に戻される予定。
 韓国紙、東亜日報によると、在日米軍配備のパトリオットを韓国に移動させたのは初めて。在韓米軍関係者は「朝鮮半島有事に備えた措置」と説明している。
 PAC3を搭載した車両やレーダーなどが米軍の輸送船で沖縄から韓国南部の釜山港に運ばれた後、群山に配備された。運用する兵力約120人も同時に移動した。
 在韓米軍は2月にも、北朝鮮の核・ミサイルに対抗するためパトリオットを韓国に緊急に追加配備。7月には米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の南部慶尚北道星州への配備が発表された。(共同)

信濃注:
 これはちょっと朝鮮半島も危ない。米軍は南シナ海重点配備に加えて、在韓米軍主力部隊の平沢市後退(南北境界線付近からキャンプ・ハンフリーまで)。平沢市の烏山空軍基地(米韓共用)には2月にPAC3追加配備済み。平沢市には軍港もあり。今回、群山市にある在韓の米空軍基地にもPAC3緊急配備。在韓米軍護衛の布陣。
wikipedia-群山市
群山市は大韓民国全羅北道北西部の市。港湾都市として発展。
wikipedia-全羅北道
wikipedia-平沢市
平沢市は大韓民国京畿道南部にある市。新興の港湾都市であり、韓国海軍第2艦隊及び在韓米軍の軍港がある。
wikipedia-京畿道
wikipedia-烏山空軍基地
米軍、地対空誘導弾パトリオットを韓国に追加配備
AFPBB、2016年02月13日 16:42
ソウルから平沢までの距離
WorldTravel Server.com 様
...64.71 キロ(平沢市からPAC3の射程圏外、防衛には移動の必要あり)
wikipedia-ミサイル防衛 >> アメリカのBMD構想
>> 終末段階(ターミナル・フェイズ) >> パトリオットPAC-3システム
 PAC-3による防護範囲は、速度がマッハ6強(2km/秒)程度となる短距離弾道ミサイル(SRBM)に対しては、発射機より左右に各35km、前に40km、後に10kmの扇状の範囲(ギターのピックの形状・フットプリント)を迎撃できるが、ノドンなど、日本において直面する可能性の高い準中距離弾道ミサイル(MRBM)攻撃(速度マッハ10=3.7km/秒)程度では、半径20kmの扇状の範囲にまで縮小する。
(引用以上)
(信濃注、以上)



翁長雄志沖縄県知事が政府に初めて安全確保要請 尖閣周辺海域の中国軍艦侵入 産経ニュース、
















岸田文雄外相、ASEAN関連外相会議に出席 日中外相会談調整中
産経ニュース、



(引用以上)



信濃注:


…後述部分で引用済み

外交・安保カレンダー(7月18-24日)
キャノングローバル戦略研究所 外交・安全保障グループ 公式ブログ、2016.7.19記事

7月18日 EU外相理事会(ブリュッセル)
18日 EU農水相理事会(ブリュッセル)
18日 欧州議会安全保障・防衛小委員会代表がマリを訪問
18-21日 米国共和党代議員大会(オハイオ州クリーブランド)
19日 ウクライナのグロイスマン首相がブリュッセルを訪問
19-20日 ブラジル中銀、Copom
19-22日 ASEAN高級経済実務者会合(SEOM)
20日 南ア6月CPI発表
20、22日 WTO、中国に関する貿易政策レビュー(ジュネーブ)
21日 欧州中央銀行(ECB)政策理事会(金融政策)(フランクフルト)
21日か22日 ロシア1~5月貿易統計発表
21-26日 第49回ASEAN外相会合(AMM)、ASEAN地域フォーラム(ARF)(ビエンチャン)
22日か25日 ロシア6月雇用統計発表
22日 CLMV(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)ASEAN高級経済実務者会合(ラオス・ビエンチャン)
23-24日 G20財務相・中央銀行総裁会合(中国・成都)
24日 韓国・ASEAN外相会議(ラオス)
24-25日 ロシアASEAN外相会議(ラオス・ビエンチャン)

【来週の予定】
7月25日 ASEAN+3/東アジアサミット(EAS)外相会議(ラオス)
25日 メキシコ5月小売・卸売販売指数発表
25-28日 米国民主党代議員大会(ペンシルベニア州フィラデルフィア)
25-8月1日 フランシスコ法王がワールドユースデーのためポーランドのクラクフを訪問
26日 メキシコ6月雇用統計発表
26日 香港6月貿易統計発表
26-27日 米国FOMC
27日 メキシコ6月貿易統計発表
27-28日 WTO一般理事会(ジュネーブ)
27-29日 第5回ハラール食品国際見本市(モロッコ・マラケシュ)
28日 中国市場販路開拓商談会2016(北京)
28日 ペルー大統領就任
28日 ロシアのプーチン大統領がスロベニアを訪問
28日 全国知事会議(福岡)
28-31日 ニュージーランド・フードショー2016(オークランド)
29日 ユーロスタット、6月失業率発表
29日 米国第2四半期GDP発表(速報値)
29日 ロシア中央銀行理事会
29日 ブラジル6月全国家計サンプル調査発表
31日 東京都知事選挙
下旬 第14期第1回ベトナム国会
下旬 ブラジル6月月間雇用調査発表
下旬 インドモンスーン国会
7月下旬 ベトナム第14期第1回国会
7月中 IMF 世界経済見通し改訂版発表
7月中 赤道ギニア大統領選挙
7月中 サントメプリンシペ大統領選挙
(引用以上)
(信濃注、以上)



北朝鮮の核施設で「尋常でない動き」、朴槿恵大統領が発言
産経ニュース、

【「慰安婦」日韓合意】慰安婦合意 韓国の評価は日本より大きく下回る28・1% 「自国に重要な国」韓国は1位に中国選ぶ

【「慰安婦」日韓合意】慰安婦財団、27日に設立 慰安婦像撤去の見通しは依然立たず


【緊迫・南シナ海】台湾の立法委員団が太平島を視察 領有権をアピール
産経ニュース、

【北朝鮮情勢】ミサイル発射は「港、飛行場への先制攻撃訓練」と北メディア 19日の3発発射に関連か

【緊迫・南シナ海】比大統領「仲裁裁定で譲歩せず」 米議員団に「中国と交渉予定なし」と強調




北朝鮮 ラジオで暗号放送再開か 心理戦の可能性も
NHKニュースWEB、2016年7月20日 15時08分
※NHKニュース7(19:00~、地上波全国放送)でも報道

信濃注:
 NHKが敵国・北朝鮮の暗号放送を報道。暗号部分の数字も報道。これで日本国内の北朝鮮工作員に暗号情報が知れ渡った可能性が高い。
 暗号情報は金庫の鍵と鍵穴の関係だと考えられる。工作員がインターネットを含む別口で、予めテキスト情報など、つまり、鍵穴付の金庫を受領。今回、暗号部分の数字、つまり、鍵情報を受領したことで、テキスト情報から必要な部分を取り出せるようになるだろう。
 予め受領しているテキスト情報としては、単純なパスワード付文書(鍵情報がパスワード)、数字の羅列(鍵情報で演算し必要な部分を取り出すなど)、指令文一覧書(鍵情報で指令No.を指定)などの他、これらを組み合わせた方式なども考えられる。
 北朝鮮が対日戦を仕掛けてきた場合、NHKはもろに外患罪だろう。日本人は朝鮮人の動きに注意が必要。北朝鮮系か韓国系か、誰が北朝鮮工作員かなんて見分けがつかない。
(信濃注、以上)



【ドーピング問題】WADA、ロシア国家ぐるみの隠蔽認定、五輪出場禁止を勧告 IOCは処分決定を延期、プーチン氏「政治介入だ」 産経ニュース、



【北朝鮮情勢】女性アナが不可解な数字の読み上げ…工作員への指令再開? 対南心理戦?



(引用以上)

信濃注:
 いい加減な韓国側の見方を信用するのはまずいと思う。インターネットを含む別口で、予めテキスト情報とラジオ放送時間を伝達。その後、ラジオ放送で暗号情報を伝達すれば、より秘匿性の高い情報伝達手段になる。
(以上)



【緊迫・南シナ海】フィリピンは中国との協議拒否 王毅外相が持ちかけも「仲裁裁定無視が前提だった」



【緊迫・南シナ海】中国が哨戒「常態化」…「主権」否定されたスカボロー岩礁上空を爆撃機が飛行 米にも人工島造成継続を強調








【北朝鮮情勢】日本海に向け「ノドン」や「スカッド」計3発を発射、韓国を射程に収める500~600キロ飛行 米韓は核実験にも警戒 産経ニュース、

台湾でバスが炎上し、中国人観光客ら26人死亡 相次ぐ中国人犠牲の事故に政府が危機感


【ドーピング問題】プーチン露大統領「地政学的圧力」と反発 WADAの「国ぐるみ不正」報告


北朝鮮が弾道ミサイル3発発射 韓国を威嚇、600キロ飛び日本海に落下か


【ワールド・インタビュー】元海将の伊藤俊幸氏 「中国の軍艦投入はステージを上げたということ」「中国は第一列島線の外に海軍、内に海警という将来図描く」 産経ニュース、
…産経ニュースでは繰り返し掲載されている記事です。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6.報道情報 (~2016.7.18付、抜粋)

※2016.7.11付~7.18付の報道情報はこちらを参照
【警戒情報】 じゃあのさん「12日、世界情勢が動くぞ」ニュース追加2016.7.11~18

※~2016.7.10付の報道情報はこちらを参照
日米中露韓朝、南シナ海、東シナ海、朝鮮半島、北方領土情勢(2016.7上旬)



【緊迫・南シナ海】中国海軍司令官「島と岩礁の建設をやり遂げる」 米軍司令官に 滞在中にあえて「挑発」軍事演習も 産経ニュース、2016.7.18 22:38更新
 中国海軍の呉勝利司令官は18日、米海軍制服組トップのリチャードソン作戦部長と中国軍の海軍司令部で会談し、中国は「島と岩礁の建設をやり遂げる」と述べ、南シナ海での人工島造成や軍事施設建設を続ける方針を明確にした。リチャードソン作戦部長の訪中は初めて。20日まで滞在する。
 一方、中国の海事局は18日、南シナ海の一部海域で19~21日に軍事演習を実施するため、船舶の進入を禁止すると通知した。中国は国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所が12日、南シナ海での中国の主権を否定した判断を「受け入れない」としており、米海軍トップの滞在中に演習を行うことで、国際社会に自らの主張をアピールする狙いがあるとみられる。
 中国メディアによると、空軍の申進科報道官は18日、南シナ海上空で日常的にパトロールを行う考えを示した。
 海事局は5~11日にも南シナ海の一部海域で演習実施を理由に船舶の進入禁止を通知した。(共同)
(引用以上)



在韓米軍の主力部隊移転 ソウル北方から南方へ
産経ニュース、2016.7.18 18:42更新
 在韓米軍の部隊をソウル南方の平沢に移転・集約する再編計画で、在韓米軍の主力で南北軍事境界線に近いソウル北方の東豆川に駐屯する第2歩兵師団部隊の移動が始まり、装甲車やトラックを伴った最初の大隊の移転が18日に完了、平沢のキャンプ・ハンフリーで部隊旗の掲揚式典が開かれた。セオドア・マーティン師団長(少将)は「われわれは平沢の地域社会と新しく強力な友好関係を結んでいく」とあいさつした。
 キャンプ・ハンフリーには、ソウル中心部の米軍竜山基地にある在韓米軍司令部も移転を予定し、司令部機能と陸軍の主力が1カ所に配置されることになる。
 一方、北朝鮮の韓国侵攻時に多連装ロケット砲によるソウル周辺への攻撃が予想される中、韓国軍には対処能力がないとして、第2師団傘下の地対地ミサイル部隊は東豆川に残留する。(共同)
(引用以上)



南シナ海で再び軍事演習へ 中国、主権訴え
産経ニュース、2016.7.18 16:18更新
 中国海南省の海事局は18日、南シナ海の一部海域で19~21日に軍事演習を実施するため、船舶の進入を禁止すると通知した。具体的な演習内容などは不明。
 中国は、国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所が南シナ海での中国の主権を否定した12日の判断を「受け入れない」と主張。米海軍制服組トップのリチャードソン作戦部長による17~20日の訪中が発表されており、中国側には主権主張の継続を米国や国際社会に示す狙いがあるとみられる。
 海事局は5~11日にも南シナ海の一部海域で演習実施を理由に船舶の進入禁止を通知。新華社電によると、海軍は8日、南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島付近の海域で実弾演習を行った。(共同)
(引用以上)



【緊迫・南シナ海】中国海洋進出、懸念盛り込みに成功 ASEM議長声明「海洋法に従った紛争解決を」 参加のうち27カ国が南シナ海言及 産経ニュース、

【緊迫・南シナ海】ASEM議長声明「海洋法条約に基づいた紛争解決」盛り込む 南シナ海言及は見送り 産経ニュース、

第11回アジア欧州会合(ASEM)首脳会合(平成28年7月15日~16日)
外務省ホームページ、2016.7.16

信濃注:
 アジア欧州会議(ASEM)の首脳会議。全体会合では南シナ海問題に言及。ただし、議長声明での南シナ海言及は見送られた。
wikipedia-アジア欧州会合
 アジア欧州会合(Asia-Europe Meeting, ASEM)は、アジア(東アジア・東南アジア・南アジア)と欧州における経済、政治、文化などの分野の対話と協力のための会合である。アジア欧州会議と呼ばれることもある。
>> 概要
 1994年(平成6年)、シンガポールのゴー・チョク・トン(Goh Chok Tong)首相(当時)が、アジアと欧州の関係強化を目的とする「アジア欧州サミット構想」を、フランスのエドゥアール・バラデュール(Edouard Balladur)首相(当時)に提案し実現。1996年(平成8年)3月に第1回会合が行われ、アジア側からはASEAN7ヵ国(当時)と日本、中国、韓国が参加。欧州側からはEU加盟国15ヵ国(当時)と欧州委員会委員長の参加でスタート。併行して外務、経済、財務、環境、移民、科学技術の閣僚級会合も行われている。(中略)
 現在は以下の49ヵ国と2機関で構成される。(信濃注:2機関はASEAN事務局と欧州委員会。ちなみに、米国は参加していない。)
ASEM参加国・機関(緑色は2010年のASEM8から新たに参加する国)
(引用以上)
(信濃注、以上)



【緊迫・南シナ海】ロシア、南シナ海問題に不介入 「直接対話で解決すべき」


信濃注:
 露は欧州対応、中東対応に注力したいのかもしれない。しかし、北方領土、千島列島で軍事拠点の建設は進めている。つまり、オホーツク海、北太平洋は重要視している。
(以上)



【緊迫・南シナ海】中国が裁定後もフィリピン漁船追い出し 仲裁裁が「不法」と認定したスカボロー礁で
【シンガポール=吉村英輝】フィリピンのABS-CBN放送(電子版)は14日、南シナ海を巡る仲裁裁定でフィリピン漁民らの伝統的漁業権が認められたスカボロー礁(中国名・黄岩島)へ同国の漁船が接近を試みたところ、中国海警局とみられる監視船などから妨害を受けたと伝えた。
 同礁は、フィリピン北部ルソン島沖約200キロで、フィリピンの排他的経済水域(EEZ)内にあるが、中国が2012年から実効支配を始め、フィリピン漁民を排除してきた。仲裁裁判所は、同礁は「岩」であり、周辺海域はフィリピンや中国など周辺国の漁民の漁場と認め、中国船によるフィリピン漁船への妨害を不法と認定した。
 同テレビの記者らが同乗した漁船は14日、同礁に近づいたが、裁定前と同様に、中国の漁船や中国海警局とみられる船から岩礁内への立ち入りが妨害されたという。中国当局者らしき制服姿の男がゴムボートからフィリピン漁船へ望遠レンズを向ける様子も伝えられた。
(引用以上)



【緊迫・南シナ海】中国が圧力、ASEANが共同声明断念 事前に「外交・経済関係に悪影響」示唆






【ワシントン=青木伸行】米国務省高官は12日、南シナ海をめぐる仲裁裁判所の裁定を受け、21日からラオスで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会合の際に、米中外相会談が開かれるとの見通しを示し、中国側に裁定の順守などを求める意向を明らかにした。
 高官は「膝詰めの協議が可能だと、確信している」と語った。また、裁定は中国によるスプラトリー(南沙)諸島における人工島建設や、フィリピン・ルソン島沖にあるスカボロー礁の実効支配などの不当性を、明確にしたものだと指摘。「領有権争いの地理的範囲は劇的に縮小された」との認識を示した。
 米国家安全保障会議(NSC)のクリテンブリンク・アジア上級部長は、関係当事国に「裁定を生かして南シナ海の係争範囲を明確にし、狭めるよう促す」と述べた。裁定により、中国の領有権主張が完全に否定されたことを既定事実とし、これに基づく新たな協議を求めたものだ。今後の方針としては、外交的な解決へ向けた努力とともに、「航行の自由」作戦を継続し、同盟・友好国との関係を合同演習などにより強化すると指摘した。
 国務省のカービー報道官は記者会見で、裁定に対する中国の反発は「驚くものではない」としたうえで、裁定の順守を重ねて要求。拒絶すれば国際法の侵害になると牽)制(けんせい)した。
 一方、デニス・ブレア元国家情報長官は「中国は、(1996年に)国連海洋法条約を締結したことにより、仲裁裁判所の裁定を順守することに同意したと見なされている」と強調。拒絶は中国に対する国際社会の「深刻な疑念」を招くと、警鐘を鳴らした。
 米シンクタンクAEIのマイケル・マッザ研究員は、航行の自由作戦を強化し、同盟・友好国と合同で警戒・監視活動を実施するよう主張した。
 これに対し、中国の崔天凱(さいてんがい)駐米大使は講演で、裁定は「緊張を高め衝突すら招きかねない」と、拒否の姿勢を堅持した。
(引用以上)



米迎撃システム、韓国南部の星州に配備 ソウル首都圏の防御は不能






(引用以上)













【緊迫・南シナ海】中国海軍、予備役招集か 「老兵の共通の思いは『戦いがあれば必ず戻る』」

南シナ海での領有権対立を巡り、中国海軍が予備役兵を招集して警戒を強化しているとみられることが13日、分かった。通信アプリ「微信」やインターネットでは招集通知の文書や軍服姿の予備役兵の画像などが出回っている。
 中国軍は招集について正式に発表していないが、軍機関紙、解放軍報は短文投稿サイト「微博」の公式アカウントで「法律に定められた通常の訓練」と説明。一方で「老兵の共通の思いは『戦いがあれば必ず戻る』というものだ」と強調した。
 湖南省で部隊に戻って予備役兵としての任務を遂行するよう指示が出されたとの文書の画像も回った。(共同)
(引用以上)

信濃注:
陸軍ではなく海軍が予備役を招集している。南シナ海での戦闘を意識しているのだろう。
(以上)

予備役招集、関連記事
国防動員法に基づき退役軍人招集~南シナ海問題
待ち望むもの様、2016年7月13日

中国海軍が退役軍人に招集令、南シナ海で戦争準備か―米華字メディア
レコードチャイナ、2016年7月12日(火) 11時40分
 2016年7月11日、米華字メディアの多維新聞によると、南シナ海の領有権をめぐる国際仲裁裁判の判決を12日に控え、南シナ海の係争海域で軍事演習を行っている中国海軍がこのほど、「国防法」の規定に基づき一部の退役軍人を部隊に呼び戻していると伝えられている。
 中国海軍の退役軍人に宛てられた通知書の画像がインターネット上で拡散している。それによると、招集期間は今月10日から22日までとされており、「法に従い国防義務を履行することは国家法律が与える神聖な職責だ。いかなる組織や個人もこれを妨げてはならない」と強調されている。
 こうした報道を受け、中国軍の機関紙、解放軍報は11日夜、公式微博(ウェイボー)を通じ、「民兵予備役人員は毎年、正常な訓練を行うことが国の法律で定められている。海軍の演習にはこれまでにも、退役した兵士や士官が参加している。『戦があれば戻る』これは復員老兵共通の心の声だ」と回答した。
 多維新聞は「仲裁裁判の判決を控えた時期の増軍だけに深長な意味がある」「戦争準備を示すものだ」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)
(引用以上)



【緊迫・南シナ海】仲裁裁の裁定「無効で承認しない」 中国が声明

南シナ海をめぐる仲裁裁判所の裁定について、中国外務省は12日、「この裁定は無効で、拘束力がない。中国は受け入れないし、承認しない」とする声明を発表した。
 声明は、「中国は南シナ海の領土主権と海洋権益はいかなる状況においても仲裁裁の裁定の影響を受けない」と強調。「中国は、この裁定に基づくいかなる主張や行動にも反対し、受け入れない」と裁定を無視する姿勢を示した。
(引用以上)


【緊迫・南シナ海】中国の南シナ海支配を否定 仲裁裁判所「歴史的権利なし」と判断

【ベルリン=宮下日出男】南シナ海をめぐる中国の主張や行動は国連海洋法条約違反などとしてフィリピンが申し立てた仲裁手続きで、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、中国が「歴史的権利」として主張する「九段線」について国際法上の根拠は認められないとの裁定を公表した。南シナ海のほぼ全域の主権を主張して強引に進出する中国に対し、初めて国際司法の判断が下された。
 裁定は、南シナ海で実効支配の拡大を目指す中国側の主張を損なう内容。中国は一貫して裁定を無視する姿勢で、罰則など強制的に裁定に従わせる手段はないが、国際社会が司法判断の尊重を求める圧力を高めるのは必至。中国の立場は苦しくなる一方、南シナ海情勢は一段と緊迫化する可能性がある。中国が「歴史的権利」として南シナ海のほぼ全域を取り囲む形で主張する「九段線」については、仲裁裁判所は管轄権を留保していたが、今回の裁定で、中国の主張は認められなかった。
 今回の仲裁は2013年1月、フィリピンの申し立てを受けて開始。中国は参加を拒否したが、仲裁裁判所は昨年10月、15項目の訴えのうち7項目で管轄を認め、同11月に中国抜きで口頭弁論を開いていた。
 仲裁は海洋法条約で海洋紛争を解決する手段の一つとして指定されており、全当事者が受け入れなくても手続きを進めることができる。裁定は最終的な判断のため、上訴はできない。
(引用以上)



【緊迫・南シナ海】中国海軍の大規模軍事演習詳細 ミサイルや魚雷数十発発射、「赤」は中国、「青」は米国の想定か?更新



【緊迫・南シナ海】中国が南シナ海でミサイル・魚雷の実弾演習 仲裁裁定前に実効支配を誇示 100隻の軍艦と数十機の航空機が参加







【在韓米軍迎撃ミサイル】北の「ムスダン」にも対応 探知距離1800キロ
更新
【ソウル=藤本欣也】THAADは、米軍がミサイル防衛(MD)の一環として運用する地上配備型の迎撃ミサイルシステムで、2013年にグアムに配備された。米ロッキード・マーチン製。移動可能な発射台付き車両と、飛来するミサイルを追跡する早期警戒用のXバンドレーダーなどで編成される。
 米軍のMDでは、(1)発射直後の初期段階(2)大気圏外で慣性飛行している中間段階(3)大気圏に再突入する最終段階-の3段階で敵のミサイルを迎撃する。
 THAADは、(3)の最終段階にある敵のミサイルを、大気圏外や大気圏突入直後に迎撃するシステムだ。迎撃ミサイルの最大射程は200キロ。北朝鮮の短・中距離弾道ミサイルを、高度40~150キロで撃ち落とすことを想定している。高性能のXバンドレーダーの探知距離は約600キロとされるが、運用モードを切り替えれば最大1800キロになるともいわれ、中国が敏感になっている。
 韓国国防省は、北朝鮮が6月22日に発射実験を行い一部成功したとみられる新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」に対しても、THAADであれば迎撃可能だと分析している。THAADは、下降速度がマッハ14までのミサイルなら迎撃できるが、ムスダンの下降速度はマッハ10以下とみられるためだ。配備中の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)では、射程が20キロ程度と短く、迎撃手段として不十分だ。
(引用以上)



在韓米軍にTHAAD配備を決定 北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処
更新
【ソウル=藤本欣也】米韓両国は8日、北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処するため、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備することを決定した、と発表した。中国は自国の「戦略的な安全利益を毀損(きそん)する」としてTHAADの韓国配備に反対しており、今回の決定に激しく反発するのは必至だ。
 来年末までに運用を開始するとしている。韓国国防省当局者は同日、「北朝鮮の核・ミサイルの脅威から韓国と国民の安全を保障するものだ」と配備の意義を説明。THAADは北朝鮮に対してのみ運用される点を強調した。
 配備場所については今月中に発表される見通しだ。京畿道の平沢や江原道の原州、忠清北道の陰城、慶尚北道の漆谷などが候補地として挙がっている。米韓は今年3月から配備について正式協議を進めてきた。
(引用以上)

信濃注:
 米国による中韓分断作戦、および、万が一のためのTHAAD配備場所の確保という二つの意味に受け取れる。あとは状況次第で選択できる。南シナ海問題を発端に中共が崩壊した場合には中韓分断のみ。中共が南シナ海から早期撤退し、弾道ミサイル等で沖縄、グアム、比等への威嚇を強めた場合には、中韓分断に加えて迎撃用(レーダー、ミサイル)。「来年末までに運用開始」ということなので、いざ必要となれば配備前倒しの可能性がある。
(信濃注、以上)










【北朝鮮情勢】北朝鮮沿岸から内陸進撃を想定、米韓海兵隊が合同訓練
産経ニュース、2016.7.7 15:12更新
 韓国海兵隊は6日、有事に北朝鮮沿岸から内陸へ進撃し重要施設を破壊することを想定した米海兵隊との合同訓練を、南東部浦項で6月27日から7月14日までの日程で実施していると明らかにした。聯合ニュースが伝えた。
 同ニュースによると、沖縄駐留の米海兵隊の約500人と韓国海兵隊の約800人が参加。韓国軍のF15戦闘機や米軍ヘリコプターなどが敵に攻撃を加え、他の兵士らが重要施設を制圧する訓練をこれまでに実施した。
 米韓の海兵隊などは3月にも北朝鮮内陸部への進撃を想定し、韓国での上陸訓練では最大規模の訓練を浦項で実施した。(共同)
(引用以上)



【対北制裁】米政府が金正恩氏を制裁対象に、「人権侵害」理由に初 北朝鮮トップのリスト入り異例更新
【ワシントン=加納宏幸】米政府は6日、北朝鮮での人権侵害に責任があるとして、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を制裁対象に加えたと発表した。米政府高官によると、金委員長を含む指導部など計23の個人・団体が新たな制裁対象になった。北朝鮮の国民の行動を監視し、裁判を伴わない処刑などの人権侵害に当たったことが理由。人権侵害での高官への制裁は初めて。北朝鮮のトップを制裁リストに載せるのは異例だ。
 財務省は6日発表した声明で「金委員長の下で、北朝鮮政府は裁判を伴わない処刑、強制労働、拷問などの耐え難い苦痛を与え続けている」と説明した。
 北朝鮮は核・ミサイル問題で国際社会に対する挑発行為を続けているため、米政府として圧力を強化する狙いだ。米政府高官は「引き続き北朝鮮に圧力をかけていく」と述べた。
(引用以上)

信濃注:
敵国総大将を悪者指定。
(以上)



【緊迫・南シナ海】米空母ロナルド・レーガンが南シナ海を航行、仲裁裁判所裁定前に中国牽制か
更新
【シンガポール=吉村英輝】米太平洋艦隊は6日までに、横須賀基地(神奈川県横須賀市)を母港とする原子力空母ロナルド・レーガンなど第7艦隊の艦船による警戒監視活動が、南シナ海で実施されていると明らかにした。12日にオランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海をめぐる問題で裁定を示すのを前に、裁定に反発して領有権を主張する中国を牽制する狙いがあるとみられる。
 空母打撃群は、イージス艦2隻や、ミサイル駆逐艦などで構成される。発表は6月30日付で、活動が現在も実施中かは明らかでないが、米海軍のジョン・アレキサンダー少将は、南シナ海での今回の活動が、「すべての利用者に開かれた海を維持するため」とした。
 ロナルド・レーガンは6月、フィリピン東沖の西太平洋で、原子力空母ジョン・ステニスと合同で空母2隻態勢の訓練を実施し、連携の練度を向上させた。ジョン・ステニスを旗艦とする空母打撃群は今春すでに南シナ海に展開し、中国に対する警戒監視活動を行っている。
 中国人民解放軍は5日、南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島周辺で、過去最大規模の軍事演習を始めたもよう。中国海軍は、ジョン・ステニスの南シナ海展開時にも、多くの艦船を付近に派遣し米国への対抗意識をあらわにした。今回の大規模演習も、ロナルド・レーガンの動きに対応した措置の可能性がある。
 パラセル諸島の領有権を中国と争うベトナムのレ・ハイ・ビン外務省報道官は、中国の大規模演習は両首脳間合意や国際法に違反するとし、中国に「南シナ海の航行の安全を脅かし、地域の緊張を高める行動を取らないよう」求めた。
 また、フィリピンのドゥテルテ大統領は5日、仲裁裁判所が南シナ海をめぐる問題で示す裁定が、「フィリピンにとって好ましいものになると楽観している」とした上で、裁定が出た後の問題解決に向けた協議の再開を中国に呼び掛けた。ただ、中国は仲裁手続き自体を無視し裁定に従わないのは確実で、協議が実現するかは予断を許さない。
(引用以上)



【緊迫・南シナ海】米揚陸艦が南シナ海を航行 仲裁判断前に中国けん制か
更新
 米海軍第7艦隊は5日までに、ドック型揚陸艦「アシュランド」が1日までの数日間、南シナ海の公海を航行したと発表した。12日に中国とフィリピンの領有権争いを巡る国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所の判断が出るのを前に、中国をけん制する狙いがあるとみられる。
 発表によると、アシュランドの南シナ海航行は通常任務の一環で、「全ての国に認められている航行の自由を守る決意」を示したとしている。国防当局者は、中国が領有権を主張する島々から12カイリ(約22キロ)内に米艦船を派遣する「航行の自由」作戦ではないと説明した。
 ドック型揚陸艦は上陸作戦に用いられ、ホーバークラフト型揚陸艇(LCAC)などを搭載できる。アシュランドは米軍佐世保基地(長崎県佐世保市)が母港で、南シナ海航行に先立ちマレーシアやフィリピン、タイで訓練を実施していた。(共同)
(引用以上)

信濃注:
揚陸艦を航行させるということは、上陸作戦を行う準備があるというメッセージだろう。
以下、コメント欄より引用、信濃太郎 2016年7月9日 9:13
 いわゆる「砲艦外交」であって、実際に上陸作戦をやることはないと思います。本気でやるならば、空母打撃群で制空制海権を取った後、遠征打撃群と呼ばれる揚陸艦隊(全通甲板型の揚陸艦を含む)を派遣することになると思います。
 各所で言われている中国軍の実力を考え合わせると、開戦後数日で(硫黄島のような本格的な上陸作戦をやる前に)、中国軍の人工島守備隊は撤退、もしくは、降伏する可能性が高いと思います。米軍は難なく上陸、軍施設を破壊という形になると思います。
 以下のニュースと合わせて考えると、砲艦外交という形がはっきり見えてきます。
アジア太平洋で中国を牽制 米揚陸艦隊を追加派遣へ 警戒強化
産経ニュース、2016.6.30 09:48更新
 米海兵隊総軍のウィスラー司令官は29日、アジア太平洋地域を中心とする即応部隊を2019年までに追加派遣する構想を明らかにした。これとは別に、日本を母港とする米艦船4隻を前方配備し、警戒監視態勢を強化する方針。ワシントンの講演で語った。(後略)
(コメント欄より引用、以上)
(信濃注、以上)



【緊迫・南シナ海】「米軍との衝突視野」 中国三大艦隊、最大級の軍事演習を開始 仲裁裁定前に海軍力を誇示更新
【北京=矢板明夫】中国人民解放軍は5日、南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島周辺で大規模な軍事演習を始めたもようだ。海軍の三大艦隊から複数の艦船が参加し、演習規模としてはこれまでで最大級だという。12日にオランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海をめぐる問題で裁定を示すのを前に、この海域で海軍力を誇示し、主権問題で妥協しない強硬姿勢を内外に示す狙いがあるとみられる。
軍事に詳しい中国人ジャーナリストによると、今回の演習には、南シナ海の防衛を担当する南海艦隊以外からも多くの艦船が参加。北海艦隊からは瀋陽、東海艦隊からは寧波などのミサイル駆逐艦も加わる。これらの艦船は7月初め以降に、海南島の三亜港周辺に結集したという。三大艦隊の主力艦を参加させ、南シナ海問題で譲らない姿勢を強調する狙いがうかがえる。
 演習について、中国国防省は「年度計画に基づいた定例の演習だ」と中国メディアに説明している。しかし、演習期間は5日から仲裁裁の裁定発表前日の11日までの約1週間で、裁定が念頭にあるのは明らかだ。中国海事局が「船舶の進入禁止」に指定した広い海域の上空は、米国の偵察機などがよく活動する場所でもある。2001年4月、米中の軍用機が衝突した海南島事件の発生地も含まれている。
 中国の軍事評論家は、「中国に不利な裁定が下されれば、米軍がこの海域で中国に対する軍事的圧力を強化するとみられる。このため、今回の演習は、米軍との軍事衝突という事態も視野に入れて行うものだ」と指摘した。
 中国紙、環球時報は5日付の社説で、仲裁裁が下す結論は「受け入れられない」と強調した上で、米国が深く介入しており、公平ではないと断じた。また、「南シナ海問題で私たちはこれまで忍耐を重ねてきたが、もうこれ以上引くことはできなくなった」とし、「私たちはいかなる軍事的圧力にも、対抗できる準備をしなければならない」と主張した。
(引用以上)



【緊迫・南シナ海】中国が軍事演習に向け船舶の海域進入を禁止 仲裁判断ひかえ領有誇示する狙いか?更新
 中国海事局は4日までに、南シナ海の一部海域で軍事演習を実施するため、5日から11日まで船舶の進入を禁止すると発表した。国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所が12日に南シナ海問題を巡る仲裁手続きの判断を示すのを前に領有権を誇示する狙いがあるとみられる。
 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)によると、対象海域にはベトナムなどと領有権を争う西沙(英語名パラセル)諸島の周辺が含まれている。演習の具体的な内容は明らかになっていない。
 環球時報は「今回の演習は中国が仲裁判断を認めず、南シナ海の主権を守る決心を示す」とする軍事専門家のコメントを伝えた。(共同)
(引用以上)



韓国人、中国人の不法滞在増加「自主的出国促して」法務省が大使館に異例要請









中国軍機、空自機に攻撃動作 「ドッグファイト回避、戦域から離脱」 空自OBがネットニュースで指摘更新
 元航空自衛隊航空支援集団司令官の織田邦男元空将は28日、インターネットのニュースサイトで、東シナ海上空で中国軍の戦闘機が空自機に対し「攻撃動作を仕掛け、空自機がミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱した」とする記事を発表した。詳しい日時や場所、中国軍機の種別などは記されていない。防衛省幹部は産経新聞の取材に対し、大筋で事実関係を認めたが、「実際にどこまで中国機が空自機に迫ったかが問題だ」と指摘した。
 織田氏は記事で中国軍艦が今月、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域や口永良部島(鹿児島県)周辺の領海などに相次いで侵入した事例に言及し、「これら海上の動きと合わせるように、中国海空軍の戦闘機が航空自衛隊のスクランブル(緊急発進)機に対し、極めて危険な挑発行動を取るようになった」と指摘した。
 記事によると、中国軍機はスクランブルで出動した空自戦闘機に対し「攻撃動作を仕掛けてきた」ため、空自機は「いったんは防御機動で回避したが、ドッグファイト(格闘戦)に巻き込まれ、不測の状態が生起しかねないと判断し、自己防御装置を使用しながら中国軍機によるミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱した」という。
 中国軍の挑発行為をめぐっては、平成13年4月、南シナ海の公海上空で、中国軍戦闘機が米軍の電子偵察機に異常接近して接触、墜落し、米軍機は中国・海南島に緊急着陸した。また、25年1月には東シナ海で中国海軍艦が海上自衛隊の護衛艦とヘリコプターに射撃管制用レーダーを照射した。F4戦闘機のパイロットだった織田氏は「武装した戦闘機同士がミサイル射程圏内で遭遇する。戦闘機同士がいったん格闘戦に陥ると、空中衝突やミサイル発射に至る可能性は十分にある」と指摘した。
 織田氏は28日、産経新聞の取材に対し「常識を度外視して、中国軍機が尖閣上空まで近づいてきている。これが常態化すれば領空の安定は守れなくなる」と強調した。織田氏は昭和49年に防大を卒業し、空自に入隊。平成18年から航空支援集団司令官を務め、21年に退官した。
■2年前には中国軍機が異常接近
【中国軍機異常接近】中国軍機はミサイルを搭載、防衛相が明らかに
(引用以上)



【北ミサイル発射】ムスダンの1発、宇宙空間から再突入 狙った落下点なら「成功」も 米国防総省分析更新
 米国防総省のデービス報道部長は27日、北朝鮮が22日に発射した新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」のうちの1発が「宇宙空間に入った後、再突入して(北朝鮮から)約400キロ先の日本海に落下した」との分析結果を明らかにした。これが北朝鮮の狙った落下地点なら「成功したと言える」と述べたが、米側独自の成否に関する評価には言及しなかった。
 弾頭を大気圏内に再突入させる北朝鮮の技術水準は依然不明だが、発射に加え再突入の技術も向上させていれば、米本土を狙った大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発進展にもつながる可能性がある。
 北朝鮮は23日、ムスダンの発射実験が成功し、400キロ先の目標水域に着弾したと強調。大気圏再突入時の弾頭部の耐熱性や飛行安定性が「検証された」と主張した。(共同)
(引用以上)



北海道で戦車が公道走行 陸自訓練で5年ぶりに









台湾との対話「既に停止」 中国が表明
更新
 新華社電によると、中国国務院(政府)台湾事務弁公室は25日、台湾の蔡英文政権が中台は不可分の領土だとする「一つの中国」原則を認めていないため、台湾側との「対話メカニズム」は既に停止していると表明した。
 中台の当局間交流について、中国側が停止を確認したのは初めてとみられる。蔡政権発足直後の5月21日、同弁公室は台湾側との閣僚級の対話メカニズムに関して継続できないとの考えを示していた。(共同)
(引用以上)



「日本は一晩で核保有可能」 米バイデン副大統領が習近平国家主席に発言







朝鮮総連が「聖戦」指示 反対勢力に総攻撃・総決死戦 金正恩氏への上納金も要請
更新
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が、核開発を主導する北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長就任を受け、反対勢力へ総攻撃・総決死戦で臨む聖戦を傘下団体に指示したことが20日、分かった。朝鮮総連関係者が明らかにした。このため、朝鮮総連は金委員長礼賛行事を各地で展開中で、朝鮮労働党第7回大会の北朝鮮訪問団に金委員長へ上納金を持参するよう求めたことも判明。政府は朝鮮総連の過激な言動を危惧し動向監視を強めている。
 関係者によると、朝鮮総連の許宗萬(ホジョンマン)議長は5月18日、大阪市で開いた西日本の幹部を集めた協議会で「金正恩元帥様に無限の栄光を抱かせるため、朝鮮総連の反対勢力に総攻撃・総決死戦を繰り広げ勝利を勝ち取ろう」と指示した。具体的には約2カ月間に渡り、全国規模で金委員長礼賛集会や組織拡大イベントを実施するよう求めた。
 これに対し、ある地方本部幹部は「北朝鮮と朝鮮総連の指示に従った祖国統一偉業を達成するために聖戦に決然と立ち上がる」と応じる談話を出した。
 また、朝鮮総連は5月14日、「金正恩元帥朝鮮労働党委員長推戴(すいたい)慶祝在日本朝鮮人中央大会」を都内で開催し、朝鮮大学校在校生ら約2千人が動員された。この際、許議長は日本政府の弾圧に立ち向かうよう求めた。
 さらに、朝鮮総連は同月上旬に開かれた朝鮮労働党第7回大会に向かう祝賀代表団に対し、事前に金委員長への上納金として計5千万円を分散して持参するよう指示していた。
 朝鮮総連は今後も、金委員長への崇拝機運を高めるイベントを続行する構えで、引き続き組織の引き締めを図る。
 朝鮮総連は産経新聞の取材に対し「受けない」としている。
(引用以上)



軍艦侵入で中国が勝手に国際法解釈 「国際海峡を航行」 中谷防衛相「中国側の独自の主張は受け入れられない」 産経ニュース、































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
改訂履歴
※2016.8.2、タイトル変更
「【警戒情報】・・・(ニュース追加2016.7.19~)」 >> 「【警戒情報】・・・(ニュース追加2016.7.19~25)」
※2016.7.26、リンク追加、「5.報道情報」欄
※2016.7.24、リンク追加、「5.報道情報」欄
※2016.7.23、リンク追加、「5.報道情報」欄
※2016.7.22、リンク追加、「5.報道情報」欄
※2016.7.21、リンク追加、「5.報道情報」欄
※2016.7.20、タイトル変更
「【警戒情報】・・・花火大会だよ」」 >> 「【警戒情報】・・・花火大会だよ」(ニュース追加2016.7.19~)」
※2016.7.20、リンク追加、「5.報道情報」欄
※2016.7.20、解説追加(20:00)、「1.結論」 >> 「※北朝鮮、朝鮮総連の動き」
※2016.7.20、解説追加(02:30)、「1.結論」 >> 「※北朝鮮、朝鮮総連の動き」
※2016.7.19、リンク追加、「5.報道情報」欄、「6.報道情報」欄

25 件のコメント:

  1. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年7月19日 21:58

    軍事関係で気になるのは、リムパック(環太平洋合同演習)のスケジュールですね。中国海軍は今年も参加してます。
    ソース)中国網(チャイナネット)「リムパック2016、中国は今年も参加」
    >軍事演習は6月30日から8月4日にかけて、ハワイとカリフォルニア州
    >南部で開催される

    返信削除
    返信
    1.  中国人は自国民でさえ虐殺する国民性ですから、いざ開戦となれば、首脳部は派遣艦船を捨てると思います。捨てられた方は暴発して撃沈されるか、投降して捕虜になるか。
       開戦前まで情報収集してくれればそれで良しというところかもしれませんね。或いは、派遣期間中の開戦に備えて、補給艦その他の艦内に戦術核を積んどいて艦ごと自爆させるとか。国民性から考えると、担当官が実行せず逃げる可能性もあると思いますが。
       米軍はじめ各国軍と自衛隊は、開戦早々に中国艦を撃沈する必要がありそうですね。

      削除
  2. 添付資料1

    リムパック2016、中国は今年も参加
    チャイナネット、2016-06-15 13:09:03
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2016-06/15/content_38672264.htm
     米国防総省のデービス報道官は14日、「環太平洋合同演習(リムパック)2016」が今月30日より始まり、27カ国の兵士2万5000人が参加すると発表した。中国は2回連続で招待を受け参加する。
     デービス報道官は14日、「27カ国の兵士2万5000人、艦艇45隻、潜水艦5隻、各種軍機200機以上が参加する。軍事演習は6月30日から8月4日にかけて、ハワイとカリフォルニア州南部で開催される」と発表した。
     デービス報道官は、「27カ国の参加国の一員として、中国が軍事演習に参加する。中国の参加は、米国の法律と規定に合致する。今回の軍事演習は、各参加国が協力関係を構築し維持するための機会であり、航路の安全と海洋安全の維持にとって極めて重要だ」と述べた。
     リムパックは米海軍の呼びかけで始まった多国間海上合同演習だ。同演習は世界最大規模の海上軍事演習となっている。リムパックは1971年に初開催され、今年で25回目となる。中国は2014年に初めて招待され、リムパックに参加した。
     米海軍の情報によると、今回の軍事演習は引き続き米海軍第3艦隊が指揮を担当する。演習のテーマは「能力、適応性、パートナー」。演習内容は、水陸両用作戦、火砲射撃、軍艦・軍機の合同攻撃、海賊取り締まり、防災・減災、海上レスキューなど。ブラジル、デンマーク、ドイツ、イタリアなどが初めて招待され参加する。
     中国海軍の梁陽報道官が発表した情報によると、中国海軍はミサイル駆逐艦「西安艦」、ミサイル護衛艦「衡水艦」、総合補給艦「高郵湖艦」、病院船「和平方舟」、総合潜水艦救難艦「長島船」、艦載ヘリ3機、特殊作戦分隊1隊、潜水分隊1隊を派遣する。
    「中国網日本語版(チャイナネット)」2016年6月15日
    (引用以上)

    米中艦船がハワイへ並走 合同演習に参加
    産経ニュース、2016.6.25 09:41更新
    http://www.sankei.com/world/news/160625/wor1606250018-n1.html
     米海軍第3艦隊は24日、米軍のイージス駆逐艦2隻と中国海軍の艦船5隻が、環太平洋合同演習(リムパック)に参加するため、18日に西太平洋から開催地のハワイに向けて一緒に出発したと発表した。6月末にハワイの真珠湾に到着する予定。
     米中艦船の並走は軍事交流の一環。米軍は演習を通じて信頼関係の構築につなげ、南シナ海で対立する中国との不測の事態を回避したい考え。中国のリムパックへの参加は2回目。
     第3艦隊は、海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」が、米国、シンガポール、インドネシア、インドの4カ国の艦船と一緒に西太平洋からハワイへ航行を始めたことも明らかにした。(共同)
    (引用以上)

    返信削除
  3. ひとりボッチ2016年7月20日 2:47

    信濃さま
    こんばんは。ひとりボッチです。

    下記の部分は余命ブログ投稿者が青山氏の発言を引用・投稿したということでしょうか。

    >都知事選についての強い危惧は~まさかの一手、奇蹟の一手を考えるほかな
     いほどの危機だと思慮します。

    余命本稿の記述では投稿者の発言かと思っていました。些細な事かもしれませんが気になったもので…。

    深夜につまらない投稿で失礼しました。

    返信削除
    返信
    1. 青山氏のブログで確認したところ、青山氏発言の引用・投稿で間違いないようです。ちなみに、この投稿者は真太郎氏です。まぁ...何と言うか...
      今日はいろいろ考えてしまってなかなか眠れませんでした。そろそろ寝ることにします。おやすみなさい。

      削除
    2. ひとりボッチ2016年7月20日 9:14

      信濃さま
      おはようございます。ひとりボッチです。
      深夜にもかかわらず返信ありがとうございます。

      余命本稿でのあの書き方では引用とは思えず、投稿者名から
      わざと?何かの意図がある?などいろいろと勘繰ってしまいました。深夜にお手数をお掛けしました。

      暑い日が続きます。お疲れのでませんように。
      失礼します。

      削除
  4. ハゲおやじ2016年7月20日 18:49

    信濃太郎様

    いよいよですか。

    敵は世界一のサイバーテロ国家です。
    ご自分やご家族のパソコンやスマホの
    セキュリティ対策はぬかりなく!

    これをお読みの皆様もセキュリティ対策は
    ぬかりなく!よろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. いよいよかもしれませんね。
      おそらくは大多数の読者さんと同じように、私の身内もいわゆるお花畑です。しかし、いざという時には命を懸けて守りたいと思います。

      ※再録
      サイバー攻撃対策(ウイルス対策)、有事には個人パソコンも他人事ではない
      http://yomeinomatome.blogspot.jp/2016/06/blog-post_10.html

      削除
  5. うたちゃん2016年7月21日 12:57

    豆腐おかか様のブログにも記載がありましたが、現代の戦はサイバー攻撃を行うんですよね。
    個人のパソコンやスマホ、tabletは利用しない時は電源をオフして、ネットワークから遮断する事も対策になるかと思います。
    以前、中国製の家電には盗聴するためのチップが組み込まれていて、知らない間に近くのパソコン等から情報を読み取って漏えいするといった記事を読んだ記憶があります。
    詐欺メールもサミット前よりかなり増加しています。
    自分だけは大丈夫という過信をすることなく、用心する事が大切ですが、なかなか難しいとも思ったりします。

    返信削除
    返信
    1. 仰る通りだと思います。
      完璧な対策をすることは不可能だと思いますが、個人ができる対策をするだけでも結果は違ってくると思います。「できる限り」用心していければと思います。

      削除
  6. 武士道 大和 天原2016年7月21日 20:43

    中国のダムが予告なしに放水して1000人が流され死亡したとか

    とうとう来ましたか

    返信削除
    返信
    1. 情報ありがとうございます。
      「開戦を前提に」備える必要はあります。
      正確にはこの放水は、開戦直前の放水か、大雨が続いたことによる放水か、見分けがつかないようです。仮に中国が開戦を決断するならば、開戦準備を隠蔽しやすいという意味で好都合だと思います。

      基本情報(三峡ダムの話は4:10~)

      【7月16日配信】不定期レギュラーバンダとジョネラ「SEALDs最後のおしごと!習近平さまからのお手紙を届けよ」坂東忠信 上念司【チャンネルくらら】
      チャンネルくらら(毎日18時更新)、2016/07/16 に公開
      https://www.youtube.com/watch?v=8xF7Byg0qKY&feature=youtu.be

      補足情報

      中国のダムが予告なしに放水して
      togetter 様、最終更新 2016-07-20 19:43:56
      http://togetter.com/li/1002436

      中国、予告なくダム放水 住民1000人以上が流されて死亡 更新
      理想国家日本の条件 自立国家日本 様、2016年07月21日 13時09分02秒
      http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/052ef315167b2cf9e5b83cc52007dad9

      「天災ではなく人災だ」 ダム放水を予告せず死傷者多数=福建省閩清県
      大紀元 様、2016/07/17 06:29
      http://www.epochtimes.jp/2016/07/25915.html

      削除
    2. 武士道 大和 天原2016年7月21日 22:05

      大雨を隠蔽に使って「神が我々に開戦せよと言っているのだ!恵みの雨だ!」とか思ってそうです。あ、中国は唯物論、無神教か。
      じゃあ普通に「これは良い隠蔽の口実が出来たアル、しめしめ」と思ってそうです。

      今回が仮に違っても、信濃様がおっしゃる通り、1ヶ月以内くらいに来そうですね。。。

      削除
    3. >じゃあ普通に「これは良い隠蔽の口実が出来たアル、しめしめ」と思ってそうです。
      ...激しく同意です(苦笑)

      >今回が仮に違っても、信濃様がおっしゃる通り、1ヶ月以内くらいに来そうですね。。。
      ...1か月以内とは言ってませんが、とりあえず直近では特に今週末、警戒が必要だと思います。

      削除
    4. 武士道 大和 天原2016年7月22日 0:59

      もし本当に今週末来てしまうならば、
      総理、夏休み満喫しておられる場合じゃないですよ!(24日日曜日までちょっと早めの夏休みとの事)
      安倍総理が中国事案について知らない訳は無いと思いますが。。。それか今も夏休みという名の根回し中なんでしょうかね?

      削除
    5. >もし本当に今週末来てしまうならば、総理、夏休み満喫しておられる場合じゃないですよ!(24日日曜日までちょっと早めの夏休みとの事)
      ...安倍総理は総大将ですから、それくらいの余裕を見せた方がいいと思いますよ。総大将がピリピリしてしまうと周りまで余裕がなくなってしまいますので。

      >安倍総理が中国事案について知らない訳は無いと思いますが。。。それか今も夏休みという名の根回し中なんでしょうかね?
      ...安倍総理は間違いなく知ってますよ。公人であり、賢い方だと思いますので、夏休みといえど休養は半分、残り半分はパフォーマンスだと思います。宿泊先でどんな方と会っているのか、どんな方と電話しているのか、一般人には分かりません。

      削除
    6. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年7月22日 14:13

      武士道 大和 天原様
      信濃太郎様
      >総理、夏休み満喫しておられる場合じゃないですよ!
      >(24日日曜日までちょっと早めの夏休みとの事)
      24日は都知事選の投票日ですね。
      安倍総理は、小池氏を当選させるために、あえて休暇という形を取っているのだと考えてます。
      参議院選挙ではあれだけ応援に廻った安倍総理が、都知事選の応援に出馬しないのは裏があると考えてます。
      もう一つネタがあります。
      先ほど、米軍が沖縄から韓国へPAC3の部隊を移動させたとの報道がありました。
      ソース)共同通信「米軍、沖縄のPAC3韓国に移動 朝鮮半島有事に備え」
      思った以上に事態は進んでいる感じです。

      削除
    7. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年7月22日 16:40

      >都知事選の投開票は31日ですよ。
      勘違いしてました。失礼しました。

      削除
    8. >先ほど、米軍が沖縄から韓国へPAC3の部隊を移動させたとの報道がありました。
      ...これはちょっと朝鮮半島も危ないですね。米軍は南シナ海重点配備に加えて、在韓米軍主力部隊の平沢市後退(南北境界線付近からキャンプ・ハンフリーまで)。平沢市の烏山空軍基地(米韓共用)には2月にPAC3追加配備済み。平沢市には軍港もあり。今回、群山市の在韓の米空軍基地にもPAC3緊急配備。在韓米軍護衛の布陣ですね。

      削除
  7. 添付資料2

    米軍、沖縄のPAC3一時韓国に 朝鮮半島有事備え
    産経ニュース、2016.7.22 13:16更新
     在韓米軍関係者は22日、米軍が嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)に配備していた地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を最近、韓国西部全羅北道群山の米空軍基地に訓練のため一時移したと述べた。北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対抗するものだとしている。約2週間の訓練後、日本に戻される予定。
     韓国紙、東亜日報によると、在日米軍配備のパトリオットを韓国に移動させたのは初めて。在韓米軍関係者は「朝鮮半島有事に備えた措置」と説明している。
     PAC3を搭載した車両やレーダーなどが米軍の輸送船で沖縄から韓国南部の釜山港に運ばれた後、群山に配備された。運用する兵力約120人も同時に移動した。
     在韓米軍は2月にも、北朝鮮の核・ミサイルに対抗するためパトリオットを韓国に緊急に追加配備。7月には米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の南部慶尚北道星州への配備が発表された。(共同)

    関連事項
    wikipedia-群山市
    群山市は大韓民国全羅北道北西部の市。港湾都市として発展。
    wikipedia-全羅北道
    wikipedia-平沢市
    平沢市は大韓民国京畿道南部にある市。新興の港湾都市であり、韓国海軍第2艦隊及び在韓米軍の軍港がある。
    wikipedia-京畿道
    wikipedia-烏山空軍基地

    返信削除
  8. 添付資料3

    在韓米軍の主力部隊移転 ソウル北方から南方へ
    産経ニュース、2016.7.18 18:42更新
    http://www.sankei.com/world/news/160718/wor1607180021-n1.html

    米軍、地対空誘導弾パトリオットを韓国に追加配備
    AFPBB、2016年02月13日 16:42
    http://www.afpbb.com/articles/-/3076790

    ソウルから平沢までの距離
    http://www.guwentravel.com/travel/ja/korea,_south/seoul/distance_pyeongtaek.html
    ...64.71 キロ(平沢市からPAC3の射程圏外、防衛には移動の必要あり)

    wikipedia-ミサイル防衛 >> アメリカのBMD構想
    >> 終末段階(ターミナル・フェイズ) >> パトリオットPAC-3システム
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%98%B2%E8%A1%9B
    PAC-3による防護範囲は、速度がマッハ6強(2km/秒)程度となる短距離弾道ミサイル(SRBM)に対しては、発射機より左右に各35km、前に40km、後に10kmの扇状の範囲(ギターのピックの形状・フットプリント)を迎撃できるが、ノドンなど、日本において直面する可能性の高い準中距離弾道ミサイル(MRBM)攻撃(速度マッハ10=3.7km/秒)程度では、半径20kmの扇状の範囲にまで縮小する。

    返信削除
  9. ハゲおやじ2016年7月23日 7:44

    信濃太郎様、そしてこちらにお集まりの皆様へ

    セキュリティ対策に関するちょっとした小ネタをお書きいたします。

    【Windowsに関して】最新板OSのWindows10は、マイクロソフトの
    社員の話では「Windows史上最強のセキュリティ」だそうです。

    今年の初旬にとあるセミナーでマイクロソフトの本社を訪れた際、
    講師(マイクロソフト社員)がそう力説していました。

    半強制的(笑)な無料アップグレードがもうすぐ終わってしまいますが、
    もし迷っていらっしゃるなら、Windows10になさってみてはいかがでしょう?

    ただ、情報提供する設定にするとマイクロソフトに情報ダダ漏れという
    ウワサも…。


    【スマホに関して】セキュリティを考慮するならば、現状スマホはiPhone
    一択と感じています。Android搭載スマホに関しては開発元のGoogleは
    アップデータ(修正プログラム)を出すものの、スマホメーカーの判断によって
    アップデータが供給されないことがあるのです。

    特に発売されて二年くらい経ったスマホにはアップデータは供給されません。
    古いAndroidスマホを使い続けるということをパソコンでたとえるなら、
    Windows XP搭載のパソコンを未だに使い続けるようなものなのです。

    その辺Appleは、比較的古いiPhoneにも分け隔てなくアップデータを
    供給してくれます。

    またGoogleは、たいして審査もせずにAndroid用アプリをGoogle Playに公開
    してしまいますので、ウイルス入りのアプリが堂々と正規サイトから配布なんて
    ことになってしまいます。

    そういう事情ですので、スマホはiPhoneの方が断然セキュリティが堅固では
    ないかと思われます。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      パソコンは処理能力が許せばwindows10が良さそうですね。スマホはお財布と相談して余裕があればiPhone、厳しければセキュリティ・ソフト導入とか、とにかく対策しといた方が良さそうですね。

      削除
    2. ハゲおやじ様へ
      私が具体的にどんなOSを使っているのか、どんな携帯をつかっているのかは、セキュリティ上の懸念から言わないことにします。
      アドバイス感謝しております。

      削除
  10. 防犯ブザーについて。
    電気屋に1000円前後でいろいろあります。日本国内が物騒になると一時的に品薄になる可能性がありますので、必要性を感じる方は今のうちに準備しておく方が良いと思います。掛け捨ての保険のようなものです。

    返信削除

※恐れ入りますが、コメントは承認制とさせていただいております。
※非公開希望の場合には、その旨、ご明記願います。